teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(38)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


組長の作句信条

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月21日(木)12時08分30秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  「角川」2017年6月号付録「現代俳人名鑑Ⅱ」より

①季語の現場に立ち、五感で季語と交信する。

②5音分、3音分のリアリティ、オリジナリティを追求する。

③表現したい内容に合わせた型、調べを選びとれているか、客観的に検証する。

④作ることも読むことも楽しむ!
 
 

Re: 「けり」=気づき

 投稿者:ひでやん  投稿日:2017年 9月16日(土)00時50分25秒 p462141-ipngn200409matuyama.ehime.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.4070[元記事へ]

比々き様

この「けり」の解説は、納得の解説でした。
大野晋氏の本、専門書なので、普通の書店には置いてないみたいです。
あ、図書館で借りるという方法もありますね。(;^_^A

> 「けり」が「気づき」の詠嘆を表すというのは、大野晋さんの見解ということですね。
>
> 「や」「かな」が詠嘆なのは分かりますが、「けり」までが「詠嘆」だとは思っていませんでした。
>
> これで、なぜ「や・かな・けり」といつも併称されるのか、納得がいきました。
>
> それはさておき、俳ポ「鰯」の地選、おめでとうございます!
>
>  鰯焼く煙国見の煙かな ひでやん
>

ありがとうございます。
超久しぶりの地選でした。「鰯」で焼く煙の句はたくさんありそうでしたし、昨日「人」にも「並」にもなかった段階で、全没覚悟しておりました。うれしゅうございます。
 

Re: 「けり」=気づき

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月15日(金)13時06分35秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  > No.4069[元記事へ]

「けり」が「気づき」の詠嘆を表すというのは、大野晋さんの見解ということですね。

「や」「かな」が詠嘆なのは分かりますが、「けり」までが「詠嘆」だとは思っていませんでした。

これで、なぜ「や・かな・けり」といつも併称されるのか、納得がいきました。

それはさておき、俳ポ「鰯」の地選、おめでとうございます!

 鰯焼く煙国見の煙かな ひでやん


> こんにちは。
>
> > 『詠嘆「けり」とは「気づき=その事実は過去からあったのに、今ハッと気づいた」というニュアンス。』(ひでやんさん)
>
> と書いていただいているのですが、
> 詠嘆「けり」が「気づき」のニュアンスであるという解説は、「夏越」の週に、大野晋先生著「日本語の文法(古典編)」の中に書いてある解説ということで、組長が、私の投稿に対するコメント内で紹介されたものです。元は日本語研究の巨匠のお言葉ですので、あまりに恐れ多いことでして、書き込みさせていただきました。失礼しました。
 

Re: 「けり」=気づき

 投稿者:ひでやん  投稿日:2017年 9月14日(木)22時48分17秒 p462141-ipngn200409matuyama.ehime.ocn.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。

> 『詠嘆「けり」とは「気づき=その事実は過去からあったのに、今ハッと気づいた」というニュアンス。』(ひでやんさん)

と書いていただいているのですが、
詠嘆「けり」が「気づき」のニュアンスであるという解説は、「夏越」の週に、大野晋先生著「日本語の文法(古典編)」の中に書いてある解説ということで、組長が、私の投稿に対するコメント内で紹介されたものです。元は日本語研究の巨匠のお言葉ですので、あまりに恐れ多いことでして、書き込みさせていただきました。失礼しました。

 

「けり」=気づき

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月12日(火)11時28分3秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  今日の俳ポ「俳句道場」の「俳句文法研究部」より。

http://haikutown.jp/post/results/20170727?type=dojo

『詠嘆「けり」とは「気づき=その事実は過去からあったのに、今ハッと気づいた」というニュアンス。』(ひでやんさん)

「それまで自分が知らなかった事実に気づいた。」(桃猫雪子さん)

※何でもかんでも「けり」を付ければいいんじゃないんだね。

「けり」は「気づき」があって、それを詠むときにだけ使う「切字」。

「句姿」を良くするためとか、キリッとした「俳句らしい」印象のためとか、そんな理由で使うものじゃないし、ましてや、ただの完了じゃないんだね。

はあ~勉強になる~
 

「写す」ということ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月11日(月)14時00分48秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  「岸本尚毅の俳句一問一答」より。

72p~

 何かを「写す」という行為は、それが模写である以上、模写は本物を超えられないという宿命が付きまといます。(略)どこまで行っても近似値としてのもどかしさから逃れられません。従って、近似値であることから脱却するためには、どこかで発想を転換する必要があります。

(略)作品が対象の模倣あるいは再現であっては面白くありません。すぐれた絵画は対象の面影はとどめてはいるものの、対象から独立した美的秩序を備えています。その端的な例が、目に映る情景を色の面として再構成したマネやマチスの絵や、物のかたちを円柱や球などの立体図形に置き換えたセザンヌやピカソの絵です。

俳句もまた、何かを記録したり伝達する手段ではなく、俳句であることそれ自体に何かの必然性を感じるものであるべきです。

寒鯉はしづかなるかな鰭を垂れ 水原秋櫻子
寒鯉の背鰭の水はぬめりけり 斎藤夏風

この二句を読んだ時の印象を比べてみましょう。「しづかなるかな鰭を垂れ」の方が、見たままを「写す」ことに終始しているように感じられますが、精巧な模写という印象は免れません。言葉による模写では、本物の存在感を完璧に再現することはできないという俳句の宿命的な限界を、私は感じるのです。

一方の「背鰭の水はぬめりけり」は、「背鰭の水」「ぬめりけり」という一見強引な表現を使ったことによって、本物より本物らしい寒鯉を描き出すことに成功しました。

「しづかなるかな」「鰭を垂れ」といった表現は、作者の得た寒鯉の印象を言葉で追いかけようとしています。いわば「追跡型」の描写といえましょう。

一方の「ぬめりけり」はどうでしょうか。鯉の背鰭に当たる水の質感を「ぬめりけり」といったわけですが、この表現は「追跡型」の描写で得られるものとは思えません。むしろ作者の心の中に一瞬の飛躍があって「ぬめる」という言葉が浮かんできた、それを眼前の寒鯉の姿に当てはめてみたら、結果的にぴったりだったのではないでしょうか。「ぬめりけり」という言葉が浮かぶ瞬間は、作者は眼前の鯉を見てはいません。作者は作者の脳裏にある言葉の海の中から、寒鯉を最も寒鯉らしく見せる言葉を探していたのです。そうやって得られた「ぬめりけり」という言葉を罠のように仕掛けておいたところ、見事に寒鯉が掛かったのです。私はこのような事例を、ひそかに「待ち伏せ型」の描写とよんでいます。

言葉とはしょせん近似値です。「追跡型」の描写には限度があるのです。そこで私は「待ち伏せ型」の描写を提案します。眼前の景色を前にしていったんは目を閉じ、言葉だけの世界の中で再構成して得られた言葉が本物をより本物らしく見せる可能性に賭けるのです。



 

俳句らしさは、どこにあるか

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月11日(月)13時11分59秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  岸本さんの『俳句一問一答』では、次のように書いてあります。

66p~69p

俳句は十七音の短い詩です。短いがゆえに宿命的に寡黙とならざるを得ず、「余情」「閑寂」を志向せざるを得ません。言葉が少ないゆえに、一字一字をゆるがせにしない「表現への繊細な配慮」が必要です。

 虚子は選句について次のように述べました。

「俳句らしいものと、俳句らしくないものとを区別する。その思想の上から、又その措辞の上から。思想の上からは大概なものは採る。非常に憎悪すべきものは採らない。措辞の上からはもっとも厳密に検討する」(「俳句への道」)。

 虚子は、俳句らしい措辞であれば少々「憎悪すべき」思想の句であっても採る、というのです。また虚子の弟子の波多野爽波は、「写生の世界は自由闊達の世界である」と述べました(句集「舗道の花」)。

 こうした言葉からうかがわれるのは、俳句の内容(思想)は自由でよいという考え方です。さらに言えば、俳句の俳句らしさ(固有性)は措辞にあり、俳句の多様性は内容(思想)にある、という考え方です。

※措辞:言葉の使い方や辞句の配置の仕方

 俳句も芸術の他のジャンルと同様、俳句はこうでなければならないという固有性と、あんな俳句もあればこんな俳句もあるという多様性と、その両面があります。

 私自身は、「わび、さび」といった理念も、俳壇の評価も、何も気にせずに、ただ自由気ままに俳句と向き合っていきたいと考えています。

 

よく本を読んでいますねえ

 投稿者:天地わたる  投稿日:2017年 9月11日(月)05時31分35秒 59-166-128-18.rev.home.ne.jp
返信・引用
  岸本尚毅さんがよく言う虚子の「もの」論については深い感銘を受けています。

「もの」という茫漠とした広がりとおおざっぱさに俳句の根源を見ています。

藤田湘子が晩年惹かれた虚子の得体の知れぬ深さは「もの」という言葉に集約されるのだろうと

ぼくは岸本さんの虚子論をみて思っております。
 

句作のスランプ脱出法

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 9日(土)18時41分54秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  『岸本尚毅の俳句一問一答』(NHK出版)より要約。168p~

スランプとは:俳句の発想が凝り固まり、何を見ても陳腐な発想しか浮かばない、良い言葉が出てこない、新しい物の見方ができない状態。

脱出法:
①題詠
 ・一つの季語でできるだけ多くの句を作る。選ぶ季語は、その季語の生活経験があり、自分の体験から連想を広げられるもの。
 ・季語が決まったら、その季語にまつわる色々な場面を想像する。いつ・どこで・だれと・どんな…想像を膨らませる。
 ・嘘も方便。とにかく沢山作る。多くの句を作っているうちに、次第に凝り固まった思いが解きほぐされてゆく。
 ・「1時間に5句」、など締め切りを設け、自分を追いつめる。そうすると、自分の殻を破る発想が出てくる。
  時間の制約なしにゆっくり考えると、発想は固着しがちになる。

②吟行
 ・自分の感興を誘う季語、好きな季語を使うことを目的に吟行する。
 ・とにかく沢山作る。沢山書き捨てているうちに、自分の中の既成概念が洗い流され、予想もしなかった発想の句が生まれる。

③名句鑑賞
 ・先人の名句に触れることが、自分の発想力を高める。
 ・読む力が高まると、比例して作句力も高まる。
 ・衰えていた俳句の感性を取り戻すことができる。

 

聖さんのツイッター語録

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 9日(土)17時26分16秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  「季語が古い情趣で括られて虐待されている。季語を今の空間の中で新しい情趣を着せてやろう。新しい季節の言葉も連れてこよう。」

「掟やぶりを売りにしていた人が加齢とともに掟遵守に傾くのは処世の術。掟遵守の人がずっと掟遵守を通すのは凡才。掟やぶりの人がずっと掟やぶりを通すのは妄執かやけくそ。掟遵守の人が加齢とともに掟やぶりに傾くのは稀有なこと。呆けでなければ天才だ。」

https://twitter.com/imaisei
 

高柳克弘さんの言葉

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 9日(土)17時00分27秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  『名句徹底鑑賞ドリル』(NHK出版)より、心に留まった言葉を。

26p~
意外性は俳句の命

寺山修司の〈初蝶の翅ゆるめしがとゞまらず〉も「翅をゆるめてとゞまれる」では、当たり前。「ゆるめしがとゞまらず」の逆接が、意外性を生んでいます。むやみに奇を衒(てら)う必要はありませんが、一句のどこかに意外性や飛躍があると、読者はその前で立ち止まってくれます。

30p~
類想のない句を

おそるべき君等の乳房夏来る 西東三鬼

俳句では一般に、感情的な言葉は入れない方が良いとされていますが、意外性のある使い方をするのであれば、感情表現が生きる場合もあります。「乳房」は一般には愛でるものであり、「おそるべき」という形容詞が付くのには飛躍があります。こうした感情を抱く作者の人物像に読者は関心を引かれ、句の世界に引き込まれていくのです。

ありがちな発想や着想を、類想といいます。俳句では、なるべく自分ならではの発想が求められます。類想が生まれるのは、俳句を作ろうという目で世界を見てしまうから。藤田湘子は、これを「俳句めがね」と称しました。三鬼は「俳句めがね」を取り払った一生活者としての目でありのままの世界に向き合い、猥雑なものも句に詠んでいます。

34p~
五感を使って詠もう

近代俳句の祖、正岡子規は「写生」という方法を強調しました。たしかに俳句は「見る」ということが基本にあります。ただ、目に見えることだけを追求していったら俳句は痩せてしまうでしょう。

48p~
現実を歪める

蟻の道雲の峰より続きけん 一茶

いくら蟻の道が長いとは言っても、現実的には雲の峰から続いているわけはありません。大袈裟に表すことで、かえって対象の本質に迫れることもあります。この句も、オーバーに表したからこそ、営々と荷を運ぶ蟻の逞しさを表現し得たといえます。
現実を歪めて、物事を大袈裟に表現してみることも、有効な詩の方法です。ただ、行き過ぎは禁物。たとえば俳句では「大夕焼」「大花野」と、季語に「大」をつけて誇張することが多いのですが、残りの十二音も相応に力のこもったフレーズでないと、空虚な措辞になってしまいます。

58p~
文体の挑戦

夏草に汽罐車の車輪来て止る 山口誓子

この句は「夏草や汽罐車の車輪来て止る」「夏草に汽罐車の車輪止りけり」「夏草に汽罐車の車輪止るかな」など切字を用いて表現することもできたはずです。しかし、時代に肉薄した新しい表現を求める誓子は当時、あえて「や」「かな」「けり」といった切字を使わない句の形を模索していたのです。

切字は、俳句らしい調べを確保し、俳句の本質である切れをもたらすものです。しかし、切字ばかり使っていては、同じような文体の句になってしまいます。誓子はあえて切字を避けることで、独自の文体を作り出しているのです。

俳句は花鳥諷詠の詩と一般に言われていた時代、汽罐車を俳句に詠んだのは、画期的でした。誓子は法廷やダンスホール、スケート場など、俳句とは一見縁遠い場所に行き、新素材を開拓しました。さて現代の私たちは、時代に合った新しい題材に挑戦しているでしょうか?誓子の果敢な開拓精神に学びたいですね。

62p~
魅力的な謎

乳母車夏の怒涛によこむきに 橋本多佳子

さまざまな情景が連想されます。この乳母車には赤ん坊が載っているのか、いないのか。或いは、乳母車は波打ち際に置かれているのか、それともある程度距離があって、遠景として夏の怒涛があるのか。そもそも、これはたまたま見かけた景なのか、自分とかかわりのある乳母車であるのか。
 これらの詳細について、はっきりしないところが、かえってこの句では魅力になっています。というのも、なぜ乳母車がこのようなところに置かれているのかという、理由や背景の分からない謎めいたところが、読者の心をザワザワと波立たせ、一句の持っている危機感を加速させているのです。そういう意味で、現実の情景を写したように見えながら、シュールレアリズムの絵画に近い趣もあります。
 (略)突拍子もない景色の裏に、どんな事情を想像するのかは、読者それぞれに委ねられています。赤ん坊のか弱さといったような、わかりやすい主題があるわけではないのです。多義的で謎めいていることは、俳句にとっては幾度も読んで想像を楽しめるという、美点になるのです。

70p~
季語だけを詠む

季語のことだけを詠む場合には、切り口の新しさが求められます。季語は先人たちによって多く詠まれているので、それを踏まえて、自分なりの切り口を探すことになります。成功すると、季語が新生したような感動を読者にもたらします。

84p~
共通点を探る

秋風や模様の違ふ皿二つ 原 石鼎

季語に何か別の題材を加えて詠むのが取り合わせで、季語のことだけを詠むのが一物仕立てです。この句の場合には、季語の「秋風」に対して、同じく寂しさを誘うものとして、「模様の違ふ皿二つ」というフレーズが取り合わされています。季語の持っている情感と共通点のあるものや、逆に対比的なものを取り合わせるのがコツです。

92p~
対比的に詠む

芋の露連山影を正うす 飯田蛇笏

この句のポイントは、「芋の露」と「連山」とを一句の中で対比させた点にあります。近くの「芋の露」に遠くの「連山」を配することで、広大な風景が描き出されています。さらに、すぐに干上がってしまう「露」と対比されることで、いつまでもそこにあり続ける「連山」の永遠性が強調されています。同時に、儚い露が、山々に匹敵するほどの強さと確かさを具えているかのように感じられます。あまり人に顧みられることのない畑の「芋の露」が、この一句の中では崇高な輝きを放っています。

106p~
対象を絞る

大榾をかへせば裏は一面火 高野素十

十七音しかない俳句では、たくさんのことを詰め込んでしまうと、結局何を伝えたかったのか、分からなくなってしまいます。対象を一つに絞り、その背景に何があるのかは、読者に委ねて自由に想像してもらうというぐらいが、ちょうどよいのです。
 (略)些末であることはマイナス点であると、本当にいえるのでしょうか。素十は省略の作家です。言葉の上でも省略を効かせていますが、題材の取捨選択の上でも、極限まで絞りこんでいます。省略は余白を生みます。一点に絞ることで、逆にその背景に無限の広がりが感じられるのです。

114p~
一語の重み

蝶墜ちて大音響の結氷期 富澤赤黄男

「蝶落ちて」と書くのが一般的でしょう。「蝶墜ちて」の「墜」からは「墜落」や「失墜」の言葉も思い出され、痛ましさが強調されます。(略)現実の蝶と言葉の蝶は同じではありません。よく写生しなさいと言われますが、現実そのままでは詩にならないのです。俳句は言葉で成り立っている詩です。氷の世界にいるはずもない「蝶」も、詩の世界においては、蝶としてあることができます。言葉によって独立した詩の世界を作りだそうとした赤黄男の、言葉への強い思い入れが「墜」の一字にも窺えます。
「僕は、現実を一度ばらばらに壊して、新たな、僕の現実を創ろうとする。(中略)この意味で、確かに僕はリアリストである」(「雄鶏日記」)と述べています。この句は超現実的な一句ですが、単なる絵空事ではありません。死の重みの現実を、確かに捉えているのです。

122p~
読者に考えさせる

羽子板の重きが嬉し突かで立つ 長谷川かな女

俳句の決まり事として、嬉しいとか悲しいといった感情表現は使わない方が良いと言われます。ところが、この句では「嬉し」と、あらわな感情を表しているのが目をひきます。
 感情表現がよくないのは、梅雨の晴れ間が嬉しいとか、秋風に吹かれたらさびしいとかいったように、当たり前の感想になってしまいがちだから。意外性があれば、感情表現がむしろ有効な時もあります。
 「羽子板が重い」ということは、扱いにくいものを持たされているわけですから、ふつうに考えれば、あまり嬉しくないことです。子供だったら、抛りだしてしまうかもしれません。でも、この句の主人公である少女は、むしろ「嬉し」と喜んでいます。その意外性が、少女はどうして「嬉し」と感じているのだろうと読者に考えさせ、一句への関心をグッと高めているのです。

128p~
無内容の美

一月の川一月の谷の中 飯田龍太

(略)この句は、何が述べられているか(内容)よりも、どう述べているか(形式)という点に工夫があるのです。
(略)この句は名詞と助詞だけで出来ていて、動詞や形容詞が一切用いられていない、きわめてシンプルな句です。単純で簡潔な形式からは、何かを伝えたい、表現したいという作者の欲求を、ほとんど感じさせません。
(略)数字を使った「一月」はそっけなくあまりめでたい感じがしません。(略)加えて、谷の中に川があるというのも当たり前で、あまりに意味がありません。
 情緒や意味がないとはいっても、やはりこの句の魅力には、春がはじまる前の荒涼感や空虚感、あるいは日本の典型的な山河への思いが関わっていることも確かでしょう。ただ、そういった情緒や意味を限りなくゼロにまで近づけています。そのことで形式そのものを際立たせているのです。
 言葉は意味の伝達手段です。そして俳句も言葉でできている以上、意味を完全に排除することはできません。ただ、俳句では、意味だけではなく、言葉の質感や、音楽的側面などが、通常の文章(散文)より重んじられる傾向があります。
(略)意味の世界で生きている私たちにとって、ほぼ形式だけで成り立っているこの句の存在は驚きをもたらし、俳句とは何かについて考えさせます。それこそがこの句の魅力といえるでしょう。

132p~
高難度の技・比喩

一枚の餅のごとくに雪残る 川端茅舎

(略)魅力的な比喩には、意外性と共感性、その両方が求められます。
 比喩はありきたりにならないように注意が必要です。たとえば「紅葉のような手」「真綿のような雪」などの誰もが思いつく安易な発想に依ることなく、自分だけの比喩表現を見つけたいものです。
(略)短い俳句では、比喩を使うと、その新鮮さの一点のみで、良しあしが決定されます。

138p~
作者にとっての真実

梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太

通俗化した江戸時代末期の月並俳句からの脱却のため、正岡子規は写生の有効性を説きました。対象をありのままに写しとるのが写生ですが、現代の私たちは、もっと空想の働きを見直してもよいのではないでしょうか。そもそも、現実と空想とは、明確に分けられるわけではありません。この句の「鮫」は、想像の産物ですが、しかし作者の感じた真実には違いないのです。
(略)「来る如く」などと比喩を使うのではなく「来ている」と断定したことが効果的です。超現実的なイメージを、今まさに目の前で起こっている現実のように表現したことで、句の言葉に迫力が生まれています。
 春先の野山に満ちていく命のエネルギーを、梅と青鮫との渾沌とした超現実的イメージによって表現した一句です。自然界の命と十七音によって交感しようとする、「生きもの感覚」を提唱する兜太の、代表句の一つです。

140p~
季語に自分を重ねる

落椿われならば急流へ落つ 鷹羽狩行

桜の儚さを女性の美の衰えやすさに喩えたり、螢火に恋心を託したりといったように、自然物に自分を重ねる手法は和歌の時代からあります。季語に自分を重ねる際には、こうしたパターンにとらわれないで、意表を衝くものを選ぶと良いでしょう。


 

Re: 聖さんのツイッター語録

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 3日(日)15時21分28秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  > No.4057[元記事へ]

> 創作の現場は、常識も非常識も無いゼロ地点である筈なんですから。


芭蕉が「俳諧は三尺の童にさせよ」と言ったのも、要はそのことだよね。

生まれたての赤ちゃんのように、何の先入観も、色も付いていない白紙の目で物事を見ると、どんな風に見えるか?

きっと何もかもが新鮮で、発見と、驚きの連続なんだと思う。

逆に、驚きと感動がない自分に気づいたら、自分が深く世の中に迎合し、染まり過ぎているということなのかもしれない。

大人が見ている現実と、赤ん坊が見ている現実とでは、まるで違う。

大人は、知らず知らずに洗脳されていて、先入観で物事を見てしまいがち。

「赤ちゃんには、どんな風に見えているのかな?」、そう問うてみるだけでも、何かが変わる。

そのためにも、自分の感覚に真っ正直になることが大事。

共感を得るために、自分の感覚に嘘をついて、他の人の感覚に合わせる必要などさらさら無い。

そんなことをしたら、芸術は、俳句は死ぬ。

他の人がどう思おうと、自分にはこう見える、こう感じる、それを大事にするところから、俳句は始まるような気がする。


 

Re: 聖さんのツイッター語録

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 9月 3日(日)12時30分31秒 sp1-79-89-82.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  > 「奇人も変人も許せるけど、常識人の胸を張った句は見たくない。」
>
>  https://twitter.com/imaisei
>
> ※全くもって同感!
>
> なぜなら、「常識を常識として疑わない凡人発想」を抜け出し、常識を「本当にそうなのか?」と「疑う」ところから生まれるのが「俳句」だから。

それはそうです。全くその通りと思います。
さらに言えば、恐れるべきは、非常識の常識と思います。
創作の現場は、常識も非常識も無いゼロ地点である筈なんですから。
 

聖さんのツイッター語録

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 2日(土)12時41分30秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  「奇人も変人も許せるけど、常識人の胸を張った句は見たくない。」

 https://twitter.com/imaisei

※全くもって同感!

なぜなら、「常識を常識として疑わない凡人発想」を抜け出し、常識を「本当にそうなのか?」と「疑う」ところから生まれるのが「俳句」だから。
 

Re: イラストすばらしいです

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 2日(土)11時42分11秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  > No.4054[元記事へ]

わたるさん、ありがとうございます!

俳句は、読者との共同制作の一面があるので、読者や選者が想わぬ読みをしてくださると、それだけで作者としては「ばんざ~い!」、作った甲斐があったというもの。

八木健さんは滑稽俳句協会の会長で、滑稽こそ俳句の神髄と信じておられるので、それがそのままイラストになってる感じ。

句が無くとも、このイラストそのものが、俳句ですよね。

蕪村が見たら、きっとニコニコ笑いながら、健さんに握手を求めに行くんじゃないか、な~んて妄想したりしています(笑)



> 比々きさん、おめでとうございます。
>
> 八木健さんのイラストはいいですね。小生もお願いしたいくらい。
>
> 俳句より絵がいいとは申しませんが、ときに選者の句評のほうが作品よりいいんじゃないか
>
> ということもありますね。俺そこまで考えていねーぜ、と一人苦笑することもあります。
>
> それも俳句をする楽しみといえるでしょう。
 

イラストすばらしいです

 投稿者:天地わたる  投稿日:2017年 9月 2日(土)09時59分50秒 59-166-128-18.rev.home.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、おめでとうございます。

八木健さんのイラストはいいですね。小生もお願いしたいくらい。

俳句より絵がいいとは申しませんが、ときに選者の句評のほうが作品よりいいんじゃないか

ということもありますね。俺そこまで考えていねーぜ、と一人苦笑することもあります。

それも俳句をする楽しみといえるでしょう。
 

Re: 特選おめでとうございます!

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 9月 1日(金)16時55分52秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  > No.4051[元記事へ]

めぐるさん、ありがとう!

八木健さんのこのイラスト、ほんとインパクトあり過ぎだよね(爆笑)

愚陀仏庵は、このイラストがひたすら欲しくて投稿しています。

そうそう、明日から11月5日まで、神奈川県立アースプラザで八木健さんのイラスト展があります。

詳細はポスターで。

誰か一緒に行かないかなあ。


> 比々きさん、特選おめでとうございます!
> んもうイラストが・・・インパクトありすぎて・・・
> この女形をやってる人、村でも人気者なんだろうなとか、
> 悲恋もののハズなんだけど爆笑なんだろうなとか、
> 平和で気のいい人ばかりの村を想像しました~。
> 私は今回全没だったので、次回は掲載されるように頑張ります!!
>
> そうそう、『一句一遊』水曜日おめでとうです!
> こちらは1日遅れ、木曜日に読んでもらえてホっとしました~!
> 『一句一遊』は時間差攻撃(?)があるので、最後まで希望を持てて楽しいですね(^^)
 

特選おめでとうございます!

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 8月31日(木)22時49分11秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、特選おめでとうございます!
んもうイラストが・・・インパクトありすぎて・・・
この女形をやってる人、村でも人気者なんだろうなとか、
悲恋もののハズなんだけど爆笑なんだろうなとか、
平和で気のいい人ばかりの村を想像しました~。
私は今回全没だったので、次回は掲載されるように頑張ります!!

そうそう、『一句一遊』水曜日おめでとうです!
こちらは1日遅れ、木曜日に読んでもらえてホっとしました~!
『一句一遊』は時間差攻撃(?)があるので、最後まで希望を持てて楽しいですね(^^)
 

愚陀仏庵インターネット句会

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月31日(木)14時04分43秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  愚陀仏庵の投稿をしようとしたら、7月分が早々と結果発表になっていました!

http://www.bansuisou.org/haiku/kekka.html

そして、なんと!「特選」に(たぶん)過去最多、ズラリとハイポニストのお名前が!


 口紅のをとこ泣きをり村芝居 比々き

 むずがる児乳含ませて遠はなび はずきめいこ

 ビール飲むいくらでもある飲む理由 かをり

 米を作れず向日葵百万本 葦たかし

 金魚売金魚と水を売つてゐる 石川焦点


「秀逸」、「入選」にも、お馴染みのハイポニストのお名前がズラリ!

選に入られた皆さん、おめでとうございます!
 
 

聖さんのツイッター語録

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月30日(水)15時11分2秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  「とりあえず技術を最低限身につけねばと入門書に取り組んで俳句のコツとツボを知ろうとする。コツとツボの習得だけで何十年も費やして個性を出す前に骨壺に入る。」

 https://twitter.com/imaisei
 

最近の気になる言葉:その1

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月30日(水)15時05分10秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  正木ゆう子著『現代秀句』(春秋社)より、心に留まった言葉をお裾分け。

12p
  階段が無くて海鼠の日暮かな 橋 閒石

(略)この場合、階段の無いことと、海鼠の日暮との間には脈絡がない。この句はナクテナマコノと一見すんなり繋いで読めるように見えるが、じつは「無くて」と「海鼠の」間に深い断絶があるのである。間隙は狭く深い。
 閒石は「詩の本領は重層の曖昧さにある」と言ったが、この句などその典型といっていいだろう。百人いれば百人の違った解釈の可能な、重層的な句である。


32p
  季(とき)すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎

(略)「音もなく」がいかにも気の乗らないようすを表して、わびしい限りの句。およそ詩になるような要素は何もない。しかしこう言われてみると、こんな一齣も人生の味わいのうちと思えてくるから妙なもので、俳句の面白さはこんなところにもある。
  浜茶屋を毀つ始終を見てゐたり
 この句も同様。こんな場面に遭遇しても普通は詩想など湧かないにちがいない。しかしそれを句に詠むことで生じるある味わい。「若い頃には素材というものをかなり重要に考えたが、七十を過ぎると俳句は表現に心を砕くことが大切なことがわかった」と作者は書いている。登四郎は新しい素材を開拓するのではなく、誰も詠まないような場面を、表現の力で意味ある場面に変換することをこのころ盛んに試みていたようだ。
  散りしぶる牡丹にすこし手を貸しぬ
 こういうことは誰にもあるかもしれない。しかし俳句にはならない場面として通り過ぎていたのではなかったか。(後略)


33p
  霜掃きし箒しばらくして倒る 能村登四郎

 登四郎が「うんと陳腐なつまらない材料で作ってみようと思ったの」と弟子たちに語った一句。素材は箒だけ。立てかけてあったそれが倒れたというだけの句である。
 箒の句でありながら、しかしこの句には全く日常の匂いがしない。それはまず「霜掃きし」の上五のせいであろう。「霜」の語が一句全体にある厳しさと清潔感をもたらしている。落葉を履いた箒ではだめなのだ。
(中略)
 箒の倒れる瞬間、世界は静まりかえり、箒は日常のベールを脱いで思わぬリアルな存在を顕現する。生命があろうとなかろうと、実存的瞬間が、そのものの上にやってくる。俳句形式はこんな瞬間を掬うためにこそある。


35p
 「真の伝統作家というものは明日への創造をなし得る人であって、明日への方策のないものは真の伝統作家とは呼べない」「伝統ということばには、保守という言葉より創造という言葉を用意しなければならない」(『伝統の流れの端に立って』より)。
 この言葉どおり、常に新しさを求めて九十歳を過ぎても俳句を作り続けた師であった。



 

Re: 第20回俳句甲子園優秀句

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月24日(木)11時53分36秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用
  > No.4046[元記事へ]

> 比々きさん、こんばんは!
> 「俳句甲子園」ネット配信で観ていましたーーー凄い熱気でしたね!!!
> なんか、刺激を受けすぎたのか、2日ほどボーっとなってしまいました(^^;


★めぐるさん、私も二日間齧りついて観てましたよ。
開成や幸田のディベートを聴いて、よくまあ即座にここまで語れるもんだ、と感心しきり。

「俳句とは何か」を知っていなければ言えない、核心を突いた言葉の数々、障子貼りも自らやって、体でつかみ取る季語体験、それを自らに課す開成の、頭だけではない10回もの優勝を勝ち取る本物の底力を感じさせられましたね。

付け焼き刃でない日頃の努力、それは決して裏切らない、そうあらためて確信しました!


> そして比々きさん&わたるさん、『NHK俳句』テキスト9月号掲載おめでとうございます!
> 来月も楽しみにしています(^^)

わあ、朗報ありがとうございます!
早速図書館に行って確かめなくちゃ、です!
 

Re: 第20回俳句甲子園優秀句

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 8月24日(木)01時38分39秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.4039[元記事へ]

比々きさん、こんばんは!
「俳句甲子園」ネット配信で観ていましたーーー凄い熱気でしたね!!!
なんか、刺激を受けすぎたのか、2日ほどボーっとなってしまいました(^^;

そして比々きさん&わたるさん、『NHK俳句』テキスト9月号掲載おめでとうございます!
来月も楽しみにしています(^^)

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/

 

またまたなりすまし

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月23日(水)18時08分25秒 softbank060071136018.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ある方から「俳句の種撒」さんの「天地わたるさんの句が読売俳壇に入選」の書き込みが、「悠」さんのリモートホストのアドレスと同じである旨ご指摘いただきましたので、削除させていただきました。

ご指摘感謝いたします。



 

競馬場吟行、次回9月9日 ひこばえ句会

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)  投稿日:2017年 8月22日(火)18時43分49秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  競馬場吟行は、欠席致します。
義母の三回忌でした。

ひこばえ句会9月9日
は、実家で食事会が有るらしいのでお休みします。

以上です。

水間澱凡(みずまおりぼんm(__)m)
 

ひこばえ句会参加費について

 投稿者:天地わたる  投稿日:2017年 8月21日(月)17時10分11秒 59-166-128-18.rev.home.ne.jp
返信・引用
  係りが面倒がってまとめて徴収していたようです。

あまりに前近代的でありそんな先のことは生死さえわかりませんからやめさせます。

参加したつど1000円を支払うということにします。

次回のひこばえ句会は9月9日、13時から、田無公民館で行います。

ふるってご参加くださいますように。
 

ひこばえ句会は9月9日です

 投稿者:天地わたる  投稿日:2017年 8月21日(月)17時05分43秒 59-166-128-18.rev.home.ne.jp
返信・引用
  13時開始、場所は田無公民館です。

参加費の支払いは、1回ごとにいたします。
係りが面倒がって一括前払いを習慣にしていたようですが、それでは出席する人の負担が
大きいのでやめさせます。

映画館へ入るときのように一回ごと1000円を係りに支払うことにします。
当然のことですね。妙な慣習があったことに驚いています。
 

第20回俳句甲子園優秀句

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月21日(月)13時00分43秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  最優秀句は10回目の優勝をもぎとった開成高校岩田奎さんの「旅いつも雲に抜かれて大花野」でした。

そのほかの各審査員選優秀句、入選句は下記より見ることができます。

http://www.haikukoushien.com/list/wp-content/uploads/2017/08/hyoushou.pdf
 

Re: ひこばえ句会参加費

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月21日(月)12時52分3秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  > No.4037[元記事へ]

澱凡さんへ

先程わたるさんに電話でお訊きしたら、彼自身は参加する時だけ参加費を払うという今までのやり方でいい、という考えのようで、参加費前納は、世話人さんが「毎月参加」が確実な方にだけ声を掛けてやっているやり方だそうです。

1回ごとの徴収にするよう世話人さんと話し合って、結果を掲示板に書き込んで下さるそうですので、しばらくお待ちください。
 

ひこばえ句会参加費

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)ひこばえ  投稿日:2017年 8月21日(月)01時03分12秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ひこばえ句会の参加費ですが、莎草さんは三回目、私は二回目、でした。
繰り返し参加の様子を見て、世話人さんが4回前納と言われたのかも知れませんね。
莎草さんは、次回欠席だそうです。
世話人さんから、月謝袋を渡されました。
次回から、記名してもって来るようにとのことでした。
ひこばえ句会としては、それミーから参加者がいた方が良いようですから、単発参加の場合は4回前納とは、言われないと思いますが…。
わたるさんから、
「それミーの方、誘ってお出でなさい。」と、言われていますし。

すみません。もう少しきちんと聞いてくれば、良かったです。中途半端な伝言になりました。m(__)m

水間澱凡m(__)m
 

Re: ひこばえ句会と、競馬場吟行お知らせ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月20日(日)22時51分12秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  > No.4035[元記事へ]

> 「鷹」のひこばえ句会の世話人さんから、
> 次回から、4回分の前納 になります。
> ということで、お話が有りました。
> 欠席の場合は返金無し。
> ということです。
>
> 私は、わたるさんから西東京シードを頂いたので、4回前納は構いせん。
> しかし、それミーからは交代で出席者を募っていたと思いますが、どうしましょうか?
> 次回も出席の予定ですので、交渉するようでしたら、ご指示、伝言をお知らせ下さい。


★澱凡さん、報告ありがとう!

4回分前納、欠席の場合は返金無しというのは、どういう経緯で決まったのか、その辺のことを訊いてみないと何とも言えません。

毎月参加すると決めている人には問題ないかもしれませんが、外部参加で、都合のつくときだけ参加したいという人には難しいかも。


> ☆天地わたるさんから、お知らせです。
>
> ☆競馬場吟行
> 10月28日(土)
> 京王線 府中駅   10:30  集合
> (参加費の提示は、今のところ無し。)


了解しました。
 

ひこばえ句会と、競馬場吟行お知らせ

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)ひこばえ  投稿日:2017年 8月20日(日)20時47分41秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  昨日、ひこばえ句会に参加しました。
それミーからは、莎草さんと澱凡の二名。

田無公民館 13:00~17:00
天地わたる先生

昨日の句会は、早めに終わりました。
残りの時間で、フリートークでした。
わたるさんに、いろいろ質問したり、無点句
について質問したりetc.
私は、前回初参加の好成績でしたが、今回は惨敗でした。トホホ(;゜゜)

フリートークの半分以上は、
宇宙に放り込まれたような?????
という状態でしたので、私のレポートは無し。

オフ会  わたるさん、「鷹」1名、莎草、澱凡
田無  ジョナサンにて

☆次回のお知らせ

9月9日(土)
13:00~17:00
田無公民館

比々きさんへ
「鷹」のひこばえ句会の世話人さんから、
次回から、4回分の前納 になります。
ということで、お話が有りました。
欠席の場合は返金無し。
ということです。

私は、わたるさんから西東京シードを頂いたので、4回前納は構いせん。
しかし、それミーからは交代で出席者を募っていたと思いますが、どうしましょうか?
次回も出席の予定ですので、交渉するようでしたら、ご指示、伝言をお知らせ下さい。

☆天地わたるさんから、お知らせです。

☆競馬場吟行
10月28日(土)
京王線 府中駅   10:30  集合
(参加費の提示は、今のところ無し。)


以上です。

水間澱凡m(__)m

 

『南風(みなみ)吹く』

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月19日(土)19時50分1秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  読みたい本が溜まっていて、実家から帰って真っ先に読んだのがこれ。

前作の『春や春』に次ぐ、森谷明子さんの「俳句甲子園」が舞台の青春ストーリー。

青春物は苦手なのですが、俳句がテーマなので、一気に読めました。

「一句一遊」でも毎年この時期には「俳句甲子園」が兼題になるとのこと。

俳句甲子園の裏舞台に想像を馳せるにはうってつけ。

出場校の選手たちも、この本に描かれているような様々な家庭の事情や背景を背負いながら松山に来ているのだなあ、と今日もネットの実況を見ながら感慨もひとしおでした。
 

第20回俳句甲子園

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月19日(土)13時28分59秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ネットで実況されます!


8月19日(土) 13:30~15:30、15:50~16:50

8月20日(日) 10:00~12:00、12:50~13:50、14:10~15:20

https://www.youtube.com/channel/UCS3CkwX1pf4Uaqn1wegwoZg


 

ひこばえ句会

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)  投稿日:2017年 8月18日(金)17時59分25秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  残暑お見舞い申し上げます。

明日、ひこばえ句会に行ってまいります。
前回は、初参加でドキドキでした。
今回は、前回沢山とって頂いた上に、お褒め頂いたハードルが…?

袋回しで、銃殺情況でしたからイイ気にはなっていませんが、前回のように成るべく努力しました。&、またしても、夫に選んで貰って居ります。

こちらからは、莎草さんと私だけでしょうか?
今回は、現地直行でございます。

以上

澱凡(おりぼん)
 

Re: 遠音さんへ

 投稿者:遠音  投稿日:2017年 8月15日(火)00時45分6秒 u003748.ueda.ne.jp
返信・引用
  > No.4029[元記事へ]

> アドレスの一部を*に変更しました。
>
> ただし、管理人権限で公開しておりませんが、相変わらず誹謗中傷の掲示板への書き込みやメールが彼から送り付けられていることだけは、忘れないでいただければと思います。

よかった! ほっとしました。
表示編集のご対応、ありがとうございますm(_ _)m
末尾の件も、了解しました。
 

遠音さんへ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月14日(月)23時59分46秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  ご進言、ありがとう!

遠音さんのことは、信頼しております。

アドレスの一部を*に変更しました。

ただし、管理人権限で公開しておりませんが、相変わらず誹謗中傷の掲示板への書き込みやメールが彼から送り付けられていることだけは、忘れないでいただければと思います。
 

新参者です

 投稿者:ジジ  投稿日:2017年 8月14日(月)18時07分47秒 124-144-249-204.rev.home.ne.jp
返信・引用
  迎え火を焚きに無住の里に居り  

お盆休み!

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 8月12日(土)11時50分25秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、こんにちは!
お盆休みですね、今頃ご実家でのんびりでしょうか、それともお墓参りでしょうか。
さて、「それミー関西」ですが、
以前からブログで交流のある関東の方にも来て頂いていたのですが、
「関西」という文字からどうも入りにくく感じておられる方も多いかもと思い、
このたび、掲示板タイトルを新しくしました!!
案を募り、「ひまわり畑」に決定!!
たくさんのひまわりが生き生きと咲き誇るような掲示板にと願っていますので、
どうぞよろしくお見守り下さいね!!(≧v≦)ノ

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/

 

皆様今晩わ、初めまして

 投稿者:酔いどれ防人  投稿日:2017年 8月12日(土)01時17分9秒 sp49-97-109-212.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
      ハイポ仮は、私のよりどころとなっている掲示板です。佐東様に紹介されてから、楽しみにしながら時々拝見しております。
   今後も皆様の御活躍をお祈りしております。一つ川柳を失礼します。
              自負愚か悠々と語る七五三
字余り。失礼しました。
 

比々きさんへ

 投稿者:遠音  投稿日:2017年 8月12日(土)00時03分52秒 u003748.ueda.ne.jp
返信・引用
  >私が耳を貸すのは、何度も言いますが、正直で、誠意ある、信頼と尊敬に値する人の言葉だけです。

私は比々きさんにとってそういう人ではないかもしれませんが、それでもひとつお願いがあります。
メールアドレスを本人の承諾なしで公開したままにしておくのは、どうか止めてもらえませんか?
私がこれを書き込んでいる時点で、もう公開されてから既に2日程経っております。

メールアドレスをネット上に公開しておくと、スパム収集に用いられることが多いのです。
なので、連絡先としてメールアドレスをネット上で表示する際にも、「@」を全角にしたり、☆などの記号に置き換えて表示している人が大半かと思います。
比々きさんが、ご自分の投稿記事の、彼のメールアドレスの部分だけ、中略したり伏せ字にするだけで、事は済みます。

ちょうど帰省されてしまった後の書き込みでタイミングが悪く、そのことは申しわけありません。
もう書き込まないつもりだったのですが、それでも、色々と考えて、やっぱりお願いしてみようと思って、書いております。
相手が誰であれ、メールアドレス無断公開は、まずいと思うのです。どうかご一考ください。
 

里帰りします

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月11日(金)13時21分47秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  今日から里帰りします。

帰ってくるのは月曜の予定です。

皆さんもステキなお盆休みを!
 

個人攻撃を目的に絶えず論点をそらすウロさんへ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月10日(木)15時35分13秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  異種配合と異種交配を混同しないでください

ウロさんがおっしゃっているのは「異種交配」であって、「異種配合」ではありません。

「配合」=複数のものを「組み合わせること」です。

俳句で「取り合わせ」をする際、「時候・天文・地理・生活・行事・動物・植物」の同じ分野のもの、例えば「植物」に「植物」を取り合わせることは、推奨されていません。

「植物」と「動物」、「地理」と「時候」など、全く違う分野のものを組み合わせることを「異種配合」と言ったのです。

参照:「取り合わせ」について

http://6805.teacup.com/haipo/bbs/115

因みに、金子兜太さんも「異種配合」という言葉を使っておられます。

http://kanekotota.blogspot.jp/2015/05/blog-post_31.html

『 「薬の日」と「水兵の衿のはためく」景を取り合わせても、そこには何の意味もなく、シラーツとした二つのものの対照の奇妙なおかしさだけがある。同様の【異種配合】は、「宗吾忌」「多喜二忌」の句ではもっと過激に、忌日の本意を嘲るようなおどけぶりを仕掛けている』

完全にウロさんの早トチリです。

何とか自分の説を優位にしようとする余りの勇み足、牽強付会ですよ。


>話し合えばわかる仲間なのです。

また、同じ種であるヒトとヒトが「解り合える」かどうかは、未だに諸説あって、「解り合える」という人もいれば、「解り合えない」という人も、「一部は解り合えても、全部は解り合えない」という人もいて、意見が分かれています。

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AF%E8%A7%A3%E3%82%8A%E5%90%88%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%8B&aq=-1&oq=&ai=4_6vQmQ7R2yZ8VZa9sxvoA&ts=26205&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&fl=0&x=wrt

私は「一部は解り合えても、全部は解り合えない」という立場です。

それよりも、ウロさんは先のあなたの「リアル交流会の弊害」論に対し、私の「体験したと言い張るのであれば、その実際の具体例をお示しください」という問いに、まったく答えていませんよ。

「話し合えばわかる」と言いながら、「話し合って」「解り合おう」という意志が、この状態では感じられません。

http://6805.teacup.com/haipo/bbs/3952

常に「論点をそらし」、「なんとか比々きをとっちめてやる」、あなたの論調にはそれが前面に出ていることが、ご自分には見えませんか(笑)

個人攻撃が目的で、絶えず人の粗探しをし、「具体例をお示しください」という最初の質問にも誠実に答えようとせず、絶えず論点をそらしては、隙あらば個人攻撃しようという意図がありありと読み取れる、そういうウロさんとは、まともな議論などできるはずがありませんし、「解り合える」とも思えません。

私と悠さんが理解し合える時が来るとお思いですか?まあ、無理でしょうね。

この点だけは悠さんも同感だと思いますよ(笑)

あなたも意図的に「故意に誤解してやろう」という気はあっても、私を正しく「理解しよう」という気はありませんよね?

そのような方とは、議論するだけ時間とエネルギーの無駄ですので、これで打ち切らせていただきますね。
悪しからず。





 

ウロの寸感

 投稿者:ウロ  投稿日:2017年 8月10日(木)14時48分0秒 FL1-218-42-21-124.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  比々きさんの投稿2017-07-24/11:07が目に付きました。

細かいことが気になるたちなので、すこし私見を述べます。


「多様性」の説明のなかに、〈俳句は「異種配合」の文学〉という文言がありました。

「異種配合」??


 このコトバ、昔、聞いたことがあります

。こどものとき誕生日プレゼントに父から騾馬(らば)をもらったことがあるのです。

この「ラバ」が、まさにその異種配合の哀れな犠牲者ですが、そのほかにも、レオポンとかビーファローとか、きいたことがあります。

これらは「異種配合の動物たち」とよばれています。

オヤジからもらった「ラバ」は「馬」と「ロバ」をかけあわせたもので、もちろん、ニンゲンの仕業です。子どもはできません。

種の保存を断ち切る残酷な所業です。

ニンゲンは、いろいろな動物を掛け合わせて珍種開発に挑みました。

一方で、神を冒涜する反自然な所業だとして大きな非難が起こりました。

いまは全く聞かなくなりましたが、植物では問題を孕みながらも「異種交配」としてさかんに続けられております。
サントリーは「青い菊」を先日つくりあげました。自社の株価を押し上げました。

〈俳句は異種配合の文学〉という比喩には首を傾げます。

俳句は自然に反し神をも畏れぬ残酷な所業なのでしょうか?


「自然界は、草木虫魚、実に数えきれないほどの「異種配合」で成り立っている」とおっしゃいますが、
事実は逆で、種の保存を使命としているかのように他種の排斥をおこなっています。

あなたの例に挙げたヒラタカゲロウがまさに好例で種の純正を保つために「住み分け」をしているのです。

異種移植ははげしい拒絶反応を起こすまで自分を守ろうとしているのです。

ここまでくると、比々きさんも「俳句は異種配合の文学である」というあなたの断言が誤りであることがわかるでしょう。

「俳句は〈二物衝撃〉である」という文言は聞いたことがあります。逆に言うと、俳句をやっていて〈二物衝撃〉を聞いたことがないというひとはいないでしょう。

この〈二物衝撃〉を金子兜太は〈二物配合〉と言い換えています。

比々きさんはこの兜太の〈二物配合〉を鵜呑みにし、かつ、間違って覚えたのでしょう。
生兵法は大怪我のもとです。

〈プラスとマイナスの「異種配合」(同217-07-24)〉に至っては、これこそショートして火花がでて一発で停電、大火傷。

どこかで憶えた(おそらく、兜太の孫引き)をまちがえたばかりか、「異種配合」(一代珍獣の生成)をムリヤリ「異種共存」(自然は異種共存の世界)に持っていこうとしたのでしょう。

自然は、限られた生活圏の中で相手を侵さないで自分らの種を残していく工夫をしています。

同時に自分たちだけの種が栄えるのではなく他の種も尊重すべき摂理のもとにあることも承知しています。

あなたの論理で言うと俳句は自然の理法ではダメで不自然・反自然こそが俳句だ、とそういうことになります。


薔薇(比々き)と猫(かま猫)の比喩も奇妙ですね。(同2017-07-24)

このふたつは異種配合だから生涯わかりあえるものではない、と突き放している。

うちの「隊員はどちらかというと、かま猫さんタイプが多いわけです。」(同2017-07-24)


薔薇を猫に接ぎ木したなんて聞いたこともないから異種配合がここに出てくる奇妙さもさることながら、

「薔薇に向かってどうして猫の気持ちがわからないの?と訊かれても猫じゃないからわからないとこたえるしかない」という比喩も又、ただ独善的な支離滅裂な文脈です。

「異種」とは「同じ属内で異なった種」のことをいうのです。

ヒトはヒト同士の関係の中でなければならない。

話し合えばわかる仲間なのです。

薔薇と猫でのハナシはない。強引な理屈立ては破綻します。

更にあたしだけが薔薇でほかの隊員は意思の通じない猫ばかりだというのはたいへんな思い上がりではないでしょうか。

キメノコトバ

「「ここまで書けば賢い皆さんならピンときてるかも。

「私は棘のある薔薇です。猫と同列に扱わないでください」(同2017-07-24)

https://ameblo.jp/ouroboros-34

 

今日6通目の悠さんからのメールへの返信

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月10日(木)00時23分52秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  私があなたの言うことを信じるとでも?

無駄ですよ。

私が耳を貸すのは、何度も言いますが、正直で、誠意ある、信頼と尊敬に値する人の言葉だけです。

貴方のどこに正直さや誠実さや尊敬や信頼に足るところがありますか?

自分を是とするために、何の具体的な根拠も無しに、簡単に悠人さんやあ~すけさんを嘘つき呼ばわりする。そんな人の言うことなど、聞けるわけがありません。

とにかくネットでのあなたの評判は悪すぎます。

必ず最後は人を「誹謗中傷せずにいられない」病気なのですから、当然の結果。

そういう人がいくら自分は潔白だと言い張っても無駄ですよ。

そういう人間の言うことに、私が耳を貸すと思っているところが、浅はか。

繰り返しメールを送って嘘を吹聴すれば、そのうち信じるだろうと思っているところも、浅はか。

人間心理を全くわかっちゃない!

私が、どういう人の言うことなら聞き、どういう人の言うことなら聞かないか、そういう単純な人間心理さえ理解できない、お粗末なおつむしか持ち合わせていない悠さんだと、全国の人に知ってもらいたいんですね?

ご自分が、日に何通も人にメールを送り付ける、ストーカー的行為がやめられない異常者であり、自分で自分を制御できない病気を抱えていることを、世間に対して認め、公表したいわけですね?

意に沿わない人をすぐ誹謗中傷することを辞め、信頼に足る尊敬できる人になってから、出直してきてください。

時間がもったいないので、これをあなたへの最後の返信とします。
 

悠さんからのメール

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)20時24分15秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今日来た「3通目」のメールです。ストーカー被害の証拠として、しっかり保存してあります。

Message body

━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。


アンタの云う
被害者やパワハラなどの事実は一つもありませんよ?

多分、あ~すけ及びその一味がアンタに吹き込んだデマですね~

アンタは気の毒に踊らされているのだよ

ハハハ(笑)

--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro08.ezweb.ne.jp(27.90.207.28)


彼はこう言っていますが、が、あ~すけさんがご紹介くださった悠人さんのブログへたまたま行ってみたら、なんと!悠人さんも悠さんの被害に遭っておられました!

ソドムとゴモラの話
https://ameblo.jp/yu-jin0803/entry-12266880083.html

悠人さんも、悠さんに関してこう書いておられます。

『それから、今後「悠」なる人物からのコメント、メッセージには皆さんもお気をつけを。
彼は、特に俳句ブログ等にですが、「○○さんの句を受けて・・・」
などと近づいて来ます。知らない人は有り難がって返信したりしてしまいますが、句のやり取りを続けた上で、人の批判、誹謗・中傷を含め始めます。
私には「モラル・ハラスメント」的な奴かと思われます。』

ツイッターのフォロワーさんからも「今こそ毅然とした態度をとるべき時ですよ。俳句を真剣に学ぶ意志も無くただ自己顕示欲のみで投句を続け、採られれば傍迷惑な自慢、落ちれば選者を執拗に攻撃する〈悠〉はセクハラ、パワハラ、嘘、盗作の常習者ですよ。」という情報が。

皆さんももし悠さんのモラハラ・パワハラの被害に遭われていたら、どんどん掲示板で公にしてください。

この掲示板は、カウンターの数を見てもお分かりのように、全国にいる大勢の人が毎日見ています。

彼の卑劣なやり方を拡散して、これ以上被害者が出ないようご協力ください。
 

少しだけ

 投稿者:大分の輝久  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時23分39秒 dhcp53238.us.oct-net.jp
返信・引用
  比々き様、ハイポニストの皆さんこんにちは。
前回の「輝久」さんの盗作投句の件は一応、365に連絡しました。

以前、ネット投句の掲示板におきまして、こちらに居られますあ~すけ様とご縁が有りました。
さらに、6月22日には俳句ポスト365の入選者にお祝いの書き込みをしております。

それやこれやを総合して紐解いておりますが、問題の兼題(夏越)の締め切り日は6月28日
位だったような・・・
ン~・・・なんだか朧気ながら分かった様な感じがしますね。
 

悠さんからのメール

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)13時14分16秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  私やほかの人になりすましてメールしても、受信者がメールアドレスから悠さんと判るようにするためですので、悪しからず。

個人情報を公開されたくなければ、もう二度とメールを送らないでください。

こちらも悠さんの書き込み及びメールを証拠資料として提出しますし、悠さんの被害者も証人となってくれるでしょうから、むしろあなたが今までなさって来たモラハラが暴露されるいい機会です。

私は断固戦いますよ!


Message body

━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。


ハイポ掲示板内8-9-11-45分
管理人 比々き氏の書き込みに私 悠の個人情報メールアドレスなどが
無断で公開されております。
即刻、削除命令を出してください。


なお削除されない場合、下記へ届け出ます。

■IPAセキュリティセンター 情報セキュリティ安心相談窓口
(略)

■都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧
(略)


■モバイル人権相談
(略)




--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro04.ezweb.ne.jp(27.90.207.24)
 

マニピュレーターによるマインドコントロール

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)12時52分48秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  ある方からメールでご指摘いただきました。

「人格障害」の一種で、人を言葉で巧みに操り、人を「自分のいいなりにする」ことに快感を覚え、ターゲットを「奴隷化」することで、自己の「優越感」「支配欲」を満たそうとする病気、だそうです。

彼の犠牲になりやすいのは、「(外見も含め)自分に自信を持てない人、周囲の意見に流されやすく、自分の意見が言えない人、面倒見が良く、なんでも話を受け入れてくれる人」なのだとか。

逆に、「高学歴で仕事がしっかりと出来る人、自分の意思をしっかりと持ち、反対意見を述べる事が出来る人」は苦手らしいです。

参照:モラハラ加害者(マニピュレーター)の特徴
http://blog.goo.ne.jp/kyoton-chan/e/708025cf01b3a824b3bf458f8dbe28ed
 

悠さんからの8月4日のメール公開

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 8月 9日(水)11時45分26秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  ━━teacup.byGMO
本メールは下記メールアドレスの方から掲示板管理者様あてに
投稿された内容を転送したものです。
19450427***@ezweb.ne.jp

掲示板「 ハイポ掲示板 」 に関する連絡です。

めぐるは


めぐるは以前Amebaで私に俳句の添削指導を受けていて
少しばかり力がついたら生意気になったのでクビにした
再三、謝ってきたが許さなかっのを、根に持っている人間だよ。

あ~すけは、ふいに俳句を教えてくださいなどとすり寄って来て
俳句甲子園へ寄付金を依頼してきた
断ると途端に手のひらを返し
あちこちで悪口を言いふらしている
羽音はあ~すけとグルで
天地ナンチャラの仲間増やしを手伝っている

俳句を愛するというより、いつき組内での勢力拡大が目的のようだ

キミは純粋な性格だから
すぐに傷つくし感情的になる

いいものがあるので
本音で接したが残念です
まあ、お互いに褒めっこして仲良しこよしでやんなさい。
俳句を生かじりする連中は
妬み 僻み 疑心暗鬼の塊です

裏でかき回している@天地グループに注意しなさいね

さようなら。


--
発信者IPアドレス
fpoym3-vezB2pro07.ezweb.ne.jp(27.90.207.27)
 

レンタル掲示板
/77