teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(26)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


すな恵さん、比々きさん

 投稿者:はずきめいこ  投稿日:2017年 4月30日(日)08時14分26秒 sp49-98-144-225.msd.spmode.ne.jp
返信・引用
  > > だいぶ時間がたちましたが…
> >
> > 今週の俳句ポスト「菜の花」は、先週はじめて吟行句会を経験してからの回だったので、お会いした方のお名前を見るたびに、あ、あの方だ!という新鮮な喜びを感じておりました
> > なんというか初めての感覚で…
> >
> > 俳句は一人でもいんじゃないかって、最近は思い始めていたのですが、こういう感覚を味わえるのが良い部分だったのだととても感動した一週間でした
> >
> > 皆さんの句が、それぞれの個性はありつつも、伸びやかでみずみずしく、その雰囲気があのときも心地良かったなあと思いだしながら…
>
>
> すな恵さん、そんな風に感じてくださって、とってもうれしいです!
>
> 吟行や句会で句座を共にしたり、掲示板やツイッターやフェイスブックで毎日のように交流して、顔や名前を知っている人の句は、何というか、身内の詠んだ句を読むようで、一度読んだらそれきり忘れるんじゃなくて、一句一句が、印象深く、愛しくなる感じ。
>
> 時間がたっても、あの人こんな句を詠んでたよなあ、と不思議と覚えていて、記憶の歩留まりもいいような気がします。
>
> 是非これからもそのような感覚を持てる人を増やしていただければ、一人でやっていた時とはまた違った、「座の文学」と俳句がなぜ呼ばれるのか、その所以を体感して頂けるのでは、と思っています。
>
> すな恵さん、是非またお会いしましょうね!

☆比々きさんの吟行会のおかげですな恵さんにお会いしてお話出来ました。

私はツイッターもフェイスブックもやってないので、この掲示版で色々な情報も惜しげもなく見せていただきありがたいですよ。

季重なりのお話も興味深いですが、まだまだ季重なりの句を上手く作るなんて無理、無理ですよ。

でもオノマトペの次に密かなブームになるかもしれませんね(^_^)


☆すな恵さん、NHK俳句とか松山ポストの名前が知られてる方とお会いするのは大げさに言うと芸能人の方と会えるような

ウキウキです。
でも吟行で句を詠むド緊張と相まってウキウキ、ドキドキばかりはしてられませんでしたよ。

私もまたお会いしたいです。
次回はお宝「発掘」のお話ちょっとお聞きしたいですよ(*^^*)

 
 

Re: 俳句ポスト

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月30日(日)07時06分1秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2278[元記事へ]

> だいぶ時間がたちましたが…
>
> 今週の俳句ポスト「菜の花」は、先週はじめて吟行句会を経験してからの回だったので、お会いした方のお名前を見るたびに、あ、あの方だ!という新鮮な喜びを感じておりました
> なんというか初めての感覚で…
>
> 俳句は一人でもいんじゃないかって、最近は思い始めていたのですが、こういう感覚を味わえるのが良い部分だったのだととても感動した一週間でした
>
> 皆さんの句が、それぞれの個性はありつつも、伸びやかでみずみずしく、その雰囲気があのときも心地良かったなあと思いだしながら…


すな恵さん、そんな風に感じてくださって、とってもうれしいです!

吟行や句会で句座を共にしたり、掲示板やツイッターやフェイスブックで毎日のように交流して、顔や名前を知っている人の句は、何というか、身内の詠んだ句を読むようで、一度読んだらそれきり忘れるんじゃなくて、一句一句が、印象深く、愛しくなる感じ。

時間がたっても、あの人こんな句を詠んでたよなあ、と不思議と覚えていて、記憶の歩留まりもいいような気がします。

是非これからもそのような感覚を持てる人を増やしていただければ、一人でやっていた時とはまた違った、「座の文学」と俳句がなぜ呼ばれるのか、その所以を体感して頂けるのでは、と思っています。

すな恵さん、是非またお会いしましょうね!

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

俳句ポスト

 投稿者:すな恵  投稿日:2017年 4月30日(日)03時14分17秒 p531108-ipngn602kokuryo.gunma.ocn.ne.jp
返信・引用
  だいぶ時間がたちましたが…

今週の俳句ポスト「菜の花」は、先週はじめて吟行句会を経験してからの回だったので、お会いした方のお名前を見るたびに、あ、あの方だ!という新鮮な喜びを感じておりました
なんというか初めての感覚で…

俳句は一人でもいんじゃないかって、最近は思い始めていたのですが、こういう感覚を味わえるのが良い部分だったのだととても感動した一週間でした

皆さんの句が、それぞれの個性はありつつも、伸びやかでみずみずしく、その雰囲気があのときも心地良かったなあと思いだしながら…

 

Re: 「季重り」とは?

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 4月29日(土)21時40分54秒 182-167-102-35f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.2275[元記事へ]

比々きさん、記事有難うございます!
「一つの句の中に違う季節が入らない方がいい」
気をつけなくちゃですね!!
「露草」とか「花火」とか「西瓜」とか、「七夕」とか、
夏の季語だと信じていたら秋だった、ということに衝撃を受けたので、
「どの言葉が季語なのか、季語でないのか」と同じくらい、
「どの季節の季語なのか」ということは調べないと分からなくてドキドキものです(^^;;;
これから難しい季節に入るので、よくよく注意したいです!
比々きさん、タイムリーな書き込みを有難うございます!!

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/blog/

 

「季重り」とは?

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月29日(土)20時04分32秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用 編集済
  たまたま調べていたら、こんな記事が。

http://www.gospel-haiku.com/dig/d040715.htm

「季語が二つあるから季重り」 なのではなく、「季感が複数あるもの」 が季重り

とのこと。有名な

目には青葉山ほととぎす初鰹  山口素堂

は季語が三つでも、季感がいづれも夏で一つ。ゆえに季重りではない、とのことです。

参考までに。

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 「街」句会鍛錬句会

 投稿者:小市  投稿日:2017年 4月29日(土)17時37分4秒 KD113148126127.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.2077[元記事へ]

参加しますが、途中退席します。
 

Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:糖尿猫  投稿日:2017年 4月29日(土)17時25分34秒 h116-0-178-209.catv02.itscom.jp
返信・引用
  > No.2267[元記事へ]

小川めぐるさん、ありがとうございます。
えーと、実はよくわかっていませんでした。
実物をみたことないし、Youtubeで雰囲気だけ感じて、作りました。

平井照敏さんの新歳時記に、膨大な傍題(←ダジャレではない)があるのを発見しました。
「凧合戦」だけでは、あまり発想が膨らまなかったので、傍題でいろいろ作ったうちのひとつでした。採っていただけたのは、わたしのチカラではなく、平井照敏さんのおかげです。

一句一遊は、投句数がとても多いようですね。二週セットのうち、どちらかで読まれたらいいなあ、と思っています。でも、数週読まれずじまいなことも、しょっちゅうであります。
読まれないのもまた、投句の醍醐味ではないか、と思っております(逆恨みはしますがw)。
おう・・・そういえば、ちょっと前のセットの「エリカ」も「丹」も全没だったような気がする・・・。

http://ameblo.jp/right-saver/

 

Re: これだ!Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:糖尿猫  投稿日:2017年 4月29日(土)17時11分8秒 h116-0-178-209.catv02.itscom.jp
返信・引用
  > No.2260[元記事へ]

山崎ぐずみさん、ありがとうございます。
お名前は、存じておりました。どうぞよろしくお願いいたします。
拙コメントに共感いただき、まことにありがとうございます。

ま、実際は、そんなにスッキリしたものでも無かったりします。
自分の句を採っていただくと、うれしいものです。もちろん金曜日になると、とってもとっても嬉しいですが、「金曜日」・「火曜日」などは、あくまでも副次的です。
逆に、自選No.1の句を含めて、全ボツのこともよくあります。
ただ、わたしの場合あまり落ち込みません。
「組長は、オレの句の良さを見抜けなかったか。しょうがないな。」と上から目線で逆恨み(笑)してすませます。おっしゃるような「恩讐」の一種でしょうか。わはは、すんません。


PS 糖尿病なのは、飼っている猫です。というわけで、指先ではなく耳に針をチクっと検査しています。インスリンは、背中の皮下に打っています。具合悪い具合悪いと言い出して、もうずいぶん経ちます。検査成績的には、いつ逝ってもいいような状態ですが、何度となくピンチを脱して生きながらえております・・・が、年齢(20歳くらい?)もあり、いよいよかなあ? と思うこともしばしばとなりつつあります。

http://ameblo.jp/right-saver/

 

Re: 坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)16時54分41秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.2270[元記事へ]

> よかったです。写真はあえて皆さんが保存できるようにFACEBOOKもここも、写真を取り込んで、どんどん保存してくださいね。

坂の上の雲ミュージアムと萬翠荘です。
 

Re: 坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)16時52分18秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.2268[元記事へ]

よかったです。写真はあえて皆さんが保存できるようにFACEBOOKもここもどんどん保存してくださいね。
 

Re: ユネスコ文化遺産

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 4月29日(土)16時00分27秒 i121-114-55-32.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  > ぐずみさん
> 投稿読ませて戴いています。
> 色々あるんですね。
> 私個人の感想としては、なんと不粋な、ということに尽きます。
> 芭蕉さん、ご存命だったら賛成されたでしょうか?


大西主計さま
コメント、ありがとうございます。ここに一人でも読者が居られた、ということを佳いことにして、というか、調子にのって、FBに書き散らかしたものを寄せ集めてさらにその上に余計な文言も書き加えてみました。世間様に掲示するには、まだまだ俳句と同様に、もっともっと語句を削らないといけないのですが、そこはハイポの仲間内、ということで甘えさせていただこう、かと。
  *********************************************************

 芭蕉が生きていたら?「おうおう、またまたわしの句碑をいっぱい建てて呉れて、ありがたいことじゃ」と云うか「HAIKU」この文字はよおわからんのお、梵字もムズイがこれはいったい何ぞね、松の葉っぱが取り散らかったなりしてる有様は・・・?」というか、

松山宣言
松山宣言(まつやませんげん)は、1999年9月12日、松山にて有馬朗人、芳賀徹、上田真、金子兜太、ジャン・ジャック・オリガス、宗左近の各氏によって全世界の詩人に向けて発出した、21世紀において短詩型文学としての俳句の可能性と方向性を示唆する宣言
https://ja.wikipedia.org/…/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%AE%A3%E8%A…
松山宣言において、「俳句は世界の文学である。俳句は、世界のあらゆる民族に向かって開かれている。いま、この小さな十七音の短詩型が、世界のあらゆる詩歌の可能性を広げようとしている。日本の詩歌が西洋の詩歌に大いに影響を受けたように、俳句が欧米の詩的状況に与えた影響もまた多大であった」[2]ことが述べられている。
  ******************************************
これと「俳句をユネスコ世界無形文化遺産に」との共通性と違いが、とっても大切だと考えます!メンバーにしろ、参加自治体にしろ。

松山は「俳句」が前面にあるが、「俳句をユネスコ世界無形文化遺産に」の方は、江戸期の、芭蕉以降のもの(多分、・・談林派や貞門派がどうなるのかは不明)がバックボーンとなっていて、その出身地である、伊賀上野市の市長や、・・・・・、といったところで、後ろを向いている、振り返っている、という感じ。

だがしかし、芭蕉は「俳諧連歌」の大家であって、「俳句の文化遺産」といったシロモノではない!「発句」は詠んだが、「歌仙」はいっぱい巻いたが、俳論は弟子が纏めたが、・・・・、「俳句」という言葉は、明治になって、松山出身の正岡子規が提唱したものである。

 あるいは天照大御神を神武天皇もろともに取り組んだのと同じ手法を使って、芭蕉を俳句の始祖と定める、とでも云うのだろう、か?

俳句の歴史のごくごく初歩的な常識を、居並ぶ壇上の大家、みなみな知らぬ人は一人もいないはずだが、この事実をどう、ユネスコに説明するのだろうか?

わたしは、その幟に「俳諧をユネスコ世界無形文化遺産に」となぜ掲げなかったのか、・・・・、とんと合点が行かないのでペタペタとコピペを張りまくった、しだいです。 m(__)m 山崎ぐずみ

「俳句」と「俳諧」との違い?そんなの伝統俳句協会の稲畑さんあたりにでもきかれるか、・・いや、やっぱり知らん振りするのだろうな、やっぱ。

だけど、記者会見で、こんな初歩的なことが質疑にも上がらぬとは、最近のブンヤの国語力は一体どうなっているのだろう。あるいは近頃の読者はモノを知らぬからこの程度のことを書いておけば、紙面を埋めるのには丁度よい、とデスクが判断したとすれば、私(たち)は随分と舐められたものである。記事を書いたのが「学芸部」に所属していなくて社会部の記者だったとしても言い訳にもならないような、稚拙さ・・・・・(涙)

*******************************

芭蕉一座連句 139巻 歌仙 『しあきんと』其角天和二年歳暮
表 1 詩商人年を貪る酒債哉     其角  冬
  脇 冬湖日暮て馬に駕する鯉     芭蕉  冬
    (中略)
名残裏
  35 詩商人花を貪る酒手哉      其角 花
  36 春湖日暮れて輿に駕る吟     芭蕉  春

  ( 「 詩商人(しあきんど)」持って来いの歌仙があったので、引っぱり出してきた。ここでは、芭蕉は5・7・5の長句を読まずに7・7の短句を担っている。しかも、歌仙の題は「詩商人」! この引用等は、ぐずみ )
  ******************

俳句は近世に発展した文芸である俳諧連歌、略して俳諧から生まれた近代文芸である。室町時代に流行した連歌の遊戯性、庶民性を高めた文芸が俳諧であったが17世紀に松尾芭蕉が出てその芸術性を高め、なかでも単独でも鑑賞に堪える自立性の高い発句、すなわち地発句を数多く詠んだ事が後世の俳句の源流となる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%B3%E5%8F%A5

  ********************
 推進派としては、こういう姿勢で得られるものを世界に発信する、のだろうと邪推するが、
このWiki の記述は誤解を生むおそれが混ざっているので、ダメを詰めて置く。

「地発句を数多く詠んだ事が」・・勿論地発句を数多く詠んだが、それに勝るとも劣らぬくらいに、脇以降の7・7の短句や雑の句をものにしている。あたりまえだ、それが歌仙だ!芭蕉はその俳論書の中で、発句を詠ませれば自分より巧い弟子はいっぱいいるが、歌仙を巻く、(座を取りまとめる)となれば自分が一番だ、というようなことを語っている。これは「発句を云々」は謙遜で、俳諧師は5・7・5の発句を詠んで、はい、おしまい!というものではないのだヨ。と云っているのだ。俳諧はそこから先があって、その36歩の道程をとりまとめていくのが、俳諧師なのだ、と自慢している。
 恐ろしい、人です。
子規以降の俳人は、このあたり都合が悪いので、・・・ほとんどが、知らんぷりを決め込んでいる、というわけなのです。          山崎ぐずみ

 「子規(というか現代俳句界の常識的な)好みの芭蕉像」だけが、またまた、発信されようとしているのだ。その一点が嘘だ云うのではなく、それは芭蕉のごくごく一面にしか過ぎない、という断りが抜け落ちたままに!わたしとして文藝の愛好家として、それがなによりも我慢ならない。芭蕉や蕪村や一茶が好きなだけに、いやいや<文藝>というものに憑りつかれるようにして生きて来ただけに、・・・・・・・・、欠け落ちたものが蔑ろにされるのに我慢がならないのだ。

  ほんものの「詩」を販り歩く「詩商人」は好きだが、「詩」を水で薄めて変質させて、その「詩味」を世間にばら蒔いて歩く「<詩>商人」、あるいは「<詩商人>」・・とにかくカッコウつける商人は好きくない。お客が例えモノごとを識らない女子供であったとして、いやそれであればなおさらのことホンマ物を並べて魅せるところではなかろうか、と。へたな啓蒙は、お客様にとてもとても失礼なことだ、とも。それに商人ともなれば、軍資金というか準備金というか、先立つものがなによりも必要。・・・最近では、優れた事業でありさえすれば、そんなの世間が一切合切面倒見てくれるものだ、という理念のもとに寄付金と補助金とボランテイアをあてにしての小学校設立、なんてえ噺もありましたが、・・・・うまくいけばあのピラミッドですらそうやってぶっ建てたのかもしれませんし、文化なんてものは、案外そんな按配で出来てしまうものなのかも知れないのですが、・・・個人の領域をはるかに踏み外してしまう處が、なんとも馴染めない、・・・蚤の肝っ玉なんでしょうね、ぐずみは!

<結論>

 俳句と俳諧をごっちゃ交ぜにしている處が、全てである。自分たちがたまたま子規が主導した俳句という表現形式の路を歩んでいるからと云って、芭蕉の俳句的要素を取り込むのはまだしも、それがゆえに、芭蕉を俳句の人、としてしまうのには大きな無理がある。

 夏目漱石は、ネコや坊ちゃんも書いたが、その時期、『倫敦塔』という小品も書いた。小説三部作から未完の『明暗』までの一連の小説を書いたが、『硝子戸の中』や、ついこの間発見された『満韓所感』も書いた。いや、世間受けはしないが英国留学でものにした『文学論』『文学評論』、これだけでも、昨今の文化勲章一個もらえる代物である。それに『俳句』。そして忘れていけないのは『漢詩』。まだまだ日記とか書簡とかいっぱいあるが、つまり、その総和が「文人  夏目漱石」なのである。小説家ではあるが、ただの小説家ではないのである。俳人でもあったが、そんな呼称はアンドロメダの向こうへ消し飛んでしまっている。「文豪」と称せられる根拠がここにある。

 そんな意味では、藤村も三島も谷崎も「文豪」と呼ぶのはムズイ。太宰や宮沢賢治も。

 これが、この國の文藝、だ。全世界に発信して誇りにたるものは、・・・、いや、そないなことはどうでもよい。


そういったこの國の文藝史にあって、「松尾芭蕉」「与謝蕪村」「小林一茶」・・・、江戸期の文藝にあって、燦然と輝いている大きなおおきな星である。さらには井原西鶴という、とんでもない輩、も。

 みながみなとてつもない「俳人」である。怒られるか知れないが、このメンバーをもってすれば、いまの日本の俳人はおそらくみながみなぶっ飛んでしまう、・・・・はず。(たぶん夏井いつきをもってしても、・・・組長、御免!m(__)m・・・文藝とは、そんな、ウルトラマンとアンパンマンはどちらが強いか、なんて比べ方はホントはしてはいけないのだ、 m(__)m)

 彼等の功績、<俳句>らしきものをやった、と、たとえ後世の人の目に映ったとしても、彼等が詠むだものは「俳句」ではない。彼等が、それこそ心血を降り注いだものは、ただただ「俳諧」の路であった。

 この事実をないがしろにして、世界へ向けて何を発信すると云うのか?!これが、「HAIKU」だと、いって言い逃れするつもりだろうか?それをキャッチコピーにして、ただただ観光客を呼び込んで、あぶく銭を落としていってくれれば、暗い世の中になにか明るい光をその先に灯すことができれば、という理由とかを味方につけて、・・・・・。それこそ、 芭蕉はサルに蓑を着せたし、一茶なんてボンビーを売りにしていたのだが、・・・。

<おまけ>というか<グリコ買ったら残るもの>

 「文藝家」というなれば、まずはその<芸>でもって勝負するのが専決。あの「俳句を世界に発信するためのユネスコ云々」の動き、講演会だか記者会見だかで設えられた雛段に並んだお歴々、・・・・さてさて、それぞれの代表者の作句の中で、「世界に発信された(る)俳句」としては、どのようなものが、・・・・ある、と言われるのだろうか?

 文藝である限りは、やっぱ、最後はこれだよな。歴史的な考察のあとには未来への展望が。

 さてさて、あなた(これをお読みのあなたも含めて)の詠む俳句(ハイクでもHaikuでもよい)は やっぱ、「世界に発信する」ものなのでせうネ?!

 ほんの一握りの結社の内部でいいないいな!を取り沙汰しているにとどまらず、1億2千万の日本人に向けるだけではなしに
75億(もうすぐに100億越)だかの人々に詠んでもらことを期待して発信する「俳句」! お~~!なんて凄いんだろう!(そう、文藝は数ではない、と誰かが言っていたが、数が質に転化する、とも)

 言葉の壁?・・そういえば、俳句には「読者を信用する」なんてえ便利なコトバもあった! ガンバ!ってくだされ。

 ぐずみはそれとは一寸違ったベクトル(【ただあのひとだけが】イイねしてくれればそれ良いとか、の世界を生きていきます・・・(*´艸`*) )・・・・がんば!

http://mainichi.jp/articles/20170425/k00/00m/040/049000c

 

Re: 坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月29日(土)15時45分55秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.2262[元記事へ]

> やはりいくだけで2時間 帰りに2時間かかってやっとアップします。


dolceさん、お時間のない中行ってくださって、ありがとう!

FBと両方アップしてくださって、感謝です!

おかげで、良い記念になります!

お疲れの残らないよう、この連休はゆっくり寝だめしてくださいね。

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 4月29日(土)14時27分56秒 182-167-102-35f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.2257[元記事へ]

> > 糖尿猫さん、おめでとう!
> >
> > 落凧へひときわ高き怒号かな 糖尿猫
> >
>
> ありがとうございます。
> 一句一遊は、全ボツも多いので、たまに金曜日に選ばれると嬉しいです。

糖尿猫さん、おめでとうです!!
臨場感あふれるお句、自陣(?)の凧が落ちる瞬間の叫びが聞こえるようです。
ちなみに私の「読まれずじまい」は
  喧嘩凧のったー切った!やったやったー!
  決まり手は錐揉み崩し喧嘩凧
どっちも「勝った方」目線でした。
「負けた方」への目線、新鮮に映りました。
『一句一遊』は、時間がタイトなので、出来るだけたくさんの人が読まれるよう、
同じレベルであれば「先週読まれてない人」を意識されてるようなことを仰られてましたので、
何週かおきに読まれるのが普通なんだと思います。
そんな中で、こちらの掲示板にお集いの方は、出現率が高いですよね。
糖尿猫さんもそのお1人!次の出現も楽しみです!!!

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/blog/

 

まだアップしたいけどごめんなさい。寝ます

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)14時14分21秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  残った人もいるけど取り合えず、後はFACEBOOKで・・・まだ映しているんですが・・  

Re: 坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)14時12分21秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.2264[元記事へ]

> > > やはりいくだけで2時間 帰りに2時間かかってやっとアップします。
 

Re: 坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)14時08分31秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.2263[元記事へ]

> > やはりいくだけで2時間 帰りに2時間かかってやっとアップします。
 

Re: 坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)13時55分40秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.2262[元記事へ]

> やはりいくだけで2時間 帰りに2時間かかってやっとアップします。
 

坂の上の雲ミュージアムから

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)13時51分0秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  やはりいくだけで2時間 帰りに2時間かかってやっとアップします。  

プレバト!カルチャースクール大阪

 投稿者:かま猫  投稿日:2017年 4月29日(土)11時09分31秒 122-223-186-178.east.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
  人見直樹くんが一句一遊のお便りに書いていたプレバトライブ!
関西のあと、名古屋、東京とあるようです。
みなさんと行けたらいいですね!


リンク貼ってみたけと、うまく行くかな??
貼られてなかったらごめんなさい。


http://www.mbs.jp/p-battle/culture.shtml
 

これだ!Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 4月29日(土)10時53分50秒 i121-114-55-32.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  > > 糖尿猫さん、おめでとう!
> >
> > 落凧へひときわ高き怒号かな 糖尿猫
> >
>
> ありがとうございます。
> 一句一遊は、全ボツも多いので、たまに金曜日に選ばれると嬉しいです。
**********************************************
糖尿猫さま

 こんにちわ! はじめてお便りさせていただきます。一句一遊の金曜日選、おめでとうございます。m(__)m


 山崎ぐずみと申します。俳名はこの四月から「ぐずみ」と、言うことに致しました。ペンネームは「山崎ぐずみ」です。どう違うのか?って、・・・いや、まあ「俳名」と「筆名」と「戸籍名」と「ポスト記載名称」と、「マイナンバー」と、・・・いや、まあそんな違いです。

 知の岸辺の向こう側からお呼びが掛ろうかとしていう歳になってから始めた「はいく」。この頃、組長を筆頭にしてその周辺の方々が実に愉しそうにワイワイがやがや囀っておられる。そこには大きなエネルギーを伴った重力波のような趣きさえも。

 投稿者数がメチャ増えた「松山俳句ポスト365」、そして「一句一遊」。「100年俳句計画」はどうなんだろうとかも思はれますが、それらへの時間の配分、そろそろどうにかせんとあかんのかなあ、とも思っていました。

 そんな中で?に飛び込んで来た、あなたさまの簡潔なる一文、

 「一句一遊は、全ボツも多いので、たまに金曜日に選ばれると嬉しいです。」・・・・・これだあ!と思いましたのでついついカキコさせて頂いた次第です。


 以前拙は、句会や公募における「選」を巡っての、<落選>をめぐっての、『ぼやき』というか『愁嘆』というかさらには『恩讐』といったものに対して、「堕ちることの悦び」といったことを考えたことがあるのですが、吾こととなると、賑やかな奏鳴曲流れる中、ついついこの呼吸法を忘れてしまっていたようです。

 「一句一遊は、全ボツも多いので、たまに金曜日に選ばれると嬉しい。」

 これからの投稿のベクトルの方向付けに、このコトバを忘れないように置いておきたいと思います。「たまに」が「定式」になれば、もっと嬉しいのですが、それはまあ、もう少し後のこととして(笑い)



 以下は勝手な読書感想文。気に入ラんかもしれませんが、これが<ぐずみ>です。  m(__)m

  **********************************************************
 組長の講評に対する拙の感想

 そんな戦いが続くとこういう一瞬がやってまいります。横浜・糖尿猫です。
    ◇落凧へひときわ高き怒号かな  横浜・糖尿猫

「凧合戦」というのが兼題ではあるんですが、勝凧とか負凧とか落凧とかこういい方も傍題として出てきます。「落凧」というのは落とされるそんな印象が強いので、凧合戦の現場の空気出ますね。「落凧へひときわ高い怒号」が生まれる、何やそりゃーとか嘆いてんのか怒ってんのかそういう声ですよね。聴覚の効果も充分ですね。
  ◇  ◇  ◇  ◇

 あいかわらず巧いもんだ、と再確認。いえ、組長の講評です。讀み上げる一連の複数句の配置とそこへ挟むコトバの選び方、・・・・プレバトの世間享けはこの合間に入るタレントのツッコミの表情と科白が実に効果的なのですが、夏井いつきという人は、講談やっても、人情噺やっても、さらには掛け合い漫才やっても、ボケとツッコミの世界で充分飯が(いや酒か?!)食っていけるな、と再々認識。

 「凧合戦」という本題の中に傍題詠むだ句をいれて、【勝凧・負凧・落凧】などの解説継ぎ足して、・・・・・・・、で、拙はついつい曳き込まれて、「ムムムむむ ◇負凧へひときわ高き怒号かな 」 とか置き換えて、ああやっぱ金曜日や、ここは【負凧】ではなくて、その瞬間を抉りとった【落凧】や! 流石 糖尿!などと思ったりも。

 酒供えた句が『天』に昇り【落凧】は『地』に、・・・ここまで讀むことはないのかもしれませんが。

  ***************************
 では、では
           昭和の日に            山崎ぐずみ拝

 PS  糖尿猫さんは、あの、指先に針をチクっとする検査とか、治る当てはなくて只々進行防止のためだけに飲むとという薬、・・・ああいう中を生きてるのかなあ、・・・とか。

    
お互い「定式、金曜日に出入りすること」目指して、・・・ガンバ!
 

雲について

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月29日(土)05時54分50秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  今日休みと知らず、おきて家事してしまったアホは私です。勢いで松山にいけると思います。では写真を楽しみに・・・(写真なしならどこかで事故って松山いけなかったと思ってください)あるいはデジカメの電源がなくなったとか・・



ps 私 菜の花は人でよかったなと思っています。人と並、もちろん天と地は名句ですが、人と並の掲示を見ていると画面にいっぱい菜の花が咲いていた。本当に幸せなひとときでしたから。
多分今井聖先生なら、既成でなくて「自分の菜の花」を作りなさい・・とおっしゃるでしょう。私の句も
宇宙から見た菜の花がいっぱい咲いている日本の平和をこころこめて作った、それを夏井先生がとってくださり嬉しいです。私にとっての菜の花は「平和の象徴」でした。

糖尿猫さん、金おめでとうございます!

 

月末〆切あれこれ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月29日(土)00時03分46秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今日は正人くんの「よるマチ」(天道虫)の〆切でしたね。

天道虫って肉食性、菌食性、草食性の3種があるって知ってた?

http://www.flowers-beauty.com/010_life/tentoumushi/tentoumushi-10.htm

俳句をやってなかったら、一生知らずじまいだったんだろうな。

ありがたや、ありがたや。

月末は〆切が目白押し。


愚陀仏庵:https://winst736.solidsystem.net/secure/bansuisou/haiku/entry.php

野性俳壇:https://post.kadokawa.jp/yaseijidai/haikutanka/

金曜俳句:http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=4121

e船団:http://sendan.kaisya.co.jp/clinic.html


明日一日で私はいったい何句作るんだろう(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:糖尿猫  投稿日:2017年 4月28日(金)23時47分31秒 h116-0-178-209.catv02.itscom.jp
返信・引用
  > No.2256[元記事へ]

> 糖尿猫さん、おめでとう!
>
> 落凧へひときわ高き怒号かな 糖尿猫
>

ありがとうございます。
一句一遊は、全ボツも多いので、たまに金曜日に選ばれると嬉しいです。
 

「一句一遊」金曜日

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月28日(金)23時37分52秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  糖尿猫さん、おめでとう!

落凧へひときわ高き怒号かな 糖尿猫

http://575.aritani-mahoro.com/cgi-bin/rakugaki/petit.cgi

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: ハイポ金曜日

 投稿者:ちゃうりん  投稿日:2017年 4月28日(金)23時09分31秒 softbank060099013065.bbtec.net
返信・引用
  > No.2254[元記事へ]

> 今日の天地に選ばれた句を見て「そりゃ俺の句はボツやわ」と思いました。いつにも増して、こんな句は詠めないわ。と思いました。
> ちなみに没句は「起きる度 菜の花に会う予讃線」天地の句を読んで半日経過して見ると、あまりに凡庸です。


私も毎回そう思います。
天地の句は、やはり詩として強い印象が残るものが多いですよね。

私、作ったら少し時間をおいて見直してから投句するんですが、
見直すたび、「うーん、こりゃダメだ・・・」と思います。
発想が凡庸だし、言葉選びも平凡・・・
ダメなことは解っていても、どうすれば良くなるのかは解らないのです。
課題が山積みでございます(>_<)

 

ハイポ金曜日

 投稿者:GONZA  投稿日:2017年 4月28日(金)17時00分51秒 pw126247089125.14.panda-world.ne.jp
返信・引用
  今日の天地に選ばれた句を見て「そりゃ俺の句はボツやわ」と思いました。いつにも増して、こんな句は詠めないわ。と思いました。
ちなみに没句は「起きる度 菜の花に会う予讃線」天地の句を読んで半日経過して見ると、あまりに凡庸です。
並選の句も「菜の花に埋もれて眠る駅舎かな」に直してたつもりがその前の句を送ってたようです。
 

中山月波さんへ

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 4月28日(金)15時09分17秒 ai126162048083.56.access-internet.ne.jp
返信・引用
  > こちらこそ、また楽しみが増えて嬉しいです♪
> そんなに喜んで頂けるんなら、毎月投稿します!

期待してます。
放送やブログチェックします。

> 川柳も勉強しなくちゃですね(^・^)

同じ五七五の詩ですから、きっと素晴らしい句をお詠みになるでしょう。

> 1日も早い、青森の句会ライブ実現を願っています。

ありがとうございます。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: 街鍛錬会

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 4月28日(金)13時21分53秒 sp1-72-9-193.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  > > 由野さ~ん 分からなければ迎えにでますよ!
> かをりさーん。お気遣いありがとうございます。
> 生まれつきのガチャピン顔ですので、迷っていたらどなたか助けてくださることでしょう。

You can do it!
オッサン会だけ、って手も。
 

Re: 街鍛錬会

 投稿者:由野  投稿日:2017年 4月28日(金)12時07分25秒 pl24958.ag2121.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.2247[元記事へ]

> 由野さ~ん 分からなければ迎えにでますよ!
>

かをりさーん。お気遣いありがとうございます。
生まれつきのガチャピン顔ですので、迷っていたらどなたか助けてくださることでしょう。
何時に到着できるか不確かですし。
どうぞお気になさらずご健吟ください(*^_^*)

小学生のころ、某進学教室で講義開始日を1週間まちがえて1学年上の教室に入ってしまったことがあります。勿論ちんぷんかんぷん。今回もそんな感じかも。余談でした(~_~;)


 

Re:5月の吟行

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 4月28日(金)11時07分0秒 sp1-72-9-193.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  > 今日は銀座SIX見て来ます。日比谷公園など新橋周辺も下見してきますね~

ありがとう!助かります。
 

Re: 街鍛錬会

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 4月28日(金)11時02分46秒 sp1-72-9-193.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  > 飲み物了解ですが、昼休憩はどんな感じでしょうか?(買って食べる?外に食べに出る?持って行く?)
>
> 由野さ~ん 分からなければ迎えにでますよ!

かをりさん
了解です。お待ちしてます。
昼ごはん、私も初めてなので良く判りませんが、持ち込んで会場で食べても、抜け出して外に食べに行っても勝手、のようです。
比々きさんの貼ってくれた体験記によれば、会場で食べる方が多いみたい。
会場で食べるってのは、食べながら句会ってことですから、せいぜい、おにぎりかパンでしょうね。
尚、県民センターの斜め向かいにコンビニあり。
それから、今井先生、大変腰の低い優しい方ですが、携帯の呼び出し音だけにはキレるので、マナーモード必須です。
 

Re: 全く同じ句が!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月28日(金)10時47分15秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2246[元記事へ]

> 17音と言う制約の中で詠もうとすると、「言葉の経済学」が否応なく働き、同じ発想だと、同じ言葉と語順になる確率が高くなる、そういうことですね。


今、関悦史さんの「閑中俳句日記(別館)」を見ていたら、池田澄子さんも、師の三橋敏雄さんとわずか3音しか違わない、ほとんど同じ句を偶然作ってしまったというエピソードが!

http://kanchu-haiku.typepad.jp/blog/2010/03/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E6%BE%84%E5%AD%90%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E8%87%AA%E5%8F%A5%E8%87%AA%E8%A7%A3%E2%85%B0%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88100-%E6%B1%A0%E7%94%B0%E6%BE%84%E5%AD%90.html

 《先生は確か「鵙猛る」。私は確か「鵙の声」を取り合わせ、他は全て同じだった。同じものを一緒に見たあの時、同じことを思っていたのだということを思った。「鵙猛る」の方が点が入ったが、先生は私が「鵙猛る」としなかった意味を感じられた筈。先生の句も特に独自のものではなかったということで、先生も私もその句は捨てた。》(『シリーズ自句自解Ⅰベスト100 池田澄子』より)

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

街鍛錬会

 投稿者:かをり  投稿日:2017年 4月28日(金)10時23分21秒 KD119106016217.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  大西さん
初めてのところへ遅れて入って行く勇気がないので、朝から参加させていただきます。よろしくお願いいたします。
とりあえず「部活で俳句」を読ませていただきました。
飲み物了解ですが、昼休憩はどんな感じでしょうか?(買って食べる?外に食べに出る?持って行く?)

由野さ~ん 分からなければ迎えにでますよ!

今日は銀座SIX見て来ます。日比谷公園など新橋周辺も下見してきますね~
 

Re: 全く同じ句が!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月28日(金)10時01分30秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2242[元記事へ]

> 俳句ポスト365の第83回「不知火」の時に、「不知火やモールス信号解読す」という全く同じ句が二つ掲載されました。作者は亜茶子さんと私。亜茶子さんとは昨年10月の「街」20周年記念イベント後の懇親会でお会いすることができました。


http://haikutown.jp/post/results/20140911?type=results1

見つけました!

小市さん、やっぱりあるんですね!

17音と言う制約の中で詠もうとすると、「言葉の経済学」が否応なく働き、同じ発想だと、同じ言葉と語順になる確率が高くなる、そういうことですね。

俳句は発想も大事だけど、見た目も大事。

漢字にするか、ひらがなにするか、一字と言えどおろそかにしてはいけない。

いやあ、勉強になりました!

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

文女さん、と皆さんへ

 投稿者:はずきめいこ  投稿日:2017年 4月28日(金)10時00分17秒 sp49-98-144-225.msd.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  > 比々きの掲示板を、教えて頂き本当に感謝しております。
>
> はずきめいこ様に、
> 比々き様を紹介して頂きました。
> 比々き様の
> ツィッターからこちらのに招待頂きました。
>
> ありがとうございます。
>
> オノマトペ句会へも、勝手に参加して
> かをり様
> はずきめいこ様から○を頂きました。
> ありがとうございます。
> とても嬉しいです。
>
> 皆様のオノマトペの句には。驚きの発見!
> 今後の作句のヒントに
> させて頂きます。
>
> これからも、よろしくお願いいたします。
>

*文女さん、比々きさんの掲示版は日本全国のハイポニストの方が見てらっしゃるようですよ。

吟行や俳句のイベント、情報なども紹介されてますよ。

東京周辺の催しが多いですが、ネット参加出来るものもありますからね~~

文女さんはふみちゃんとお呼びして私が副幹事してる小さなネット句会(11人)のメンバーさんです。(ほとんどハイポの人)

私がご紹介するのも変ですが、

皆さん、よろしくお願いします。
 

写真のこと

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月28日(金)06時52分45秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.2232[元記事へ]

ありがとうございます。今から今日一日芥棄てて《何?)片づけして仕事して、やっと一息ついて
明日の朝でもいけるかもしれませんがよろしくお願いします!!

例によってなーんにもしない猫《結婚前の次女)と旦那がおりますので・・猫にえさを??あれ??28日の今日から一泊??やった!だんなも義母のお見舞い?29日朝から?やったあ!いけるかも??明日の朝。
写真があればアップしますね。でも予定は未定です。何せ今日の夕方6時まで働かされますので。
 

Re: 全く同じ句が!

 投稿者:小市  投稿日:2017年 4月28日(金)05時59分32秒 KD113148126127.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.2224[元記事へ]

俳句ポスト365の第83回「不知火」の時に、「不知火やモールス信号解読す」という全く同じ句が二つ掲載されました。作者は亜茶子さんと私。亜茶子さんとは昨年10月の「街」20周年記念イベント後の懇親会でお会いすることができました。

http://haikutown.jp/post/results/20140911?type=results1

 

Re: 全く同じ句が!

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 4月28日(金)05時03分35秒 sp1-72-9-193.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  > 是非吟行でお会いしたいです!
>
> 5月は27日(土)にあります。場所は多分新橋。
>
> 大西さん、そうでしたよね?
>

そうです。
詳細はこれからですが、蒸気機関車の前で待ち合わせて、後は自由、日比谷公園へ行っても好し、反対にゆりかもめに乗ってお台場・海の方へ行っても好し、あるいは銀座に行っても好し、最後に再度蒸気機関車に集合、にしようかと考えてます。
場合によっては、昼食も各自自由にしようかな?
推奨コースの案内を別途行います。
 

Re: 街 鍛練会

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 4月28日(金)04時51分49秒 sp1-72-9-193.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  > かながわ県民センター:地図

この写真立派過ぎ。もっと昭和を体現した、これ?みたいなビルです。
表に「かながわ県民センター」と大書してますので、それを信じて。
 

Re: 困った!!

 投稿者:宵嵐  投稿日:2017年 4月28日(金)03時20分44秒 p7cdba7a0.tokyff01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  > 宵嵐さん
>
> はじめまして、すな恵と申します
> もし良かったらついでに私のも写真撮って来ていただけないでしょうか?
> そちらには行けそうにないので…
> よろしくお願いいたしますm(_ _)m
>

剣持すな恵さんですよね。初めまして。
写真の件、はじめから全員分撮影して、コチラにアップするつもりでしたのでご安心ください。
比々きさん、以下同文ですw

http://drunkardrunner34.blog137.fc2.com/blog-entry-2370.html?sp

 

Re: 街 鍛練会

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月28日(金)00時44分32秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2225[元記事へ]

> 9時45分まで、かながわ県民センター1階に居ます。
> 怖い?恥ずかしい?人は同伴させて戴きます。
> かながわ県民センターは、ネットで引けば地図が出てきますが、横浜駅西口の広場の右側(高島屋は左側)の端を行くと、すぐ目の前にヨドバシカメラのビルがあるので、その手前を右に150mくらい行ったところです。


かながわ県民センター:地図

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 全く同じ句が!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月27日(木)23時22分32秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2235[元記事へ]

> > 俳ポの木曜「人」の中に、「あれっ、どこかで見た句が」と思って、送った句を見直してみたら、なんと!全く同じ句を私も送っていました!
> >
> > 違っているのは、平仮名か漢字かの違いだけ。
> >
> > 同じ時期に、同じことを、全く同じ言葉と語順で詠むという、これぞシンクロニシティ!
> >
> > こんなことってあるんですね!
> >
> >
> > 満開の花菜鋤きこむトラクター 直木葉子
> >
> > 満開の花菜鋤き込むトラクター 比々き
> >
> >
> 比々きさま
>   時々こちらの掲示板をのぞかせていただき、みなさまの情熱に
>  圧倒され、大いに刺激されています。この度のうれしい偶然には驚きました。
>  兼題を詠むのは苦手ですが、これからも類句類想を怖れず
> 「俳句に励み俳句に遊び」たいと思います。
>  またいろいろと教えてくださいませ。ありがとうございました?
>                                                                          東京      直木葉子


わあ、直木さん、書き込みありがとうございます!

同じ時期に、全く同じことを考え、しかも全く同じ表現で詠む人がいると知って、もう、どんな人か気になって、気になって(笑)

東京にお住まいなんですね!

是非吟行でお会いしたいです!

5月は27日(土)にあります。場所は多分新橋。

大西さん、そうでしたよね?

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 困った!!

 投稿者:すな恵  投稿日:2017年 4月27日(木)22時50分11秒 p531108-ipngn602kokuryo.gunma.ocn.ne.jp
返信・引用
  宵嵐さん

はじめまして、すな恵と申します
もし良かったらついでに私のも写真撮って来ていただけないでしょうか?
そちらには行けそうにないので…
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
 

Re: 全く同じ句が!

 投稿者:直木葉子  投稿日:2017年 4月27日(木)22時49分18秒 201.73.232.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  > No.2224[元記事へ]

> 俳ポの木曜「人」の中に、「あれっ、どこかで見た句が」と思って、送った句を見直してみたら、なんと!全く同じ句を私も送っていました!
>
> 違っているのは、平仮名か漢字かの違いだけ。
>
> 同じ時期に、同じことを、全く同じ言葉と語順で詠むという、これぞシンクロニシティ!
>
> こんなことってあるんですね!
>
>
> 満開の花菜鋤きこむトラクター 直木葉子
>
> 満開の花菜鋤き込むトラクター 比々き
>
>
比々きさま
  時々こちらの掲示板をのぞかせていただき、みなさまの情熱に
圧倒され、大いに刺激されています。この度のうれしい偶然には驚きました。
兼題を詠むのは苦手ですが、これからも類句類想を怖れず
「俳句に励み俳句に遊び」たいと思います。
またいろいろと教えてくださいませ。ありがとうございました?
                                                                         東京      直木葉子










 

俳句ポスト365 作品集2017が

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月27日(木)22時10分26秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  PDFでも読めます!↓

http://haikutown.jp/post/common/img/archive/pdf/archive_2017.pdf

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 困った!!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月27日(木)21時39分56秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2232[元記事へ]

> 大丈夫ですよ。私市内に住んでますので(笑)
> ちょっと四月は行けませんけど、連休中には行けますので、お任せください。


わあ、よかった!

宵嵐さん、よろしくお願いしますね<m(__)m>

よかったら、写真を掲示板にアップして頂けると、すごく嬉しいです!

「坂の上の雲ミュージアム」
http://www.sakanouenokumomuseum.jp/event/event/?id=692

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

Re: 困った!!

 投稿者:宵嵐  投稿日:2017年 4月27日(木)21時26分5秒 p7cdba7a0.tokyff01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  > なんとか激戦を通って菜の花で人があったときは本当に嬉しかったです。
>
> で、実はごめんなさい。雲の写真です。坂の上の雲ミュージアムに展示されるのが4月29日から5月21日まで。ここから松山まで車で2時間かかります。

大丈夫ですよ。私市内に住んでますので(笑)
ちょっと四月は行けませんけど、連休中には行けますので、お任せください。

http://drunkardrunner34.blog137.fc2.com/blog-entry-2370.html?sp

 

Re: 速報!!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 4月27日(木)20時16分6秒 softbank126015161027.bbtec.net
返信・引用
  > No.2227[元記事へ]

> 一句一遊を今、radikoプレミアムで聴いていたら、先日「蠅生まる」の時に書いたお便りが読まれました!!
> 「それ行けミーハー吟行隊」の事について書いたんだけど、先週読まれなかったからがっかりしていたら今日読まれました!!
> 人見直樹くんや葉音さんのお便りも読まれていたよ!!
> ますます俳句の種まきを頑張ろうと思いました。

「朧庵」から転載しますね。

■人見直樹からお便り
「はっはっは」って何だ?この笑い声は・・「組長!プレバト研究家としましては」いつからそんな肩書きを持ってるんですか?
「プレバト講演会」これプレバト講演会じゃなくて、プレバトカルチャースクールという名前だったと思いますねえ「名古屋と東京は必ず参加します」大阪でもやるんですけどねえ・・大阪にも来なさいよ
「先輩も連れて行くので安心してください」安心できないよ~!「ついに来たかっていう企画です。目標は75点狙います」と、あんたが狙うんですか!?まあ何でも良いから賑やかに来ていただいたら嬉しいですねえ

これも嬉しいですねえ
■かま猫からお便り
「組長!こちらそれ行けミーハー吟行隊関東支部です」そんなのが出来てるんですねえ「先日渋谷でサインいただいた垂れ幕」ああサインしたした。何か自分たちのね、垂れ幕ありましたねえ
「月に一度の吟行句会、徐々に参加者も増え、あっちこっちに出向いては楽しんでおります。どんな場所でも何かを見つけるいつき組句友には関心するばかり。4月は幹事を命ぜられ」うー凄いなあ
「上野の東京博物館に行くことになりました。上手くやれるかドキドキですが、楽しみたいと思います。NHK青山の句会ライブで組長が種蒔きの俄窓口に「かま猫~」と紹介してくださった方々が数人初めて来てくださいました。俳句の種蒔きのお手伝いになると嬉しいです」と。嬉しいですねえ

■宇都宮の葉音からお便り
「組長!4月から1年ぶりに教壇に立つことになりました。と言っても年に4日ほど」どんな教壇なんやろ?これ・・
「折角のチャンスをいただいたので、俳句の種蒔きのお手伝いが少しでも出来ればと思います。「楽しくなければ俳句じゃない」を子どもたちに伝えていきたいと思います」と。俳句の種蒔きがこうやって広がることが何より嬉しいことでございますねえ。よろしく頼みますよぉ

https://blogs.yahoo.co.jp/nonsyaran1223

 

dolceさん

 投稿者:すな恵  投稿日:2017年 4月27日(木)20時04分54秒 p531108-ipngn602kokuryo.gunma.ocn.ne.jp
返信・引用
  写真お願いしたの私だと思うので…
ついでがあったら、ということだけですので、無理しないで下さいね!
お忙しいなか、お体だけは大切になさって下さい♪
 

困った!!

 投稿者:dolce(ドルチェ)@地味ーず  投稿日:2017年 4月27日(木)19時09分21秒 ZV148170.ppp.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  なんとか激戦を通って菜の花で人があったときは本当に嬉しかったです。

で、実はごめんなさい。雲の写真です。坂の上の雲ミュージアムに展示されるのが4月29日から5月21日まで。ここから松山まで車で2時間かかります。

松山に近いのは私なんですが・・

5月21日が末っ子の顔合わせで、5月3,4,5日は旦那さんとGWで京都にいきますし、5月7日日曜も14日日曜も、顔あわせと両家の身内だけの結婚式の準備のため、とても松山いけません。いつも仕事を土曜の夕方までしていますし、月から土まで仕事。しかも松山まで遠いし・・・4月29,30日もちょっと無理と思います。雲の「展示」どのたか写真を撮ってくださいませんか?いけるとしたら初日の4月29日の午前中になります。それを逃したらアウトですので・・
 

レンタル掲示板
/45