teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(38)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 遠音さんへ

 投稿者:遠音  投稿日:2017年 8月15日(火)00時45分6秒 u003748.ueda.ne.jp
返信・引用
  > No.4029[元記事へ]

> アドレスの一部を*に変更しました。
>
> ただし、管理人権限で公開しておりませんが、相変わらず誹謗中傷の掲示板への書き込みやメールが彼から送り付けられていることだけは、忘れないでいただければと思います。

よかった! ほっとしました。
表示編集のご対応、ありがとうございますm(_ _)m
末尾の件も、了解しました。
 
 

遠音さんへ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月14日(月)23時59分46秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  ご進言、ありがとう!

遠音さんのことは、信頼しております。

アドレスの一部を*に変更しました。

ただし、管理人権限で公開しておりませんが、相変わらず誹謗中傷の掲示板への書き込みやメールが彼から送り付けられていることだけは、忘れないでいただければと思います。
 

新参者です

 投稿者:ジジ  投稿日:2017年 8月14日(月)18時07分47秒 124-144-249-204.rev.home.ne.jp
返信・引用
  迎え火を焚きに無住の里に居り  

お盆休み!

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 8月12日(土)11時50分25秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、こんにちは!
お盆休みですね、今頃ご実家でのんびりでしょうか、それともお墓参りでしょうか。
さて、「それミー関西」ですが、
以前からブログで交流のある関東の方にも来て頂いていたのですが、
「関西」という文字からどうも入りにくく感じておられる方も多いかもと思い、
このたび、掲示板タイトルを新しくしました!!
案を募り、「ひまわり畑」に決定!!
たくさんのひまわりが生き生きと咲き誇るような掲示板にと願っていますので、
どうぞよろしくお見守り下さいね!!(≧v≦)ノ

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/

 

皆様今晩わ、初めまして

 投稿者:酔いどれ防人  投稿日:2017年 8月12日(土)01時17分9秒 sp49-97-109-212.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
      ハイポ仮は、私のよりどころとなっている掲示板です。佐東様に紹介されてから、楽しみにしながら時々拝見しております。
   今後も皆様の御活躍をお祈りしております。一つ川柳を失礼します。
              自負愚か悠々と語る七五三
字余り。失礼しました。
 

比々きさんへ

 投稿者:遠音  投稿日:2017年 8月12日(土)00時03分52秒 u003748.ueda.ne.jp
返信・引用
  >私が耳を貸すのは、何度も言いますが、正直で、誠意ある、信頼と尊敬に値する人の言葉だけです。

私は比々きさんにとってそういう人ではないかもしれませんが、それでもひとつお願いがあります。
メールアドレスを本人の承諾なしで公開したままにしておくのは、どうか止めてもらえませんか?
私がこれを書き込んでいる時点で、もう公開されてから既に2日程経っております。

メールアドレスをネット上に公開しておくと、スパム収集に用いられることが多いのです。
なので、連絡先としてメールアドレスをネット上で表示する際にも、「@」を全角にしたり、☆などの記号に置き換えて表示している人が大半かと思います。
比々きさんが、ご自分の投稿記事の、彼のメールアドレスの部分だけ、中略したり伏せ字にするだけで、事は済みます。

ちょうど帰省されてしまった後の書き込みでタイミングが悪く、そのことは申しわけありません。
もう書き込まないつもりだったのですが、それでも、色々と考えて、やっぱりお願いしてみようと思って、書いております。
相手が誰であれ、メールアドレス無断公開は、まずいと思うのです。どうかご一考ください。
 

里帰りします

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月11日(金)13時21分47秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  今日から里帰りします。

帰ってくるのは月曜の予定です。

皆さんもステキなお盆休みを!
 

個人攻撃を目的に絶えず論点をそらすウロさんへ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月10日(木)15時35分13秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  異種配合と異種交配を混同しないでください

ウロさんがおっしゃっているのは「異種交配」であって、「異種配合」ではありません。

「配合」=複数のものを「組み合わせること」です。

俳句で「取り合わせ」をする際、「時候・天文・地理・生活・行事・動物・植物」の同じ分野のもの、例えば「植物」に「植物」を取り合わせることは、推奨されていません。

「植物」と「動物」、「地理」と「時候」など、全く違う分野のものを組み合わせることを「異種配合」と言ったのです。

参照:「取り合わせ」について

http://6805.teacup.com/haipo/bbs/115

因みに、金子兜太さんも「異種配合」という言葉を使っておられます。

http://kanekotota.blogspot.jp/2015/05/blog-post_31.html

『 「薬の日」と「水兵の衿のはためく」景を取り合わせても、そこには何の意味もなく、シラーツとした二つのものの対照の奇妙なおかしさだけがある。同様の【異種配合】は、「宗吾忌」「多喜二忌」の句ではもっと過激に、忌日の本意を嘲るようなおどけぶりを仕掛けている』

完全にウロさんの早トチリです。

何とか自分の説を優位にしようとする余りの勇み足、牽強付会ですよ。


>話し合えばわかる仲間なのです。

また、同じ種であるヒトとヒトが「解り合える」かどうかは、未だに諸説あって、「解り合える」という人もいれば、「解り合えない」という人も、「一部は解り合えても、全部は解り合えない」という人もいて、意見が分かれています。

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AF%E8%A7%A3%E3%82%8A%E5%90%88%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%8B&aq=-1&oq=&ai=4_6vQmQ7R2yZ8VZa9sxvoA&ts=26205&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&fl=0&x=wrt

私は「一部は解り合えても、全部は解り合えない」という立場です。

それよりも、ウロさんは先のあなたの「リアル交流会の弊害」論に対し、私の「体験したと言い張るのであれば、その実際の具体例をお示しください」という問いに、まったく答えていませんよ。

「話し合えばわかる」と言いながら、「話し合って」「解り合おう」という意志が、この状態では感じられません。

http://6805.teacup.com/haipo/bbs/3952

常に「論点をそらし」、「なんとか比々きをとっちめてやる」、あなたの論調にはそれが前面に出ていることが、ご自分には見えませんか(笑)

個人攻撃が目的で、絶えず人の粗探しをし、「具体例をお示しください」という最初の質問にも誠実に答えようとせず、絶えず論点をそらしては、隙あらば個人攻撃しようという意図がありありと読み取れる、そういうウロさんとは、まともな議論などできるはずがありませんし、「解り合える」とも思えません。

私と悠さんが理解し合える時が来るとお思いですか?まあ、無理でしょうね。

この点だけは悠さんも同感だと思いますよ(笑)

あなたも意図的に「故意に誤解してやろう」という気はあっても、私を正しく「理解しよう」という気はありませんよね?

そのような方とは、議論するだけ時間とエネルギーの無駄ですので、これで打ち切らせていただきますね。
悪しからず。





 

ウロの寸感

 投稿者:ウロ  投稿日:2017年 8月10日(木)14時48分0秒 FL1-218-42-21-124.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  比々きさんの投稿2017-07-24/11:07が目に付きました。

細かいことが気になるたちなので、すこし私見を述べます。


「多様性」の説明のなかに、〈俳句は「異種配合」の文学〉という文言がありました。

「異種配合」??


 このコトバ、昔、聞いたことがあります

。こどものとき誕生日プレゼントに父から騾馬(らば)をもらったことがあるのです。

この「ラバ」が、まさにその異種配合の哀れな犠牲者ですが、そのほかにも、レオポンとかビーファローとか、きいたことがあります。

これらは「異種配合の動物たち」とよばれています。

オヤジからもらった「ラバ」は「馬」と「ロバ」をかけあわせたもので、もちろん、ニンゲンの仕業です。子どもはできません。

種の保存を断ち切る残酷な所業です。

ニンゲンは、いろいろな動物を掛け合わせて珍種開発に挑みました。

一方で、神を冒涜する反自然な所業だとして大きな非難が起こりました。

いまは全く聞かなくなりましたが、植物では問題を孕みながらも「異種交配」としてさかんに続けられております。
サントリーは「青い菊」を先日つくりあげました。自社の株価を押し上げました。

〈俳句は異種配合の文学〉という比喩には首を傾げます。

俳句は自然に反し神をも畏れぬ残酷な所業なのでしょうか?


「自然界は、草木虫魚、実に数えきれないほどの「異種配合」で成り立っている」とおっしゃいますが、
事実は逆で、種の保存を使命としているかのように他種の排斥をおこなっています。

あなたの例に挙げたヒラタカゲロウがまさに好例で種の純正を保つために「住み分け」をしているのです。

異種移植ははげしい拒絶反応を起こすまで自分を守ろうとしているのです。

ここまでくると、比々きさんも「俳句は異種配合の文学である」というあなたの断言が誤りであることがわかるでしょう。

「俳句は〈二物衝撃〉である」という文言は聞いたことがあります。逆に言うと、俳句をやっていて〈二物衝撃〉を聞いたことがないというひとはいないでしょう。

この〈二物衝撃〉を金子兜太は〈二物配合〉と言い換えています。

比々きさんはこの兜太の〈二物配合〉を鵜呑みにし、かつ、間違って覚えたのでしょう。
生兵法は大怪我のもとです。

〈プラスとマイナスの「異種配合」(同217-07-24)〉に至っては、これこそショートして火花がでて一発で停電、大火傷。

どこかで憶えた(おそらく、兜太の孫引き)をまちがえたばかりか、「異種配合」(一代珍獣の生成)をムリヤリ「異種共存」(自然は異種共存の世界)に持っていこうとしたのでしょう。

自然は、限られた生活圏の中で相手を侵さないで自分らの種を残していく工夫をしています。

同時に自分たちだけの種が栄えるのではなく他の種も尊重すべき摂理のもとにあることも承知しています。

あなたの論理で言うと俳句は自然の理法ではダメで不自然・反自然こそが俳句だ、とそういうことになります。


薔薇(比々き)と猫(かま猫)の比喩も奇妙ですね。(同2017-07-24)

このふたつは異種配合だから生涯わかりあえるものではない、と突き放している。

うちの「隊員はどちらかというと、かま猫さんタイプが多いわけです。」(同2017-07-24)


薔薇を猫に接ぎ木したなんて聞いたこともないから異種配合がここに出てくる奇妙さもさることながら、

「薔薇に向かってどうして猫の気持ちがわからないの?と訊かれても猫じゃないからわからないとこたえるしかない」という比喩も又、ただ独善的な支離滅裂な文脈です。

「異種」とは「同じ属内で異なった種」のことをいうのです。

ヒトはヒト同士の関係の中でなければならない。

話し合えばわかる仲間なのです。

薔薇と猫でのハナシはない。強引な理屈立ては破綻します。

更にあたしだけが薔薇でほかの隊員は意思の通じない猫ばかりだというのはたいへんな思い上がりではないでしょうか。

キメノコトバ

「「ここまで書けば賢い皆さんならピンときてるかも。

「私は棘のある薔薇です。猫と同列に扱わないでください」(同2017-07-24)

https://ameblo.jp/ouroboros-34

 

今日6通目の悠さんからのメールへの返信

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月10日(木)00時23分52秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  私があなたの言うことを信じるとでも?

無駄ですよ。

私が耳を貸すのは、何度も言いますが、正直で、誠意ある、信頼と尊敬に値する人の言葉だけです。

貴方のどこに正直さや誠実さや尊敬や信頼に足るところがありますか?

自分を是とするために、何の具体的な根拠も無しに、簡単に悠人さんやあ~すけさんを嘘つき呼ばわりする。そんな人の言うことなど、聞けるわけがありません。

とにかくネットでのあなたの評判は悪すぎます。

必ず最後は人を「誹謗中傷せずにいられない」病気なのですから、当然の結果。

そういう人がいくら自分は潔白だと言い張っても無駄ですよ。

そういう人間の言うことに、私が耳を貸すと思っているところが、浅はか。

繰り返しメールを送って嘘を吹聴すれば、そのうち信じるだろうと思っているところも、浅はか。

人間心理を全くわかっちゃない!

私が、どういう人の言うことなら聞き、どういう人の言うことなら聞かないか、そういう単純な人間心理さえ理解できない、お粗末なおつむしか持ち合わせていない悠さんだと、全国の人に知ってもらいたいんですね?

ご自分が、日に何通も人にメールを送り付ける、ストーカー的行為がやめられない異常者であり、自分で自分を制御できない病気を抱えていることを、世間に対して認め、公表したいわけですね?

意に沿わない人をすぐ誹謗中傷することを辞め、信頼に足る尊敬できる人になってから、出直してきてください。

時間がもったいないので、これをあなたへの最後の返信とします。
 

悠さんからのメール

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)20時24分15秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今日来た「3通目」のメールです。ストーカー被害の証拠として、しっかり保存してあります。

Message body

━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。


アンタの云う
被害者やパワハラなどの事実は一つもありませんよ?

多分、あ~すけ及びその一味がアンタに吹き込んだデマですね~

アンタは気の毒に踊らされているのだよ

ハハハ(笑)

--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro08.ezweb.ne.jp(27.90.207.28)


彼はこう言っていますが、が、あ~すけさんがご紹介くださった悠人さんのブログへたまたま行ってみたら、なんと!悠人さんも悠さんの被害に遭っておられました!

ソドムとゴモラの話
https://ameblo.jp/yu-jin0803/entry-12266880083.html

悠人さんも、悠さんに関してこう書いておられます。

『それから、今後「悠」なる人物からのコメント、メッセージには皆さんもお気をつけを。
彼は、特に俳句ブログ等にですが、「○○さんの句を受けて・・・」
などと近づいて来ます。知らない人は有り難がって返信したりしてしまいますが、句のやり取りを続けた上で、人の批判、誹謗・中傷を含め始めます。
私には「モラル・ハラスメント」的な奴かと思われます。』

ツイッターのフォロワーさんからも「今こそ毅然とした態度をとるべき時ですよ。俳句を真剣に学ぶ意志も無くただ自己顕示欲のみで投句を続け、採られれば傍迷惑な自慢、落ちれば選者を執拗に攻撃する〈悠〉はセクハラ、パワハラ、嘘、盗作の常習者ですよ。」という情報が。

皆さんももし悠さんのモラハラ・パワハラの被害に遭われていたら、どんどん掲示板で公にしてください。

この掲示板は、カウンターの数を見てもお分かりのように、全国にいる大勢の人が毎日見ています。

彼の卑劣なやり方を拡散して、これ以上被害者が出ないようご協力ください。
 

少しだけ

 投稿者:大分の輝久  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時23分39秒 dhcp53238.us.oct-net.jp
返信・引用
  比々き様、ハイポニストの皆さんこんにちは。
前回の「輝久」さんの盗作投句の件は一応、365に連絡しました。

以前、ネット投句の掲示板におきまして、こちらに居られますあ~すけ様とご縁が有りました。
さらに、6月22日には俳句ポスト365の入選者にお祝いの書き込みをしております。

それやこれやを総合して紐解いておりますが、問題の兼題(夏越)の締め切り日は6月28日
位だったような・・・
ン~・・・なんだか朧気ながら分かった様な感じがしますね。
 

悠さんからのメール

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)13時14分16秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  私やほかの人になりすましてメールしても、受信者がメールアドレスから悠さんと判るようにするためですので、悪しからず。

個人情報を公開されたくなければ、もう二度とメールを送らないでください。

こちらも悠さんの書き込み及びメールを証拠資料として提出しますし、悠さんの被害者も証人となってくれるでしょうから、むしろあなたが今までなさって来たモラハラが暴露されるいい機会です。

私は断固戦いますよ!


Message body

━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。


ハイポ掲示板内8-9-11-45分
管理人 比々き氏の書き込みに私 悠の個人情報メールアドレスなどが
無断で公開されております。
即刻、削除命令を出してください。


なお削除されない場合、下記へ届け出ます。

■IPAセキュリティセンター 情報セキュリティ安心相談窓口
(略)

■都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧
(略)


■モバイル人権相談
(略)




--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro04.ezweb.ne.jp(27.90.207.24)
 

マニピュレーターによるマインドコントロール

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)12時52分48秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  ある方からメールでご指摘いただきました。

「人格障害」の一種で、人を言葉で巧みに操り、人を「自分のいいなりにする」ことに快感を覚え、ターゲットを「奴隷化」することで、自己の「優越感」「支配欲」を満たそうとする病気、だそうです。

彼の犠牲になりやすいのは、「(外見も含め)自分に自信を持てない人、周囲の意見に流されやすく、自分の意見が言えない人、面倒見が良く、なんでも話を受け入れてくれる人」なのだとか。

逆に、「高学歴で仕事がしっかりと出来る人、自分の意思をしっかりと持ち、反対意見を述べる事が出来る人」は苦手らしいです。

参照:モラハラ加害者(マニピュレーター)の特徴
http://blog.goo.ne.jp/kyoton-chan/e/708025cf01b3a824b3bf458f8dbe28ed
 

悠さんからの8月4日のメール公開

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)11時45分26秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。

めぐるは


めぐるは以前Amebaで私に俳句の添削指導を受けていて
少しばかり力がついたら生意気になったのでクビにした
再三、謝ってきたが許さなかっのを、根に持っている人間だよ。

あ~すけは、ふいに俳句を教えてくださいなどとすり寄って来て
俳句甲子園へ寄付金を依頼してきた
断ると途端に手のひらを返し
あちこちで悪口を言いふらしている
羽音はあ~すけとグルで
天地ナンチャラの仲間増やしを手伝っている

俳句を愛するというより、いつき組内での勢力拡大が目的のようだ

キミは純粋な性格だから
すぐに傷つくし感情的になる

いいものがあるので
本音で接したが残念です
まあ、お互いに褒めっこして仲良しこよしでやんなさい。
俳句を生かじりする連中は
妬み 僻み 疑心暗鬼の塊です

裏でかき回している@天地グループに注意しなさいね

さようなら。


--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro07.ezweb.ne.jp(27.90.207.27)
 

悠さんからの脅しメール公開(証拠物件)

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)11時17分30秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  Message body

━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

いつきさんに送る文案


掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。


おはようございます。鰯の締め切りですが

ハイポ掲示板にて、俳句に程遠い世界になっております…


先生が提唱される俳句愛、すべての存在を許容し同化する、という いつきイズムは取り違えられ、妬みと僻みと猜疑心の坩堝となっております。

とくに、管理人さん ぐずみさん あーすけ(陰で画策する)の三名が
いつき組の名を著しく傷つける言動と見られます。

ハイポ掲示板は、松山市やいつき組には関係ないでしょうが、彼らがいつき組組員を名乗っております
まるきり無関係とは言えません。

私は昔から使っている旧式携帯で、木曜日の結果さえ容量オーバーで閲覧出来ないほど、画面操作など出来るわけないのに、あたかも犯罪者かのごとくに掲示しております

とにかく、いつき組の代貸しさんにでも、点検して頂きたくコメント入れました

ハイポ掲示板
(略)


よろしくお願い申し上げます。


以上、間違いありませんか?
なければ、このままいつきさんに送信します。


猫アイスクリームさんの件は
猫さんへの私の返信を削除したため、猫さんに私の気持ちが伝わらず、誤解を深める結果となりましたね

で、なんとか猫さんに返信する手段はないかといじっているうちに、あのような表示方法となったわけで
ナリスマシなどではないことを言明しておきます!
その原因も
管理人の恣意的画面操作の結果であり
責任は管理人である 比々きさんにあります。




--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro18.ezweb.ne.jp(27.90.207.38)
 

「なりすまし」を見分ける方法

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)09時15分24秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今回経験して見えてきた、彼らの見分け方です。

①最初は俳句にあたかも関心や愛があるかのように見せかけて近づいてくる。

②「心を許した」と見るや、徐々に自分が「イニシアチブをとろうとする」。

③人の家(掲示板)に入り込んで、その家のやり方に口出しをして、自分のやり方でやれ、と「圧力をかけてくる」。

④言うことを聞かないと、その家の主の欠点を挙げ、「個人攻撃」を始める。

⑤自分の思い通りにならないと見るや、家の主に「なりすまし」、他者に主を悪く印象付ける。

「なりすまし」は、スマホなりパソコンの発信源のアドレスが「主のものとは違う」ので、それで見分けられます。

 

Re: なりすましにご用心

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 9日(水)02時33分30秒 211.2.159.92
返信・引用
  > No.3999[元記事へ]

> もしかしたら皆さんのブログや掲示板へも、私や他のハイポニストの名を騙って投稿するかもしれません。

組長ブログ「夏井いつきの百年俳句日記」などへも、コメント投稿しているでしょうね。
俳句ポストにも送るかも。

交流のない俳人の方とかに、失礼な内容を送付されても、防ぎようはないですね。
また、投句したことがないネット句会に、なりすましで盗作投句されるとか、全く防御法は思いつきません。
おそらく、何らかの犯罪を構成する行為だと思うのですが、証拠がなかなか。

日頃から自分の発言に注意して、信頼を戴くしかないのかもしれません。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: ミルさんが第35回現代俳句新人賞を受賞!

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 9日(水)02時04分3秒 211.2.159.92
返信・引用
  > No.4004[元記事へ]

> ロマンチカダッシュ句会で一人さん共々幹事をしてくださっているミル(本名・赤羽根めぐみ)さんが、「おりてくる」30句で、第35回現代俳句新人賞を受賞されました。
>
> ミルさん、おめでとうございます!
>
> 幹事の蜂谷一人さんが、昨年第31回「俳壇賞」を受賞したのに引き続き、「いつき組」快挙です!

本当におめでとうございます。
遠い遠い目標ですが、大きな目標ができました。

一句だけの評価ではなく、句集など、まとまった句数への評価であり、困難な目標だとは思いますが、たとえたどり着かなくともいつか挑戦だけでもしてみたいものです。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: なりすましにご用心

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 9日(水)01時59分2秒 211.2.159.92
返信・引用
  > No.3999[元記事へ]

> 悠という人ですが、私や猫愛すクリームさんの名前を騙って引き続き投稿してきていますが、すべて削除しました。

けしからん話ですね。
あまりに度が過ぎるようであれば、ストーカー防止法などの対象になるのではないでしょうか?
公開しないで、削除まではせず、証拠保全をする必要があるのかも知れません。

それにしても、比々きさんがチェックするのに、比々きさんのなりすましを行う意図が分かりかねます。
自分が投稿したかしらと勘違いして、うっかりアップするとでも思っているのでしょうか?

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

 夏を楽しむ俳句コンテスト

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 8日(火)21時39分10秒 KD182249252001.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  https://www.com-contest.jp/cv_senryu/nagareume/

応募受付途中ですがハイポニストの皆さんは応募作品を見てどう思われるのでしょうか。
「季重なりが多くてヒデ~」「まあまあ上手いのもある」「よくこんなのにこんだけ点が入るな」「世の中の人って俳句と川柳の違いがわかってない」

そんな感想だと思います。

俳人もどきエセ柳人の自分からしたら詠んだ本人が俳句として詠めばそれは俳句だしそれを見た人が川柳と思えば川柳でいいんじゃないかと思うんですよ。

もう俳句と川柳の区別を論じる時代じゃない。いずれ神仏合体のように自然と俳柳合体の時代がくる。
夏を楽しむ俳句コンテストの途中経過を見て確信を深めました。
でもどうせそれはかなり先の事なので自分にはあまり影響のない話ですが。

ところで確か夏井いつき氏のブログでご本人が俳句と川柳の合同句会について書かれていたと思います。
面白そうですね。二刀流の自分としてはもの凄く興味あります。

うっかりと行った太宰府神無月 詠売川柳

春嵐パンチパーマの逆毛立つ 品川鈴子

冬の風呂五臓六腑の位置を知る 松永則文

子供より大人装う七五三 詠み人を失念

蕗の薹いまだ不揃い鼓笛隊 水野タケシ

群集の顎吊り上げし花火かな 仲畑貴志

こういう句を俳句側と川柳側で同時に評価できる場があればとても面白いと思う。



 

ミルさんが第35回現代俳句新人賞を受賞!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 8日(火)20時19分57秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  ロマンチカダッシュ句会で一人さん共々幹事をしてくださっているミル(本名・赤羽根めぐみ)さんが、「おりてくる」30句で、第35回現代俳句新人賞を受賞されました。

http://www.gendaihaiku.gr.jp/news/?id=73

ミルさん、おめでとうございます!

幹事の蜂谷一人さんが、昨年第31回「俳壇賞」を受賞したのに引き続き、「いつき組」快挙です!
 

写真の件

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 8日(火)08時57分29秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  あ~すけさん、提言ありがとう!

「それミー関東」では通常の吟行句会の写真は、初めから皆さんの「許可を得て」掲載されてきました。

私は写りたくない、私の顔だけはモザイクをかけて、と言ってきたメンバーは、先回を除き今まで一人もおりません。

もちろん世の中には「人を見たら泥棒と思え」という諺もあるように、悪意を持つ人もいることは、私も認めます。

でも、それは少数者です。多数の人は善良です。

そうでなければ、おちおち外出などできるものではありませんし、他の人と一緒に仕事やサークル活動などもできませんよね。

「人間不信」から「自分の身を守る」、それが最優先される世の中を想像してみてください。

私は「人間不信」を基盤に置いた世の中は、果たして健全で幸せな世の中だろうか、と考えます。

私の答えは「NO」です。

互いに信頼し合え、心を許せる、そういう世の中のほうがずっと健全で、幸せだと、私は思います。

「人間不信」のために、互いの「腹を探り合い」、当たり障りのないことを言い合って、本音は腹にしまっておく、そんなことをして「自分の身に危害が及ばないようプロテクト」できたとして、それが本当に「幸せ」でしょうか?

一部の悪意ある人のために、やりたいことがやれない世の中にしてしまっていいのでしょうか?

彼らの目的は、「恐怖による支配」で、私たちから生きていることの「喜びを奪う」ことです。

「疑心暗鬼」の孤独感から、心を病ませる方向へ事態を導くことです。

彼ら自身「幸福感」が得られていないので、「幸せ」な人が妬ましいのです。

今自分が幸せな人は、自らの境遇に満足し、感謝しているので、他者を貶めて、不幸にしようなどという発想自体起きません。

むしろ自分と同じように、他者も幸せになってほしいと願うでしょう。

彼らは、きっとその生い立ちにおいて、愛されることや自他の評価も低く生まれ育ったのだと思います。

その「不遇感」から、どうにかして自分と同じ「不幸」を他者にも味あわせたい、なんとか彼・彼女を「幸せ」な境遇から引きずり下ろしたい、そうやって少しでも自分のいらだつ気持ちをなだめたい、それが動機だと私は思っています。

自らの「ヒエラルキー重視」の価値観から、なにかにつけ下位に甘んじてきた自らの不遇を嘆き、他を貶めることにより、相対的に自らの地位を高め、優越感、支配欲を満たそうとする、そういう心理が彼らにはあります。

それを「許す」のか、それを「断固拒否」して、そういう悪意に負けない強靭な社会を目指すのか、その違いだと私は思いますよ。

私は卑劣な人間に、世の中のイニシアチブを執らせたいと思いません。

彼らの思う壺に嵌って、どんどん「生きる喜びの少ない」世の中になるがままにする、それも絶対イヤです!

世の中の「自己保身」優先の潮流に合わせて生きるのは、確かに「無難」な生き方かもしれません。

難を避けて、保身、保身で生きて、より良い世の中になるのなら、それでもいいでしょう。

でも、「それはおかしい」と言う人もいなければ、「恐怖支配」による集団催眠、集団盲従にかかり、ヒットラーの犯罪に間接的に加担した、かつてのナチスドイツの一般市民のようになってしまわないとも限りません。

私は世の中の大勢がどうあれ、いつでも「それはおかしい」と言える、そういう人でありたいと思っています。

卑劣な人はどこまでも巧妙です。

彼らは私たちの「恐怖心」をあおり、それによって私たちを「支配」しようとします。

また抜け落ちてはならない視点として、仮に写真にモザイクをかけ、顔が判らないようにした時の危険も考えてください。

××が○○に「なりすまし」、「私が○○です」と名乗った時、どう見分けられますか?

その辺のことも視野に入れて考えなければ、ただの大勢順応型の類想思考で終わってしまうと私は思います。

俳句にも通じる「常識を疑う」態度、それがこの件を考える上でも必要だと思いますが、いかがでしょうか。

 

なりすましにご用心

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 8日(火)08時14分52秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  悠という人ですが、私や猫愛すクリームさんの名前を騙って引き続き投稿してきていますが、すべて削除しました。

もしかしたら皆さんのブログや掲示板へも、私や他のハイポニストの名を騙って投稿するかもしれません。

内容が「個人に関する誹謗中傷」でしたら、彼か彼の一派に間違いありません。

また、投稿主の名前の後ろのアドレス表示が「 fpoym3-vezB2pro19.ezweb.ne.jp 」でしたら、彼ですし、私は「softbank126019100193.bbtec.net」ですので、「投稿者名」だけで「早とちり」なさらないよう、あらかじめ注意喚起させていただきます。
 

リアル句会には参加できませんが

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 8日(火)08時08分7秒 211.2.159.92
返信・引用
  私は青森市在住なので、それミー関東のリアル句会に参加できる可能性は薄いのですが、いろいろ感じた勝手なことを書きます。

掲示板などのSNS掲載の写真についてです。

ネット上にはいろいろな人がいて、時に感情的なやりとりからストーカーのような人を生む場合もあります。
そういうはっきりした理由ではなくても、友人などのSNSに自分の顔写真を載せて欲しくないがどう断ったらいいかと言う相談が、Yahoo知恵袋にあったのを覚えています。

もちろん、顔写真が載ったから危険、載らないから安全と決まったものでもありません。
でも、本人の希望で、集合写真に加わらないとか、顔にモザイクかけるとか、そういう配慮をすることは可能だと思うのです。
集合写真の一部の人の顔にモザイクがかかっているのも、見苦しいと思う方もいるかもしれませんが、TVではおなじみの光景です。
集合写真ではなく、作業中のスナップのような写真では、背後からなどなら人物の特定がしにくいので、本人の気が楽だという場合もあります。
こういった配慮に応ずるかどうかによっては、リアル句会には参加したいが参加を見送ろうかと思う人もいるかもしれません。

写真の話ではありませんが、以前、象さん句会でその時、管理人であった正人さんに、自分の句と自分の句に寄せられた選評をSNSに公開したいという相談をしたことがあります。
その際、正人さんは自分としては問題ないと思うというご回答でした。
ですが、参加の方の中で、自分は自分の選評を公開して欲しくないという方がいたら申し出て欲しいとおっしゃっていました。
しかも、公開拒否のコメントを仰々しく申し出たくない方は、こっそり自分にだけ申し出てもいいですよと書いていました。
それぞれの思いにとても配慮した対応だと思いました。
おそらく、正人さんの母親である組長もそういった配慮のある方ではなかろうかと推察致します。

それミー関東の運営は、比々きさんのお考えで進めるものですので、そこにあれこれ言うつもりはありませんが、配慮があればより参加しやすいと考える方もいるのではないでしょうか。

そういった配慮をしても、危険やリスクは完全にはなくなりません。
特に公開の場にお出になる組長ご自身には、様々なリスクがあります。
AKB系の握手会などでも、時折問題が発生しています。
しかしながら、組長ご自身のリスクに関しては、句会ライブなどの会場運営を行う側の警備に頼るしかありません。

また、SNS上に写真等をアップする配慮についても、こういった掲示板に限らず、参加者それぞれのモラルなどに委ねられることも確かです。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: 投稿モードを変更しました

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)  投稿日:2017年 8月 8日(火)00時21分30秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  了解です。
お手数ですが、よろしくお願いいたします。m(__)m    澱凡(おりぼん
)


> 今までは書いたものはすべて掲示板に即反映されていましたが、「管理者が確認後掲載」に切り替えました。
>
> 「不採用」となった投稿は掲示板には反映されませんので、ご了承ください。
 

投稿モードを変更しました

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 7日(月)23時02分30秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  今までは書いたものはすべて掲示板に即反映されていましたが、「管理者が確認後掲載」に切り替えました。

「不採用」となった投稿は掲示板には反映されませんので、ご了承ください。
 

Re: 俳句の種蒔~松山俳句ポスト

 投稿者:猫愛すクリーム  投稿日:2017年 8月 7日(月)21時39分30秒 KD119104110211.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  > 兼題
>
> 夏越
>
>
>
> 悠的特選
>
>
> 夏越かなごひきのりゅうがみずをはく/ちま 3才
>
>
> 《壮大な景を描き、夏越の本意をドンと表現してみせた見事な一句である》
>
> 私は今回、季題の夏越に馴染めず残念ながら一句も詠めなかった
> が、掲句によって教えられた
>
> そうか、夏越の祓いとは炎天の穢れ、人の穢れを冷まし清める荘厳な水撒きなのだと
>
> 作者は3才の女児とあるが、無論これは主宰者の、夏井いつきとその孫の合作であろうか。 いずれにせよ、俳句とはこのように、直観で掴んだものを17音で表現するポエムであろう。
>
>
>
> 後れ馳せながら、この秀句にインスパイアされてチャレンジしてみました
>
>
>
>
>
> 文身の龍も茅の輪を夏祓/悠
>
> むむむ~(汗)
> 並ぐらいはイケるか~
>
>
>

失礼ですが、季重なりですね。

ちなみにわたくしは人選をいただきました。

八雲立つ夏越の祓水清し


貴殿は、ここの管理人から出禁を申し渡されているにも関わらず、

繰り返し出入りしています。

もう二度と書き込みはしないつもりでしたが、

季重なりでは並選にもならないであろうことはご忠告申し上げます。

今一度、入選句をしっかりご覧になってください。



あまりにも腹立たしいので来ました。

すみません。

 

誤解されてますね。

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)19時02分49秒 KD182250254033.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  こちらにお邪魔したきっかけは純粋に松山写真俳句の傾向と対策を練ろうとしたからなんですよ。

ただ、こちらも教えを乞う身ですので何かの切っ掛けで議論になる可能性もあろうかと覚悟してましたけど。

俳壇の頂点のグループに金子氏や今井氏や夏井氏がいらっしゃいます。じぶんは俳壇の中の公募俳句という隅っこのほうをウロウロしている野良犬です。

そこでかわいそうにあ~すけさんはたまたま野良犬に目をつけられガブリとやられちゃった。だけどそれがご縁になりました。

かえって「こんな野良犬連れてきやがって」とハイポニストの皆さんからあ~すけさんが恨まれてはいないか心配な位です。

誉めあったり謙遜しあったりするのは好きじゃないですが自分なんかよりあ~すけさんのほうが詩人としての矜持をお持ちだし考え方も大人だと思いますよ。

 

Re: 今井氏のツイートに関して

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 7日(月)16時27分47秒 ai126246077070.62.access-internet.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.3989[元記事へ]

> 比々きさんが出した解でよろしいかと思います。

腹胃壮さんが、日本俳句研究会の掲示板に問題提起なさったときに、この掲示板で書き込みなさることをお勧めした甲斐がありました。

まだまだ学び始めたばかりの私よりも、真摯に俳句と言うものを考え続けている比々きさんはじめ、ここに集う方々の方が、腹胃壮さんと有意義な討論を交わすことができると感じたのです。
ネット上での討論・議論は、言葉尻りを捉えての感情のぶつけ合いになりがちですが、お互いがこれからも俳句を一緒に楽しみたいという本来の目的さえ忘れなければ、有意義な意見交換ができる場合もあると思うのです。
組長すなわち夏井いつき先生が望む、俳句愛好者の形もこのようなものではないでしょうか?

いつき組とか、ハイポニストとか、登録制でもない結社でもない自然な人のつながりを組長が望んでいるのも、組長が最終的には人間を信じているからだと思います。

俳句によって人生の様々な困難から現在の地位を得た夏井先生なので、私たち自身も、それぞれの夢に向かってポジティブに進んで行けば、きっと将来は明るいと信じます。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: 俳句論

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 7日(月)16時12分11秒 ai126246077070.62.access-internet.ne.jp
返信・引用
  > No.3986[元記事へ]

> ただし「初心者」のうちは、型をまず習得することに専念し、それができてから「型破り」に挑戦したら、というお考えだと思いますよ。

絵画を連想しました。
ピカソが写実的な絵画を描けないわけではない。
逆に写実的な絵画を学ぼうともしないで、ピカソを真似ても評価されないのかもしれません。

型破りについて、学びとして伺うことはあっても、初心のうちは型をしっかり学びたく思います。
今井先生の仰る50点の句になってしまうのかも知れませんが、独りよがりと独自性を混同するよりはいいのかもしれませんね。

まあ、人によって俳句に触れる動機は様々でしょうが、夏井先生がプレバトでがんばっていらっしゃって、それによって俳句に親しんでみようと思い立った人は、私を含めて多くいると思います。
そのうちの一部が俳句ポストに応募し、選を得ることを励みに俳句を楽しみ続けることは、夏井先生にとっては望むところであって、叱る要素はないと思います。

そういう人間が藤田湘子先生のご著書にたどり着いて、応募の為の俳句を詠むようじゃ駄目だなどと言われ、どうしたらいいか悩んでしまいそうです。
その上、その藤田湘子先生の本によって50点の句ばかりを詠む俳人だらけだと、今度は今井先生に叱られては、オロオロするばかりです。

でも、人間には発達段階と言うものがあります。
はじめはコンテストに入選する事だけが楽しみで俳句に触れる人が増えてもいいと思うのです。
少なくとも百年後に俳句を楽しむ人がいなくなるよりは。

で、やがて、自分の為に俳句を詠もうとより真摯に俳句に向かうようになる。
その過程で、「型」など基本的な技法を意識する。
いわゆるセオリーです。

ただ、永く続けるならそこに安住するのではなく、今井先生が言う境地に向かっていけばいい。
そう考えると、今井先生のお言葉は、今の自分達に向けられていると考えなくてもいいのかもしれません。
あくまで将来への戒めであって、今は型を学んで精進しなさいと今井先生も言って下さるかもしれません。

また、自分のために俳句を詠みなさいと言う藤田先生の教えも、意識はしますが、今は楽しみとして、コンテスト入選ばかりを目指してもいいと思うのです。
やがて行き詰まったり、もっと高いレベルを目指したいと思った時に、自問すればいいのではないでしょうか。
今は、コンテスト入選を目指す中で、多くの人とつながれて、お互い励まし合える関係を持てたことが何よりも宝物です。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

今井氏のツイートに関して

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)13時57分13秒 KD182250254033.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  比々きさんが出した解でよろしいかと思います。

正岡子規が発句を独立させたおかげで公募マニア俳人もどきから専俳まで俳句ができるようになりました。

正岡子規に感謝の気持ちを忘れていないのなら専俳の方達が型破りをしようが何を言おうが構わないと思います。

発句(俳句)は切るべし 文法上切れがないのに切れが隠れていると強弁するな

これが公募マニア俳人もどきの唯一の矜持です。

さんざんやってきた「切れ」論についてこれ以上はノーコメントにします。

 

具体例の無い論は、あり得ない

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 7日(月)12時45分40秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ウロさんも、私の書いた文章をちゃんと読んでいませんよ。

私は「説得力のある具体例があれば、耳を傾けます」と書いています。

だから、まずは貴方が「体験した」と言い張る「具体例」をお示しください。

話はその後です。

「具体例」の提示無しに、今後一切あなたとの議論には応じませんので、悪しからず。
 

比々きさんへの進言2

 投稿者:ウロ  投稿日:2017年 8月 7日(月)12時39分40秒 FL1-218-42-21-124.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  前回の私論のまとめは
『独善性を否定し多様性を尊重する掲示板にしましょう』
異存ありやなきや、でした。

比々きさん。異存はあるのでしょうか、ないのでしょうか?

答えなしで議論を進めるというのはわずか二回のやりとりで二回目です。重犯というわけです。

「異存あり」でもいいのですよ。私の考えと異なってもかまわないのですよ。それが「多様性」ですから。

振りかえってみると先般の「ぐずみ・悠・比びき三つ巴」リーグ選は壮観でしたね。仲良しじゃんけんの究極を見る思いでした。あなたの「冷静な時」の采配は立派でしたよ。要は逃げないで立ち向かう姿勢です。

ひとつづつ行きましょうか。〈…〉は、貴稿より引用。

1 〈…読む側には説得力がありません。〉
ちょっとヘンな日本語ですが、文意はわかります。

ははあ、話をそらす戦法できたなと思いました。

国会で政権が逃げ回っている図柄と同じです。しかも、私が「説得はしない」と述べているにもかかわらず、です。その部分を再掲すると、

「なぜなら私という生身のニンゲンは、自分の「見解を述べること」にはやぶさかでないが、ひとを「自分の意見と同じにしよう」としたことは一度もないからです。」

2 〈…ただ、わたしたちも「それミー」として、この1年の実体験があり、掲示板にすべて公開していますので、それも…〉

掲示板の過去の記録をすべて見ろ、と言っています。

付属文書は自分でまとめるべきであって相手にまかせるものではありません。
「ウロの」体験談を比々きさんが調べてウロに提出せよ、というのはヘンですよね。逆さまです。

それに、私の実体験から出た見解と、比々きさんが得た実体験からの見解がちがうのはあり得ることだし「多様性の原理」に悖ることではない、と私は言っているのです。


いいですか。違った意見があってもいいのです。これが「多様性」です

3 〈「論」は「複数の」「具体例」のなかの普遍的な「共通項」を根拠に建てるものだからです。
ご自分の「ただ一度の」体験を「絶対視」し、建てるのは「論」ではありません。〉

これが今回新しく出てきた文章です。おもしろいですねえ。

比々きさんは必死に論陣を立て直そうとしている。私はそれを嬲っているのではありません。

ただ、言葉を恣意的に曲げて使っているのが気になるのです。

これがひとつやふたつでないからです。

〈「論」は「複数の」「具体例」のなかの「共通項」を根拠にたてるもの〉。おもしろいですね。
そうじゃないのですよ、比々きさん。

「論」は「複数の」実例(具体例)である必要はないのです。
研究者はひとつの例にしがみついて調べています。
天才はそのひとつの例さえいらないのです。

「量子」論はそれを証明するために「実験が後追い」しています。
論が先です。

「ただ一度の」体験を「絶対視」し立てるのがまさに「論」なのです。
従って「論」は無数にあります。この「論」が絶対だと信じて研究する、
これが「多様性」の原理です。

その論が複数回具体例として出現し共通理解事項となったとき、はじめて「一般論」となるのです。

  Das gibt nur einmal,…では「恋」も成就しませんよ、

あなたが言っているのは「一般論」の話です。「私論」と取り違えています。

比々きさんを私論で「独善的な」人という仮説をたてて推論を進めてきたのですが、こう複数回の実験例を見ると、いかがでしょう、「独善的な比々きさん」という仮説が一般論に昇格してもよさそうですね。

比々きさん。

「平行線は交わらない」というのが、古典物理学の定理でした。つまり一般論です。

一般論はつじつまが合うこと(非説得性)のほかに再現性が特に大切です。

再現性が未知数のあいだは私論としての扱いを受けます。
「平行線は交わる」という私論が現代物理学になってようやく一般論になりました。

冒頭の私論は私論です。それを一般論とみるのは、まだ、ちょっと早い。

私論に拘ってはいけないのです。

相手を屈服して自説に従わさせようと権にかるのはいけません。

あなた、高慢だとひとに言われたことがなければいいのですが…


比々きさん。あなたに社会学的興味が出てきました。すこし、調べさせてください。





https://ameblo.jp/ouroboros-34

 

Re: 俳句論

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 7日(月)09時59分47秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.3983[元記事へ]

今は多分俳句のもう一つの変革期なのかもしれませんね。

組長は「なんでもアリ派」。

いつも「俳句にやってダメなものは何一つない」とおっしゃてますものね。

ただし「初心者」のうちは、型をまず習得することに専念し、それができてから「型破り」に挑戦したら、というお考えだと思いますよ。

兜太さんぐらいのキャリアがあれば「型破り」は当然なわけで、聖さんも50余年のキャリア。

かの芭蕉でさえ、「古池や蛙飛びこむ水のおと」で、蛙という季語を詠む時の当時の常識(美しい声を詠む・菊と取り合わせる)を破り、いわば「常識破り」「型破り」をやったわけで、「型破り」はむしろ俳句界にあっては「伝統」なわけです。

聖さんに言わせれば、30年も40年もやっていながら、相変わらず従来の型遵守で、「型破り」をやらない、その方がよっぽど「伝統に反して」おかしいのでは、という「問題提起」だと思いますよ。

「型に胡坐をかいた」ベテラン俳人の、何事も無難に、挑戦を避けて通ろうとする、アンチチャレンジで腰の引けた、生温い態度、それが聖さんには歯痒ゆくてたまらないのだと思います。

実際、かの『俳句20週』の藤田湘子は「かな」を、上五中七で切らずに下五の最後にもってきて切る、そういう使い方を推奨しています。

金色の佛ぞおはす蕨かな 水原秋櫻子

オムレツが上手に焼けて落葉かな 草間時彦

兜太さんなどは、『俳句』6月号を見ると、中七の最後でいったん切って、それから下五の最後に「かな」で切る、そういうやり方も実際しておられ、まさに「型破り」を率先してやられています。

瀬を跳び越す春の人影平和かな 金子兜太

谷に堕ち無念の極み狐かな   同

俳歴30余年の組長も、ハイポの選を見ればお解りのように、「かな」を必ずしも下五に拘らず、上五に「かな」を使った句もどしどし選に入れておられます。

芒種:人選
http://haikutown.jp/post/results/20170420?type=results1

芒種かな山の畑にポンプ小屋 きんえんくん

芒種かな昼餉合図の寺の鐘 弓女

芒種かな全く青き水の里 桂奈

芒種かな雲は天守に近寄りて 山田ノムオー

芒種かな米の系図に親数多 神谷たくみ

芒種かな樽にモルトの深眠り 聰子


俳句の「伝統」にのっとって、「型破り」をやろうとするムーブメントが、兜太さんや、聖さん、組長のようなベテラン俳人の中から出てきている、そのことは、大いに歓迎していいことだと私は思っています。



> 自分は夏井氏が仰った「俳句に流行語入れたっていい
> 」
>
> 金子氏が仰った「古語に文語を混ぜてもいいじゃないか」
>
> どちらも自分なりに理由があって賛成です。
>
> その代わり詠む本人にかなりセンスを求められます。
>
> それが従来の俳句のルール(?)を外れた場合の代償かと思います。
 

今井氏のツイート

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)09時21分39秒 KD182250254037.au-net.ne.jp
返信・引用
  もし、今井氏が「技ありで逃げて勝っても面白くねーだろ。負けていいから一本取りに行け」あるいは「選者の顔色ばっかり伺ってないで選者に選ばせるような句を作れよ」という趣旨のツイートだったら納得します。

本格俳人にも俳人もどき公募マニアにも耳が痛い話でしょうか。
 

俳句論

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)08時45分34秒 KD182250254037.au-net.ne.jp
返信・引用
  自分は夏井氏が仰った「俳句に流行語入れたっていい


金子氏が仰った「古語に文語を混ぜてもいいじゃないか」

どちらも自分なりに理由があって賛成です。

その代わり詠む本人にかなりセンスを求められます。

それが従来の俳句のルール(?)を外れた場合の代償かと思います。
 

Re: 今井氏の俳句論ですが

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 7日(月)08時05分29秒 211.2.159.92
返信・引用
  > No.3981[元記事へ]

> でも俳句に詞(詩)性を求めれば自然とカッコよくなるし俳句にカッコよさがなければ俳句じゃないと思うんです。

夏井いつき先生の姿勢について、自分なりに感じ取ったことを書きます。

作者としての夏井いつき先生は、ある程度制約を自分に課しているようですが、選者としての場合はそれより広くお考えのようです。

今井先生には今井先生のお考えがあるでしょうが、夏井先生はあまりに俳句と言うものがこういうものだという制約にはめてしまうと、俳句の多様性を失い、魅力をも失いかねないとお考えなのではないかと思うのです。

金子兜太先生のご講演を拝聴した際も、伊藤園の選者としての姿勢に於いて、俳句をより幅広く解釈していらっしゃると感じました。

要は詩かどうかなのでしょう。
感動するかどうかなんですが、あまりに主観的でなかなか理解が及びません。
しかしながら、ネット句会などで匿名の状態の句に選を戴き、選評を戴くと、思いもよらない解釈で高く評価戴いたりするの嬉しくなります。

いろいろな先生の解釈に触れて、自分なりの俳句論をそれぞれが得ていけばよろしいのかと思います。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

今井氏の俳句論ですが

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)07時54分7秒 KD182250254037.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  今井氏の仰る事もそれに対する比々きさんの解釈もなんとなくですが理解できます。

でも俳句に詞(詩)性を求めれば自然とカッコよくなるし俳句にカッコよさがなければ俳句じゃないと思うんです。

自分はカッコいい俳句を作りたいと思うし、そういう気持ちが出過ぎた俳句が最近鼻につくというのが今井氏の発言の趣旨ならばその通りなのかもしれません。

フェイスブックに「しのぶ日明の俳句道場」というグループがあります。そこの師匠のしのぶさんに今井氏のツイートに対する御意見を伺ってはいかがでしょうか?

エリート専俳を養成する目的のようですが俳句に対して前向きな方にはきちんと意見や添削をして下さる方ですし、そういう話も好きそうな感じです。最近、ハイポニストとおぼしき方も参加されたような気がします。
 

ハイポニストの皆さんおはようごさいます。

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)07時31分13秒 KD182250254037.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  あーすけさん、わかりますよ。

自分もただの公募マニアで正統派俳人どころか俳人もどきでも上等な位で。

目指す道が同じなら今度は手児奈文学賞でダブル授賞を目指しましょうよ。
こちらも近隣市民の上位入賞ばかり目立つのでハードルが高そうですが言葉の壁はありませんので。

昨年は川柳で佳作(表彰対象外)を頂いただけでした。

地元民をもってしても津軽弁の壁は高いんですね。

 

おはようございます。

 投稿者:大分の輝久  投稿日:2017年 8月 7日(月)06時45分41秒 dhcp53238.us.oct-net.jp
返信・引用
  比々き様、あ~すけ様、おはようございます。腹胃壮様も居られます。おはようございます。

昨日のつまらない投稿に返信頂き有難うございます。
まあ~、元はと言えばどこにでも転がって居る様な「輝久」を俳号に使っていたのも原因のひとつかもですね。

兼題(鰯)からの投句に関しては名字三文字追加で俳号の変更を願い出てます。

少し前に名簿の件でいろんな意見交換があった様ですが、私個人はどっちでも良かったので参加しませんでした。(故に今回は大分の輝久とさせて頂きました)

これからも、たまに寄らせて貰いますので何とぞよろしくお願い致します。

 

Re: こちらこそいつも御世話になってます。

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 7日(月)06時39分22秒 211.2.159.92
返信・引用
  > No.3977[元記事へ]

> あ~すけさん
>
> いつも貴重な御意見ありがとうございます。
>
> とある初心者向けの俳句の本に「選者に気に入られる句を作り始めたら終わりだ」と書かれていましたが、ハイポニストの皆さんはどちらかというと「選者との駆け引き」を楽しんでいらっしゃるイメージがありましたので御意見を求めた次第です。
>
> ところで津軽弁の日の表彰式後の懇親会はかなり豪華らしいですよ。自分の代わりにリベンジして俳句と川柳のダブル授賞を期待しています。
> などと勝手な事言って申し訳ありません。

腹胃壮さん、丁寧なご回答ありがとうございます。

日本俳句研究会の掲示板に津軽弁の日についての書き込みを戴きながら、まだお返事しておらず、申し訳ございません。
数回チャレンジはしたことはあるのですが、私にとっては難関です。
津軽弁としての面白さがなによりもの主題だからだと思います。

選者との駆け引きとおっしゃることはよくわかります。
わたくしなぞは自分を俳人とは思っておりません。
俳人になりたいとも思っておりません。

昔よく、オールナイトニッポンなどに投稿職人と呼ばれる人たちがいました。
私もそのような投句職人(=投句マニア)になりたいと思っているのです。
俳人の方々からはお叱りを受けるかもしれませんが、私の楽しみ方はそうだということです。
他のハイポニストの方々は、もちろん正統な俳人を目指していらっしゃる方もいる事と思います。

腹胃壮さんは正統な俳人でいらっしゃると思いますので、選に入るかどうかではなく、納得なさる句を投句なさってはいかがでしょうか。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

こちらこそいつも御世話になってます。

 投稿者:腹胃壮  投稿日:2017年 8月 7日(月)05時10分41秒 KD182250254038.au-net.ne.jp
返信・引用
  あ~すけさん

いつも貴重な御意見ありがとうございます。

とある初心者向けの俳句の本に「選者に気に入られる句を作り始めたら終わりだ」と書かれていましたが、ハイポニストの皆さんはどちらかというと「選者との駆け引き」を楽しんでいらっしゃるイメージがありましたので御意見を求めた次第です。

ところで津軽弁の日の表彰式後の懇親会はかなり豪華らしいですよ。自分の代わりにリベンジして俳句と川柳のダブル授賞を期待しています。
などと勝手な事言って申し訳ありません。

実は俳句交流大会の表彰式の招待状が届いるのですが日帰りすると朝5時に出発して帰りは深夜。交通費往復3万六千円。
賞状とメダル以外に副賞はなし。懇親会もなし。
交通費と宿泊費は全額自己負担。

という訳で表彰式は欠席とあいなりました。

それに比べて津軽弁の日は太っ腹だなぁ。




 

Re: なんだかねぇ~

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 7日(月)02時21分4秒 211.2.159.92
返信・引用
  > ★ネットの匿名性が悪意の持ち主に利用されることは、私もFBで体験したばかりです。

私も組長のブログ「夏井いつきの百年俳句日記」に私の俳号全てを使ってなりすましのコメントをされた経験があります。
俳号に姓をつけるのは、偶然の一致の事故の防止や、それに見せかける言い逃れを封じる効果はありますが、むき出しの悪意には効果がないかも知れません。
メールアドレスなど管理人にしか公開されない個人情報で真贋を判断してもらうしかありません。
最後はIPアドレスしかないかもしれませんね。

ただ、その人の人間性などの傾向は発言内容や句に現れると思うので、気付いてくれる人はいると思います。

なりすましとは異なりますが、有名俳人の句と(歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに変えた程度で)全く同じ句が、チェックをすり抜けて選に載ったのを見たことがあります。
コンテストの品位を疑わせようとか、汚そうとかといった意図ではなければいいなと思いました。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: 松山写真俳句

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 8月 7日(月)02時03分51秒 211.2.159.92
返信・引用
  > No.3961[元記事へ]

> はじめまして。腹胃壮と申します。

ようこそおいで下さいました。
日本俳句研究会の掲示板では、いつもお世話になっております。

http://jphaiku.jp/wp/forums/forum/kannsou/

> そこでハイポニストの皆さんに伺います。
> 夏井いつき氏の選の特徴は如何なるものでしょうか?
>
> 突然やってきて「企業秘密を教えろ」ってのは失礼な話ですよね。

ハイポニストという組織がある訳ではないので、公式回答のようなものはないですが、それぞれ多少の一家言はあろうかと思います。
ただ、私に限ってはまだそれを探っている状況に過ぎません。
それがわかれば、もっといっぱい選に入れるだろうなと。

俳句ポストや一句一遊などの過去ログを見直して、それぞれが何かを得ようとしているところではないでしょうか。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: なんだかねぇ~

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 6日(日)22時31分15秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.3969[元記事へ]

> ハイポ掲示板のトピ主さま、ハイポニストの皆様初めまして。
> 大分県の俳号「輝久」と申します。


★輝久さん、ようこそ!


> とあるネット投句の掲示板のご縁で兼題(青芝)より俳句ポスト365へ投句をさせて頂いております。
>
> 今回の兼題(夏越)において、人選を頂いている「旅役者其の地その日の夏越祭・輝久」さんの
> 一句は、以前どこかで目にした覚えがあります。
> 悪く言えば盗作、良い解釈をすれば、俳号を代えての再投句となります。


★輝久さんの句ではなくて、輝久さんの名を騙った「なりすまし」が投句した句ということですか?
あたかも輝久さんが盗作したかのように見せかけるための、、、
たまたま同じ俳号だった可能性はないのですね?
自衛するためには、やはり俳号に「名字」をつけるしかないのかなあ?


> 確たる証拠を探していましたが、少々疲れました。もう止めます。
> こちらに居られるハイポニストの皆さんも目に止まりそんな感じに受け止めた方もおられるかと・・・


★同じ輝久でも、メールアドレスが違うでしょうから、その辺のことを、今度投句するときにお手紙に書いてみられるといいかもしれませんね。
対処の仕方を、きっと考えて下さると思いますよ。


> つまらない愚痴の書き込みとなりましたが、なにとどご寛容に。
> 勿論、今後も俳句ポスト365への投句は続けていきたいと思っています。


★ネットの匿名性が悪意の持ち主に利用されることは、私もFBで体験したばかりです。
色々あっても、誠心誠意で生きていれば、いつかは疑いも晴れるはず。
お互い、これにめげずに、俳句の研鑽だけは続けていきましょうね!
 

Re: 斑鳩行ってきました!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 6日(日)22時10分30秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  > No.3968[元記事へ]

> 比々きさん、こんばんは!
> 私にとっての組長初体験・「俳句キャラバン斑鳩」行ってきました!!
> 第1部の講和では、比々きさんもご存知のお話だと思いますが、
> 組長を支えて来た言葉として、
> 「風の強い日の旗は美しい」
> が紹介されました。
>
> 向かい風の真っ只中にいる人は美しい
> 困難に立ち向かう人は美しい
> 風の中の旗になりましょう

★めぐるさん、シェアありがとう!

既成の俳壇から逆風を受けるであろうことを覚悟して、敢えて風当たりの強い道を選ばれた組長ならではの言葉、身に沁みます!


>
> そして、会場を出ると、美しい欅の木が風に吹かれていました。
> 株立ちというのでしょうか、スラリと伸びた何本もの幹が、同じ風に吹かれ、
> 梢はゆるやかにたなびいていました。
> 月波さん、斎乃雪さんとそのお友達お二人、同行したこの5人で見た欅を忘れまいと思いました。
>
> 本当に楽しくてあっという間の一日だったのですが。。。唯一申し訳なかったのが、
> 閉会後、持参した本にサインを貰おうと勢い余って壇上に上がってしまったことです。
> 心から反省しています・・・うああああああ先生、本当にすみませんでした!!!(><)


★あはははは、これで、めぐるさんのこと、組長は絶対忘れませんね!
「一句一遊」でめぐるさんの句を取り上げて、格好のネタにされるかもよ~(笑)
 

Re: 新しい方法論とは

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 6日(日)21時56分30秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  > No.3967[元記事へ]

『技法重視、約束事死守の俳人はつまらない。方法の更新や約束事の根拠については考えない人たちだ。そういう人に限って「俳諧」を標榜する。「芭蕉」が安っぽい喩えにされている。』

「同じような人たちが、同じような人のお洒落を評価して集って同じ雰囲気に酔い、同じお洒落を志す。けなげな俳句、可愛い俳句、お洒落な俳句は要らない。【孤立した意固地でかっこ悪い俳句】を見たい。」

『脱力感と言おうか、「私、頑張りません」系の俳句はすぐ飽きられる。「頑張らない」ことをカッコいいと思っているからだ。【めちゃくちゃカッコ悪い自覚のある句】を見たい』

「詠むっていう言い方は私は詠じますってことでしょ。詠嘆宣言なんて押し付けじゃないの。」

https://twitter.com/imaisei

【 】が鍵なんでしょうね。みんなどうしても拍手喝采を期待して「カッコイイ句」を作ろうとしますからね。

そういう色気というか下心がイヤシイという感じなのかもしれませんね。

今井さんが言っているのは、切字の使用の是非というより、「感動の押し付け」がイヤだ、と言ってるんだと思いますよ。

感動するかどうかは、読んだ読者が決めることで、作者の感動を読者に押し付けるのは違うんじゃないか?という問題提起だと私は思うのですが、どうでしょうか。



> 自分は実作以外にも俳句そのものを研究するのも好きなんです。今井のツイートも全部目を通しました。
>
> 的を得ている発言も多いと思います。
>
> 過去の俳人にも新しい物を求めるあまり切れ字を「カッコわるい」だの「古くさい」と言って棄てていった人達がいたようです。
>
> でも、現代では素人俳人でも切れ字を使いこなしカッコよくお洒落な句を作る方を散見します。
> そうするとまるで切れ字を棄てて言った人達の理屈は、大工が自分の腕を棚に上げて仕上がりの悪さを「使い古した道具」のせいにしているような物ではと思ってしまうのですよ。
>
> 専俳が新しい方法論を見いだそうとするのは仕事だから当然だと思いますし、その中で切れ字を否定するような発言をしても「あー、またか」と思います。
>
> ただ、今井氏なりに現代の俳壇に対して苛立ちや将来の俳壇に対しての憂いをツイートに感じました。
>
>
 

なんだかねぇ~

 投稿者:大分の輝久  投稿日:2017年 8月 6日(日)21時04分40秒 dhcp53238.us.oct-net.jp
返信・引用
  ハイポ掲示板のトピ主さま、ハイポニストの皆様初めまして。
大分県の俳号「輝久」と申します。

とあるネット投句の掲示板のご縁で兼題(青芝)より俳句ポスト365へ投句をさせて頂いております。

今回の兼題(夏越)において、人選を頂いている「旅役者其の地その日の夏越祭・輝久」さんの
一句は、以前どこかで目にした覚えがあります。
悪く言えば盗作、良い解釈をすれば、俳号を代えての再投句となります。

確たる証拠を探していましたが、少々疲れました。もう止めます。
こちらに居られるハイポニストの皆さんも目に止まりそんな感じに受け止めた方もおられるかと・・・

つまらない愚痴の書き込みとなりましたが、なにとどご寛容に。
勿論、今後も俳句ポスト365への投句は続けていきたいと思っています。
 

斑鳩行ってきました!

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 8月 6日(日)20時49分30秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、こんばんは!
私にとっての組長初体験・「俳句キャラバン斑鳩」行ってきました!!
第1部の講和では、比々きさんもご存知のお話だと思いますが、
組長を支えて来た言葉として、
「風の強い日の旗は美しい」
が紹介されました。

向かい風の真っ只中にいる人は美しい
困難に立ち向かう人は美しい
風の中の旗になりましょう

そして、会場を出ると、美しい欅の木が風に吹かれていました。
株立ちというのでしょうか、スラリと伸びた何本もの幹が、同じ風に吹かれ、
梢はゆるやかにたなびいていました。
月波さん、斎乃雪さんとそのお友達お二人、同行したこの5人で見た欅を忘れまいと思いました。

本当に楽しくてあっという間の一日だったのですが。。。唯一申し訳なかったのが、
閉会後、持参した本にサインを貰おうと勢い余って壇上に上がってしまったことです。
心から反省しています・・・うああああああ先生、本当にすみませんでした!!!(><)

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/

 

レンタル掲示板
/77