16後期心理学



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


25件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[25] 勝手に「心理学研究法A」対策第2回(動画)

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 1月24日(火)19時53分15秒 sgulcp.sgu.ac.jp  通報   返信・引用

「心理学研究法A」の試験対策用に行なったゼミもどきの動画です。下記のURLからご覧ください。前回の続きから、最後まで復習しました、一応。

https://www.youtube.com/watch?v=l4ADv8DTlqw&feature=youtu.be

なおこのゼミもどきは非公式につき、被害を与えても責任は持てません。

この動画に関する記事の投稿は自由です。




[24] Re: 神経心理学

投稿者: メモ 投稿日:2017年 1月19日(木)05時23分21秒 219.117.235.29.static.zoot.jp  通報   返信・引用

> > > 第5回 神経心理学で心を機能として捉えるという話がありましたが、機能という言葉が上手く飲み込めません。身体が行為することによって環境を知覚するという機能が心だ、という解釈で合っているんでしょうか。
>
>  「身体が行為することによって環境を知覚するという機能」とは、たとえばどういう過程ですか?
>
>
>  「機能」とは言い換えると「はたらき」です。神経心理学は体のはたらきと心のはたらきの対応関係を調べる学問。「心を機能として捉える」とは「心を体の機能として捉える」という意味だと思います。
>  たとえば、教科書p68に左前頭葉を損傷したフィニアス・ゲージが損傷前に比べ感情の制御ができなくなったという事例がある。感情を制御する機能が左前頭葉にあるため感情の制御ができなくなったのだ、と考えるのが神経心理学の立場。つまり、体のある部分が失われるとそれと対応して心のはたらきも失われてしまう、と考えること。
>
>  どうでしょう?わかりづらいところ、間違ってるところがあったら教えてください。
>
> > 環境に存在する自らが、体を使ってその環境を探索したり、自発的に動いたりする。すると環境から「行為の可能性」が自身に返って来て、それを知覚する。つまりその環境はどういうものか、どのような意味や価値を持っているか、なにをもたらしてくれるか把握する。把握した結果、その環境に対して自らは何か特定の行為をすることができる。これのくり返しが知覚行為循環であり、身体と環境の相互作用が生み出している機能としての心であり、これができる存在に心の機能があることを認めるということではないでしょうか。具体的な例としては、ある人間が四角い金属や木の板がついているドアを発見する。そのドアは押せば通ることが出来るということを知覚する。知覚した結果、ドアを押してそこを通るという行為が可能になる。
>
> いかがでしょうか。

「心の機能とは何か」という話ですか?それとも、「知覚行為循環」の解説ですか?または、「心があることを認められる存在とは何か」という話でしょうか?
すみません、何を主張したいかちょっとわかりませんでした。



[23] (無題)

投稿者: TK garahevi 投稿日:2017年 1月19日(木)04時29分17秒 zz2015421438D3016DD1.userreverse.dion.ne.jp  通報   返信・引用

こんなやつ



[22] Re: 神経心理学

投稿者: TK garahevi 投稿日:2017年 1月19日(木)04時23分43秒 zz2015421438D3016DD1.userreverse.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.19[元記事へ]

> > 第5回 神経心理学で心を機能として捉えるという話がありましたが、機能という言葉が上手く飲み込めません。身体が行為することによって環境を知覚するという機能が心だ、という解釈で合っているんでしょうか。

「身体が行為することによって環境を知覚するという機能」とは、たとえばどういう過程ですか?


「機能」とは言い換えると「はたらき」です。神経心理学は体のはたらきと心のはたらきの対応関係を調べる学問。「心を機能として捉える」とは「心を体の機能として捉える」という意味だと思います。
たとえば、教科書p68に左前頭葉を損傷したフィニアス・ゲージが損傷前に比べ感情の制御ができなくなったという事例がある。感情を制御する機能が左前頭葉にあるため感情の制御ができなくなったのだ、と考えるのが神経心理学の立場。つまり、体のある部分が失われるとそれと対応して心のはたらきも失われてしまう、と考えること。

どうでしょう?わかりづらいところ、間違ってるところがあったら教えてください。

> 環境に存在する自らが、体を使ってその環境を探索したり、自発的に動いたりする。すると環境から「行為の可能性」が自身に返って来て、それを知覚する。つまりその環境はどういうものか、どのような意味や価値を持っているか、なにをもたらしてくれるか把握する。把握した結果、その環境に対して自らは何か特定の行為をすることができる。これのくり返しが知覚行為循環であり、身体と環境の相互作用が生み出している機能としての心であり、これができる存在に心の機能があることを認めるということではないでしょうか。具体的な例としては、ある人間が四角い金属や木の板がついているドアを発見する。そのドアは押せば通ることが出来るということを知覚する。知覚した結果、ドアを押してそこを通るという行為が可能になる。

いかがでしょうか。



[21] 勝手に「心理学研究法A」対策第1回(動画)

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 1月17日(火)19時16分36秒 sgulcs.sgu.ac.jp  通報   返信・引用   編集済

「心理学研究法A」の試験対策用に行なったゼミもどきの動画です。下記のURLからご覧ください。授業で言うと、第5回の「質問紙法」の途中までです。次回配信は1月24日です。

https://www.youtube.com/watch?v=HFRZj8pkz7k&feature=youtu.be

なおこのゼミもどきは非公式につき、被害を与えても責任は持てません。

この動画に関する記事の投稿は自由です。



[20] Re: 神経心理学

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 1月17日(火)01時14分57秒 i60-43-54-65.s30.a048.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用 > No.19[元記事へ]

> > 第5回 神経心理学で心を機能として捉えるという話がありましたが、機能という言葉が上手く飲み込めません。身体が行為することによって環境を知覚するという機能が心だ、という解釈で合っているんでしょうか。
>
> 「身体が行為することによって環境を知覚するという機能」とは、たとえばどういう過程ですか?
>
>
> 「機能」とは言い換えると「はたらき」です。神経心理学は体のはたらきと心のはたらきの対応関係を調べる学問。「心を機能として捉える」とは「心を体の機能として捉える」という意味だと思います。
> たとえば、教科書p68に左前頭葉を損傷したフィニアス・ゲージが損傷前に比べ感情の制御ができなくなったという事例がある。感情を制御する機能が左前頭葉にあるため感情の制御ができなくなったのだ、と考えるのが神経心理学の立場。つまり、体のある部分が失われるとそれと対応して心のはたらきも失われてしまう、と考えること。
>
> どうでしょう?わかりづらいところ、間違ってるところがあったら教えてください。
>

それでいいと思いますが、より適切な解答があれば是非。もっと説明がほしい場合は、ちゃんと言えば誰か答えてくれるかもしれない。

この調子で投稿を増やそう。テストまであと一週間と少し。



[19] Re: 神経心理学

投稿者: メモ 投稿日:2017年 1月16日(月)23時56分20秒 219.117.235.29.static.zoot.jp  通報   返信・引用 > No.17[元記事へ]

> 第5回 神経心理学で心を機能として捉えるという話がありましたが、機能という言葉が上手く飲み込めません。身体が行為することによって環境を知覚するという機能が心だ、という解釈で合っているんでしょうか。

「身体が行為することによって環境を知覚するという機能」とは、たとえばどういう過程ですか?


「機能」とは言い換えると「はたらき」です。神経心理学は体のはたらきと心のはたらきの対応関係を調べる学問。「心を機能として捉える」とは「心を体の機能として捉える」という意味だと思います。
たとえば、教科書p68に左前頭葉を損傷したフィニアス・ゲージが損傷前に比べ感情の制御ができなくなったという事例がある。感情を制御する機能が左前頭葉にあるため感情の制御ができなくなったのだ、と考えるのが神経心理学の立場。つまり、体のある部分が失われるとそれと対応して心のはたらきも失われてしまう、と考えること。

どうでしょう?わかりづらいところ、間違ってるところがあったら教えてください。



[18] Re: 神経心理学

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 1月16日(月)23時25分11秒 i60-43-54-65.s30.a048.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用 > No.17[元記事へ]

> 第5回 神経心理学で心を機能として捉えるという話がありましたが、機能という言葉が上手く飲み込めません。身体が行為することによって環境を知覚するという機能が心だ、という解釈で合っているんでしょうか。

誰か答えてけろ。



[17] 神経心理学

投稿者: KK 投稿日:2017年 1月16日(月)15時39分11秒 i121-116-247-86.s04.a001.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

第5回 神経心理学で心を機能として捉えるという話がありましたが、機能という言葉が上手く飲み込めません。身体が行為することによって環境を知覚するという機能が心だ、という解釈で合っているんでしょうか。



[16] 閲覧数が伸びてますが

投稿者: 管理人 投稿日:2017年 1月15日(日)22時57分59秒 i60-43-54-65.s30.a048.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

閲覧したんだったら、一言語っていったらどうなん? 遠慮するなやー。


レンタル掲示板
25件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.