teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(28)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 隠れたエゴ

 投稿者:多様性万歳  投稿日:2017年 7月25日(火)19時35分41秒 p1192172-ipngn11201hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.3581[元記事へ]

> こういう私でいいという人でなければ、戻ってきて欲しくありません。
前に「公の場の管理人」とか語っておいて、こんな発言することが実はこの掲示板を「私物」だと思っている何よりの証拠ですね。他人を排除する事も多様性ですね!そんなことより、何度か書き込みをしてくださっている「悠」さんに早く答えて差し上げてはいかがですか。せっかく素晴らしき「異種配合」の呼びかけに応じてこの掲示板に来てくださったのですから。
 
 

Re: 葉音さんへ

 投稿者:詠美  投稿日:2017年 7月25日(火)19時20分25秒 i219-167-73-245.s42.a040.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.3601[元記事へ]

ね、私も、会場行ったことあるからあんまり入らないなと思って
はっとして千代女記念館に電話したら、けんもほろろでした。
キャンセル待ちもね。ダメですって。
もうすこし待ってキャンセルします。ホテルと飛行機。
キャンセル料かからないプランでよかった?
ま投句だけするか?
またいつかお目にかかりませう?
 

Re: 葉音さんへ

 投稿者:葉音  投稿日:2017年 7月25日(火)19時15分20秒 p341111-ipngn3101hiraide.tochigi.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.3600[元記事へ]

講演会のみは、先に申し込むように明記してあったんですよ。
でも、セミナーは申込用紙に申し込み欄があったので、投句と一緒と思っていました。
今、よ~く見たら、HPの端の方に「定員になり次第締め切り」と、ありました^^;
でも、やっぱり分かりづらい!
多分、主宰者側も、こうなることは考えていなかったのではないかと思います。

> 募集開始:平成29年7月1日
> 募集締切:平成29年7月31日(セミナー・200人)
>      平成29年8月31日(講演会のみ・100人)
> セミナー当日:平成29年10月7日
>
> ……席埋まるの、ちょっと早い気が(汗)
> 席数がちょっと少ない(200人)気もするが、神社に吟行に出るならこの数は仕方が無いのかも(あまり大人数で神社に押し掛ければ、迷惑になる)。
>
> 「申し込んでから、俳句を考える」のが良かったのかも。
> 万一の時のドタキャンを考えると、ちょっと気が引けるけど(汗)
>
> それにしても……「投句+講演会のみ」というのでもダメだったの?
> 「中には入れません」と、にべもなく言っていた所を見ると……やはり無理なのかな(沈)

http://ameblo.jp/pocochpococh777/

 

葉音さんへ

 投稿者:ヨミビトシラズ  投稿日:2017年 7月25日(火)18時35分7秒 sp49-104-13-190.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  募集開始:平成29年7月1日
募集締切:平成29年7月31日(セミナー・200人)
     平成29年8月31日(講演会のみ・100人)
セミナー当日:平成29年10月7日

……席埋まるの、ちょっと早い気が(汗)
席数がちょっと少ない(200人)気もするが、神社に吟行に出るならこの数は仕方が無いのかも(あまり大人数で神社に押し掛ければ、迷惑になる)。

「申し込んでから、俳句を考える」のが良かったのかも。
万一の時のドタキャンを考えると、ちょっと気が引けるけど(汗)

それにしても……「投句+講演会のみ」というのでもダメだったの?
「中には入れません」と、にべもなく言っていた所を見ると……やはり無理なのかな(沈)
 

ナンダカナー

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 7月25日(火)18時05分28秒 nttksm033157.tksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  トポルさん、折角ひびきさんが謝罪してうまくいっていたのに、何で余計なことを言うかなア。
ハイポの代表の嫉妬って、それって、穿ってみると名簿から名前を削除して下さいって言った人みんながひびきさんに嫉妬して発言したように思われても仕方がない発言ですよ。
余計な一言です。削除依頼した人に対してとても失礼ですよ。
ひびきさんも混じってたんですね!なんていいます?そんなのいうから余計な火種をつけるんでしょ。自意識過剰にもほどがある(笑)
ってか、ハイポの代表だったの?ひびきさんって(笑)ハイポ掲示板の管理者なだけでしょ。誰も嫉妬なんてしませんよ。俳句歴何年でも天地を取った人に賞賛を送るのは普通でしょ。初心者が天とりやがって!デカイツラスンナ!なんて言わないでしょ(笑)自意識過剰デスネ(笑)
初心者だろうが何年もしている人だろうが、その時の一句がスバラシイからみんなからおめでとうっていうんデショ。勘違いもはなはだしい。
それと、お二人ともちょっと考えてみてよ、今この掲示板は通常通りじゃないってことを身をもって知っていますよね?もう少し考えて発言してくれませんか?ウカツな発言やめてくれません?いつもだったら流される発言が、過敏になっている今だと余計に気になるんですよ。
勘弁してしてください。本当に。
そして、朝書きましたが、ちゃんと読みましたか?

>二次的著作物の利用権(無断で二次的著作物を「利用」されない権利)

>自分の著作物(原作)から創られた「二次的著作物」をさらに第三者が利用すること(「二次的著作物」を利用すること)に関する原作者の権利です(第28条)。

>にあたるので、グレーゾーンではなく真っ黒アウトですよ。

>俳句投稿者の原作を組長が(投稿者さんの了解を得て)集めたので、この投稿物(二次的著作物)を、さらに第三者であるひびきさんがコピーしました。
>この場合、この投稿物の著作者は組長ですので、ひびきさんは組長の了解を得る必要があります。
>さらに、原作者である俳句投稿者が、この「(自分の著作物の)二次的著作物の利用に関する権利」を持つため、ひびきさんは、俳句投稿者の了解も得なければならないわけです。ひびきさんの言ってた一人一人に了解えるなんて無理ってことをしないといけなかった。
>なので、上記のことを怠ったのでリストは真っ黒アウト。

トポルさんがイイと思っても法的にはアウト。分かりますか?ひびきさんにメールなりなんなりこっそりぼくはイイと思うよ。って言うのなら良いですよ。何故ここのBBSで発言されます?あのリストは著作権侵害で真っ黒アウトなんです。
GONZAさんと上里さんがこのリスト問題になったときに始めに発言されたでしょう。著作権にひっかかるんじゃないですかって。文化庁のURLまで貼ってくださって。それをきちんと調べもせずにこんなにもこじれたのはひびきさんのせい。性格が頑固でっていうんだったら、その時点で文化庁にメールするなり自分で調べるなりしたら良かった話でしょ。
あのね、掲示板管理者って問題じゃないですよ。
ことの発端はひびきさんの違法行為でこじれたんでしょ?リスト作ってアップした人の責任でしょ。掲示板管理者の責任じゃないでしょ。ひびきさん=掲示板管理者かもしれないけれど、今回はそうじゃなくてひびきさん=リスト作成者&掲示板アップだったのでこうなったんでしょ。
はっきりいって、著作権って言われた段階でひびきさんが文化庁のサイト見るなり、著作権 二次利用 でググったら真っ黒アウトなことが分かったでしょ。それを怠って知らなかった分からない私はそんなつもりじゃない多様性が組長の思いをとか管理人の主義ですとか反論するからこじれた。そうだったでしょ?
端から見ていて、今回の一件は違法行為をしたひびきさんが、違法と認めずに反論してこじれた。それ以上それ以下はございません。

ついでに、おかわりさんが日記みたいな私的利用ってところの説明をしておくね。何か勘違いしてそうだから。
ここの日記っているのは、自分一人しか見れないってのが大前提のものだからね。ネットで公開しているヤツはおかわりさんの言ってる日記とは違うからね。人の目にさらされているものは私的利用じゃないからね。非公開ってのが大前提ですからネ(笑)
だから引用するんだったら、注意が必要ですよ。おかわりさんのカキコもう一回読んでネ!報道・教育機関や役所とかだけですよー。いけませんよー。
まあ、現状はめこぼしをあずかって無法地帯ですけどね。本当はダメデスヨー。
めこぼしで許されてるんだから、やめてくださいって言われたら、すぐに謝罪して削除するのがイイデスヨー。しなかったからこじれたんデショ。
だから、今回もトポルさん命名のひびきリストとして個人でこっそりと人の目に触れず楽しむ分にはよかったんですよ。そうだったら問題にならなかった。
公開したからまっくろアウトー!
ってのをトポルさんもひびきさんも、リストなんの問題があるの?って思っている人たちも理解してくださいネー。法治国家だから。著作権ってのがあるから。今回は著作権ですよー。個人情報じゃないですよー。
ネット上のどこから取ってきても本や雑誌から取ってきても当然著作権に引っかかります。ご理解いただけますか?
ぐずみさんみたいにエクセルファイルとか紙面とかで自分でフンフン♪って言って楽しむだけだったらヨカッタ。公開しちゃったからアウトー。アタリマエデショ。
当たり前の違法をまだ分からないとか言うのヤメテー。
文化庁にメールしたら教えてくれますよ。

はっきりいって、これ以上、リストをアップした件に触れるのは止めて欲しい。真っ黒アウトってのをひびきさんが理解した。謝罪した。それで良くないですか?それなのに、今更リストは私的には何がいけないんだと思うなんてカキコしないでください。違法を擁護しないでください。
ついでに、違法行為を掲示板管理と一緒にする方もお止めください。それはベツモノですので。

リストを作るならば、以前にカキコがあったように
1.ハイポに手紙を書いて掲載してもらう。
2.このBBSで呼びかける。
の2つの方法が現実的です。そうすれば、載せて欲しい人が集まり、著作権の一次利用になるので法律的にもクリアします。
本当のハイポ名簿になりますよ。

リスト作成方法もご理解いただけましたか?

これからのご発展をお祈りいたします。
 

第172回 松山俳PO

 投稿者:  投稿日:2017年 7月25日(火)18時05分23秒 fpoym3-vezB2pro20.ezweb.ne.jp
返信・引用
  兼題

日焼/三夏
ひやけ



なりはいは明らかならず日焼の背

クズウジュンイチ




俳POには珍しく深いメッセージのある作品で、私のイチオシです。




『俳諧はコトバ遊びであるが
それだけではない
俳句は文学の一部である』
~俳諧大要・正岡子規より

コトバ遊びと文学の違いはどこにあるか
「俳句は極楽の文学である」
と子規の後釜を取った虚子は言う

『病や貧しさに苦悩していても
俳句を詠むことによって、自然の花鳥風月と合体し
浮き世のツラさを脱却できるという意味合いである

これだけを読めば、俳句は人生の苦痛からの逃避とも言えよう

が、虚子は続ける
「極楽の文学は、あくまで地獄の裏づけあってのもので、極楽の俳句は地獄を背景としている」

つまり、地獄を背景としない文学・俳句は単なるコトバ遊びであり
地獄(生きる苦悩)を背景とする俳句を目指したいものである。』
~虚子・俳句への道より




日焼して七十二年ながらへし/悠
 

29日袋回しについて

 投稿者:あるきしちはる  投稿日:2017年 7月25日(火)18時02分20秒 sp1-66-104-66.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  > > 29日の袋回しで参加者が用意するお題三題は、季語でしょうか?それとも関係無い言葉?
> > 能天気ですみませんが、教えて下さい。
>
>
> 大西さん、莎草さんが幹事なので、今お仕事に行ってらっしゃる莎草さんが、お時間のある時にお返事してくださると思います。
>
> それまで、気長にお待ちくださいね。


私もお題について気になっていて、季語と季語以外の題を3つずつ用意しておけばいいかな...? と思っていました。
幹事の莎草さん、こちらは流れが早いので、句会用掲示板の方に書いていただけたら大変ありがたく思いますm(_ _)m

まる裏対策としてささやかなお土産も用意しておりますので、楽しみにしていてくださいね。
 

めぐるさんへ

 投稿者:ヨミビトシラズ  投稿日:2017年 7月25日(火)18時01分50秒 sp49-104-13-190.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  すごい、ちゃんと返事が来たんだ!!!!(驚)

「著作権だ何だ、って言ってるけど……その辺の具体的な対応とか基準とか、結構いい加減な出版社も多いんじゃないの?」って、個人的には返事が来るかどうかも半信半疑だったから……(汗)
「引用部分が記事の四分の一を超えない程度の量」という「具体的な目安となる数字」が返って来たのは、大きな収穫であると同時に、勉強にもなりました(もちろん、出版社・本・状況によって、それぞれ基準はある程度違ってくるでしょうが)。

これで、安心して記事を書けますね。
めぐるさん……記事の方、期待してますよ!!!!

……って、あんまり言うとプレッシャーになっちゃうかな(汗)
プチ句会もあるわけですし、時間のある時に記事にすれば大丈夫ですよ(微笑)
 

千代女俳句大会( ;;)

 投稿者:葉音  投稿日:2017年 7月25日(火)17時49分37秒 p341111-ipngn3101hiraide.tochigi.ocn.ne.jp
返信・引用
  今、大会事務局に電話したら、「当日セミナーの部は、定員になりましたので、締め切りました」と、言われました。

だってだって、投句締め切りは7月31日なんですよ~
そこに、セミナー申し込みの欄もあるのに!!!
「事前投句はお受けしますが、当日いらっしゃっても、中には入れません」
だって( ;;)
キャンセル待ちは30人以上ですって・・・
「この募集要項じゃ、分かりづらいですね」
って、文句言っちゃいました。

せっかくホテル取ったのに・・・・キャンセルです。
うっ、組長人気の凄まじさを把握できていなかった・・・・(-"-)

http://ameblo.jp/pocochpococh777/

 

来ました!

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 7月25日(火)16時58分3秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  たった今KADOKAWAカスタマーサポートからお返事来ました!
なんというグッドタイミング!!
アドバイス頂いた通りのことに加え、
引用部分が記事の四分の一を超えない程度の量であることといった内容でした。
(  ↑ 上記は私なりの言葉で書き替えています )
ちょっと多すぎる時もあったので、今後は注意しつつ記事を書いていきます!

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/

 

花火見に行きませんか?

 投稿者:水間澱凡  投稿日:2017年 7月25日(火)16時14分33秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  花火見にいきませんか?

俳句を始めて見る花火。
体験したいです。

今からでも、間に合うかな?

ハイポ様ダメならば、グズッッ、
夫と行きます。

水間澱凡(おりぼん)
 

自分のエゴを、

 投稿者:水間澱凡  投稿日:2017年 7月25日(火)16時07分19秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  掲示板を利用したい一番の理由は、俳句をやりたいからです。

私の間違いは、俳句をやりたい欲求のエゴなのに、
比々きさんに会ったこともないのに、
手前勝手なイメージを、押し付けたことです。

だから、全員を船に乗せてくれなどと頼んでしまった。
全員の意味の定義も、浅い自分だけのイメージなのに。

比々きさんは今回の件で自分をさらけ出した。
おっしゃるとおりこの掲示板の管理人をやる限りは、
自分のやれる範囲で、やれるように推進する。
よくわかりました。

自分のエゴを棚に上げて、善人ぶるのは止めます。
それから、夏井先生の今日の言葉をよくよく噛みしめます。

ハイポ掲示板は、夏井先生に委託された媒体ではなく、
比々きさんが、夏井先生から名前を使うことを許された、
ハイポに良かれと、開いた善意の媒体。
管理人は、自分の主義、主張を一貫している。
意見を言うのは、自由。

管理人の主義に口を出さないでもらいたい。

それで良ければ、ご利用下さい。

なのですね。

念を押すようですね。
これまで、主張されて事なのに。

やっと、わかりました。
熱してたときは、感情でくもって見えなかった。

エゴイスティックを隠さず、理想を押し付けない。
頼まれたら、出来そうな事は手伝う。
俳句を高める。
友を、大事にする。
俳句を、広める。

抱負は、注ぎ足す。

こんな私ですが、あらためて掲示板の利用をお願いします。

名簿の件は、議論の当初から了承派。
ただ、せっかくの機会だから勉強します。

水間澱凡

      新参者、のフレーズ使ったのは私です。しかし?
      入選者を貶める使い方は、一切しておりません。
      あしからず

 

Re: 名簿作成のこと

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 7月25日(火)15時59分53秒 i58-95-150-46.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  > 「俳句ポスト365」は、松山市が主催し、夏井いつき先生を選者とするネット句会だ。
   (略)
> ネット句会は、その成り立ちからして匿名者の交流手段であり、現存するわけではない。「ゆるやかな結社」と言っておこう。
 (略)
> しかし、ネット句会は、現実の句会とは根本的に異なる。このことをよく認識することが極めて重要だ。
  ****************************************

> 主宰の夏井いつき先生はネット句会に対してどのような応対をとっているのだろう。

> 夏井いつき先生の精力的な活躍ぶりには目を見張るものがある。「俳句の種を蒔く」をモットーにしていらっしゃる。
>
> だからと言ってわれわれが軽々しく同調するのはおこがましい。
> われわれは蒔かれた種なのだ。種の仕事はすくすくと育って一人前になること、これに尽きる。かつ、大切なことは、夏井いつき先生は弟子を育てるに当たって顕名性の弟子を望んでいる、ということだ。内外を問わず先生と門下生の関係でこのことに例外はない。モグリの弟子を許容する道場主なんてありえない。
> この点はきわめて重要であると思う。
  **************************************************************
> ネットは匿名性のシステム、俳句はこのように本質的に顕名性の集団。
  ****************************************************************>
   (略)
> 将来的には個人情報の登録そして夏井いつき事務所に於ける一括管理をもとめられるようになるだろう。
  (略)
> リアルの社会ではリアルなトラブルが発生しがちだ。
>
> それを承知で行動する限り、なにやろうと自由だ。
  ‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
 ウロさま

 コトバの定義と、そこから導き出される結論、さて、どこから、プロットしていけばよいのか途方に暮れる呉れるほどに、問題ありありなのですが、、

 一番気になることを二つに絞って、コメントさせて頂きますね。

 「いつき組」は、<松山俳句ポスト>が全てではありません。そのまえに、というか、いまも並行して「一句一遊」という、ラジヲ番組も、また「俳句の缶詰」とか、NHK松山放送局制作の「俳句の王国」とか、最近もっぱら街の噂の「プレバト」とか、・・・・主宰者の夏井いつきの出しゃばっている光景はいくらでもあって、それこそ、あなたも認めておられる、彼女の俳句にたいするエネルギーは、本当に畏れ入るものがあって、その上に酒を飲みまくって、美味いものもパクパクと。

 ほんと、わたし(ども)の定式からすると、なんやこのおばはんは、バケモノの子を通りすぎてるやないか、といったぐらいのことをやってのけておられます。


 でもね、ぐずみが、彼女に着目して、文芸家としては、吉本隆明の次に注目することにしたのには、「いつき組」の月刊誌、「俳句100年計画」の存在がなによりも光っているからにほかなりません。

 彼女の、俳句の種蒔の理念、・・・匿名とか、弟子の養成とか、著作権とか、肖像権とか、そんな通俗を越えたところにあります。

 一度手に取れば、・・・ネットでは、音声読み上げようのバックナンバーを二か月遅れでその気になれば手にすることができます。・・・一目瞭然ですが、


 そこでは、彼女は前衛には立つことなく、ただただ「いつき組」の理念に共鳴した者(物ではありまmせん、苦笑)たちの主体性によって構成された俳文が網羅されています。

 たとえば、「詠者三名による雑詠俳句計画」~(ぐずみは、ほとんど並)、ですが、なんてえのは、関悦史・阪西敦子・桜井教人という<俳人>がページを飾っています。あるいは、「自由律俳句計画」のきとうじんさん、とか、・・・あるいは、・・・・・もっともっと、自立した(あるいはせんとする)俳人の足跡がいっぱい記されていますが、略、します、ネ。

われわれは蒔かれた種なのだ。種の仕事はすくすくと育って一人前になること、これに尽きる。かつ、大切なことは、夏井いつき先生は弟子を育てるに当たって顕名性の弟子を望んでいる、ということだ。内外を問わず先生と門下生の関係でこのことに例外はない。モグリの弟子を許容する道場主なんてありえない。

 すくなくとも、ぐずみは、潜りで、(まあ、だから門下生でないかもしれませんが)関さんやきとうじんさんも門下生ではない、ですよ、ネ。


 俳ポの始めのほうの記事に「ここは梁山泊のよなところ」とありました。梁山泊であれば、いづれは蹴散らされるのか、まあそんな突っつき方は止めて、

 <いつき組>の理念は、あなた様が思っておられるのとは、ちいとばかし位相が違っている、のです。

 もう一点、ネットは匿名性、リアルの句会は、・・・、

 それもさまざまです。顕名性のネット句会もあれば、匿名で通せるリアルな句会も存在します、現実に小生が、この正月から参加している、隣村のひまわり句会は、ぐずみは俳名「山崎ぐずみ」で通らせていただいています、のです。

 ************************************

 最期に(みなさまに)お伝えしたいのは、バーチャルなるコトバ、

 この国では【virtual】とは、[形動]実体を伴わないさま。仮想的。疑似的、といったニュアンスで語れていますが、本来の用語(PC/ネット用語含めて)「バーチャル」とは - virtual 「事実上の、実質上の」と言う意味で、(慣例的に「仮想」という日本語訳をあてる。) 例: He is a virtual manager. 「彼は事実上の支配人だ。」 (「仮の支配人だ」ではない) ということは、知っておいて損はないはずです。

 だから、どうだといわれると、・・・・、まあ、ご理解のほど、よろしく m(__)m

   2017  7  25                  山崎ぐずみ記
 

Re: 今回のは

 投稿者:中山月波  投稿日:2017年 7月25日(火)14時29分54秒 zaq3a5500cf.zaq.ne.jp
返信・引用 編集済
  > 嫌いな人は戻ってくるわけがないけど、好きな人はまた戻ってきたいと思っているに違いありません。
>
トポルさん、ご登場をお待ちしておりました。
人間ですから考え方の違いはあって当然。
議論はいいと思いますが、追い詰めるのは良くないこと。(いつも夫に言われてます)
自分を捻じ曲げるのではなく、譲歩できるところ(ハンドルでいう遊びの部分)はした方がいいと思います。

素晴らしい句友と出会えたこの掲示板が大好きです!!
ここがなければ、関西支部も生まれませんでした。
また以前のような活気ある掲示板に戻ることを切に願っています。
かま猫さ~ん、戻ってきてね~!!

P.S 比々きさん、袋廻しは下手なお化け屋敷よりスリル満点です!!
 

Re: 今回のは

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 7月25日(火)13時48分13秒 i58-95-150-46.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > こういう公の場の管理人なら、それくらい知っておけよという感じだとは思いますが、ド素人が問題にぶち当たって、少しずつそういうルールを覚えながら、より良い管理者に自分を成長させていく、そういうことで今回はお許しいただければと思います。
**********************************************************
比々きさま

「より良い管理者に自分を成長させていく」

 そうですか、「オーガナイザー」から「管理者」の道を選ばれましたか、・・・・・。

 コンダクター、番人、a keeper〈見張り〉 a watchman〈留守居〉、あるいは芭蕉の云う、捌きの道、・・・・。類縁語はいろいろありますが、その中なのどれかなのか、多岐にわたるのかはともかくとして、<管理>の文字を執られましたか。
    2017   7    25                                                                 山崎ぐずみ
 

めぐるさん・税悦さんへ

 投稿者:ヨミビトシラズ  投稿日:2017年 7月25日(火)13時47分22秒 sp49-104-13-190.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  こういう事をいちいち書くと、うざったがられるかも知れませんが……(汗)

【「引用は「」で括らなければならない」という話が出ていましたが、変に杓子定規にならなくても、「どこからどこまでを引用したのか」がはっきり分かるような形で書けば大丈夫だと思いますよ。文字色を変えるだけでも十分だとは思うけど……完璧を期すなら、「」と文字色の変更を併用してはどうかな?】

と、いう事を書こうとしていたところ……またも、先を越される(笑)

何か、税悦さんとは気が合う……のかな?
 

比々きさんへ

 投稿者:ヨミビトシラズ  投稿日:2017年 7月25日(火)13時44分39秒 sp49-104-13-190.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  匿名さんの話を聞いて、いくつか「ハッ」とした事があるので、最後にもう少しだけ。

結局は……「先生が「新刊の作成」という目的で集めた句、及びそれに付随する要素(俳号etc)」が、「先生の当所の目的(新刊の作成)以外で用いられた事」が、まずかったんじゃないかな?
この事……どこかに書いたつもりでいたのだけど、勘違いしていた……(沈)

私が当所書いた「理」は……改めて見てみると、「現実的な理」ではあるけど、ちょっと強引な展開だったとも思う……少し、反省してます。

言い訳に聞こえてしまうかも知れませんが、

≫否定しようという姿勢を感じると、もう素直に聞けなくなる、という人間心理

この、真逆の心理が……即ち、「比々きさんだって善意でやった事だろうし、比々きさんの事を簡単に全否定したくはない」という心理が、あの時は働いていたんだろうと思います。
もちろん……「善意でやったのなら、何をやっても許されるのか」と言われたら、そういう訳ではない事は分かっているし……あの後の比々きさんの反応があまりに予想外だったんで、一回キレちゃったんだけど(苦笑)

もちろん、先生の「最終的な目的」は、「俳句人口を増やす事」で間違いないんだろうけど……「何をすれば全体の利になるか(=完全とは言わないまでも、出来るだけ多くの人を納得させられるか)/何をすれば最終目的に確実に近付けるか」という事を具体的に考えるのは、それぞれの利害や考え方の違いもあり、簡単そうで意外に難しいと思います。

「群青忌大河は時を急がざり」(とおと)

この前(秋櫻子忌)の、俳句ポストの地選の句です。
「俳句人口を増やす事」というのは、「小川の流れを広げ、徐々に大河にする如くの大業(=大いなる事)」であり……「大いなる目的を果たすべく、大河の流れの如く、ゆっくりゆっくり確実に進む事」が大切なのではないかと……少なくとも、私は思います。



失敗も、教訓のうち。
また、ゆっくりと進めば良いさ。

……って…………何か、「上から目線」だな(汗)
自分も、軽く失敗してるのにorz
 

嫉妬?

 投稿者:ももか  投稿日:2017年 7月25日(火)13時25分59秒 softbank060099220016.bbtec.net
返信・引用
  あのー 俳句ポストって、たかだか4年目ですよ。
そういう意味じゃ、みんな「新参者」です。
2年目の人が「天」とったからって嫉妬する人なんていませんって。
それは大きな勘違いですよー。
 

俳句はあいさつ

 投稿者:詠美  投稿日:2017年 7月25日(火)13時07分0秒 fw.fukujo.ac.jp
返信・引用
  比々きさん いつもありがとうございます。

私はこの掲示板たまにしかみていませんが、そのやりとりにとても心を痛めました。
長い論理のやりとりに頭が痛くなってしまいました。
でもね。
それは私の中の痛みの記憶をクリーニングするきっかけとわかっているので
ホオポノポノ「ごめんなさい。ゆるしてね。愛しています。ありがとう」を唱えました。
クリーニングするべき私の痛みが出てきたのだと祈りました。きっかけをありがとうございます。何もできず本当にごめんなさい。

ひびきさんの意図、おきもちはわかりました。本当にありがとうございます。大変なお役割ありがとうございます。

俳句は一語一語をまわりへの挨拶への意味をこめて詠むことを先人から学びました。そのスピリットは素晴らしいものですよね。

やはりここでのやりとりは論につぐ論。まる裏の練習かもしれませんが。(笑)

文字は武器にもなるし。実際あったことのない板では思わぬ誤解や憶測も。

舌鋒鋭いことばは見る人によっては、悪者を作ります。よしあしを生むのです。

どうぞどうぞみなさまがそうならないようにと「挨拶」の精神を持ってことばを使いたいと思っています。わたし自身の自戒を込めて祈り続けています。
 

Re: あのう、

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 7月25日(火)12時51分18秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  > No.3579[元記事へ]

> 29日の袋回しで参加者が用意するお題三題は、季語でしょうか?それとも関係無い言葉?
> 能天気ですみませんが、教えて下さい。


大西さん、莎草さんが幹事なので、今お仕事に行ってらっしゃる莎草さんが、お時間のある時にお返事してくださると思います。

それまで、気長にお待ちくださいね。

大西さんのツルの一声で決まった、初袋廻し。

関西支部でやって、とても楽しそうだったので、私もワクワクしています。

久しぶりに大西さんとお会いできるのを、今から楽しみにしていますね!
 

俳句愛

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 7月25日(火)12時38分58秒 221x244x57x206.ap221.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用 編集済
  トポルさん、有難うございます!!!
「俳句愛」素敵な記事でした。
これからも、俳句を愛し、俳句を愛する人たちとの出会い・触れ合いを大事にしていきたいと思います。
いろんな人がいて、時として異種格闘技戦の様相を呈することもあるかと思いますが、
そこは人間同士ですから、
思いやりや歩み寄りの心を持つことで交流を深めていければいいなと思っています。

私自身、ブログの管理人として、また「それミー関西」の一員として、
たくさんのことを学ばせて頂いたと思います。
まだまだ未熟な私ですが、これからもよろしくお願い致します!!!

ひびきさ~~~ん!私も強くなりますね!
 

第173回 秋桜子忌の結果

 投稿者:  投稿日:2017年 7月25日(火)12時37分40秒 fpoym3-vezB2pro03.ezweb.ne.jp
返信・引用
  第173回
松山俳PO



兼題
秋桜子忌/晩夏
7月17日

傍題
喜雨亭忌
紫陽花忌
群青忌



秋桜子代表作


滝落ちて群青世界とどろけり





轟々と落ちる滝の音が、周囲の真青なる森や空に轟き渡るのである





入選

滝に来て秋桜子忌の黙永し/悠

選 夏井いつき






Amebaブログ
俳句一本勝負
http://my.ameba.jp/menu.do



遊びに来てね


m(_ _)m

 

隠れたエゴ

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 7月25日(火)12時35分59秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  トポルさん、葉音さん、ありがとう!

なるほど、と思いました。

ハイポ歴2年の新参者が、、、という意味の反発も、微妙に混じっていたんですね!

私はそういう嫉妬という感情には殆ど無縁で生きてきたので、そういう目で皆さんが私を見ているなどと、想像もしていませんでした。

ましてこういう騒動のさなかに新参者が天を取ってしまったら、その嫉妬の炎がごうごうと燃え盛るだろうことは、容易に想像できます。

「それ行けミーハー吟行隊関東支部」を組長お墨付きで名乗っていることも、もしかして嫉妬の対象になっていたかも、と今遅ればせながら気づいたところです。

私は基本「善意」の人なので、人の「悪意」をなかなか想像できないのです。

トポルさんご指摘の「比々きデータ」なら、今までの皆さんの「法律云々」のご指摘は当てはまらない、ということなんですね?

かま猫さんはじめ、それミーの隊員たちから口々に、さっさと謝って早く騒動を納めてほしいという要請がありました。

しかしその背後に、私は隠れたエゴの臭いを、何故か嗅ぎ取ってしまったのです。

「物わかりのいい、素直な比々きさん」という「自己印象をよくするため」に、納得もしていないのに表面だけ平和を装う、付和雷同する、これは私が一番嫌いなことであり、どんなに嫌われてもできないことだったのです。

多分こういう自分は一生変わらないだろうと思います。

こういう私でいいという人でなければ、戻ってきて欲しくありません。

クレームが来るたびに右顧左眄して、その人の顔を立てることで、偽りの平和を作る。

これは私にはできない相談です。

掲示板の管理者としても、絶対やってはいけないことだと思っているくらいです。

堅いと言われるかもしれませんが、こういう私でよければ、是非戻ってきてもらいたい!

嘘偽りのない純粋な友情で結ばれる、ただそれだけを望みます!
 

Re: つれづれなるままに

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 7月25日(火)12時25分44秒 i58-95-150-46.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.3506[元記事へ]

> ◆ぐずみさま
>
> 俳句をはじめて以来「名を付ける」「名を与える」ことの大切さを考えさせられます。ぐずみさまは大変博識でいらっしゃるのでとてもついていけるものではないですが、書き込みを拝読し無性にブンガクに触れたくなりました。私の息子は学校で「あまり話しかけられたくないから」という理由で休み時間は本を読んでいるらしいのですが、北杜夫の「さびしい王様」シリーズを借りてきてあげろうかと思っていたところでした。「さびしい乞食」なんて今だったら発刊できないですね。昔の本には妖しさと霊性があり、最近の本は去勢され漂白されたナニカの殻のよう。自主規制と戦う現代の表現者こそ尊敬すべきとも思いますが。
> ぐずみさまの書き込みが一凡人に火花を与えたことをお知らせしたくつれづれなるままに失礼いたしました。
  ***************************************
桃猫さま

 コメント、ありがとうございました。

 おう!「さびしい王様」に「さびしい乞食」ですか。北杜夫の<さびしい>シリーズ、私がちょうど彼の著作物から離れて行ったころの作品です、ネ。「さびしい姫君」を出されると困る所だったのですが、流石、桃猫さんの読みは鋭い!


 昔の本には妖しさと霊性があり、最近の本は去勢され漂白されたナニカの殻のよう。自主規制と戦う現代の表現者こそ尊敬すべきと、・・・

 やっぱ、終った、のだと思います。二十世紀は。

 そして二十一世紀は?

 なにかしら、カチャカチャ音はしているが、これといって、琴線を探られるというか、シナプスを揺り動かす、というか、そう云ったものは、どこのジャンルにも見受けられないよう、な。

 「音楽」も「美術」もそして、「文藝」も。今のところ、全てが、20世紀ものの、リカヴァー物ばかしのような、気が。・・・。

 俳句も、こういってはなんだが、山頭火と番矢以降、・・・北大路翼は特殊から普遍への道程をどう纏めるのかが課題になると思う。


 で、21世紀、たとえば、GACKT あるいは神威 楽斗、彼のような、行き方が一つの何かを指示しているような気がいたします。

 ちょっとイケメンで、おんな心を擽って、それほどスンゴイ芸ではないのだが、しんがーソングらいたあ、で俳優で、・・・それでもって正月のテレヴィで、魯山人の真似事やってみせたり、・・・。

 あるいは、X-JAPAN と小泉信一郎のような、スタイル、とか、・・・・。

  ******************************

 (予想やではないのだが、)アホでもできる、いや阿保でないと出来ない俳句、三つの子でも創れるハイクの未来。

 いづれは、個人でやる場合は、ロボット相手に、ハイクることも出来るはずです。宗匠が、ロボット。そして、ロボットと吟行するとか、ロボット相手に、掲示板にカキこするとか、・・・・・。

 その際は、著作権とか、コピペとかはどうなるんだろう?ロボットが肖像権を主張したり(笑い)なんせ、たんなる、工場生産品ではなくて、人工知能供えて、自己学習・自己創出できますからねえ、・・・。あるいは、ロボット同士が、まぐわう、とか、・・・・。

 あは、なんかワクワクして来る、未来です。・・・ロボットに負けんよう、いまから、ガンバ!

 将棋や囲碁のロボット、以前のものは、ほんま、コイン二つほどで簡単にボコボコにしてやれて、弱いの~と、馬鹿にしてやれたのだが、最近のは、逆立ちしてもだめで、飛車角落ちでも歯がたたず、囲碁は星目置かさせてもらう、始末。


 あは、なんかワクワクして来る、未来です。・・・ロボットに負けんよう、いまから、ガンバ!

 ************************************************************
 えんえんと書き流されていく「法律談義」のコメントの流れ見ていて、以前から危惧というか、ぼんやり描いていた近未来、案外早いうちに実現しそうです。(わが息子は、俳句はヴィジネス・モデルに乗らないから、大分先になると云ってマスが)なにやら、うきうきもしてきます

   2017  7  25                       山崎ぐずみ
 

あのう、

 投稿者:大西主計  投稿日:2017年 7月25日(火)12時01分36秒 sp1-75-9-131.msc.spmode.ne.jp
返信・引用
  29日の袋回しで参加者が用意するお題三題は、季語でしょうか?それとも関係無い言葉?
能天気ですみませんが、教えて下さい。
 

Re: 今回のは

 投稿者:葉音  投稿日:2017年 7月25日(火)11時34分0秒 p341111-ipngn3101hiraide.tochigi.ocn.ne.jp
返信・引用
  トポルさん、ありがとうございます!

もともと去ったつもりはないけど、ここが荒れてしまうのは、悲しいです。

比々きさん、かま猫さん、それミーの皆さん、
29日の袋回し、楽しみましょう!
私は、袋叩きにあうかも・・・^^;

http://ameblo.jp/pocochpococh777

 

Re: 今回のは

 投稿者:トポル  投稿日:2017年 7月25日(火)11時17分10秒 42-147-96-133.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.3575[元記事へ]

> こういう公の場の管理人なら、それくらい知っておけよという感じだとは思いますが、ド素人が問題にぶち当たって、少しずつそういうルールを覚えながら、より良い管理者に自分を成長させていく、そういうことで今回はお許しいただければと思います。

比々きさん、偉い!よく言った。

これで何人かのハイポ二ストが再びここに戻ってきてくれることを、切に願います。
改めて参加表明などしにくいだろうから、何かテキトウなことをここに書き込む、それでOKってことになりませんかねえ。
先週木曜日の夜、この問題で喧々諤々の中、「比々きさんが人選並選に無いから、金選は間違いない、朝10時を待って盛大にお祝いすることで、旗色をよくしよう」
と、かま猫さんと私は祈ってました。当日、本人は胃カメラ飲んでて出遅れましたが。

リストに関しては私はいまだに何の問題があるんだろう、と思っています。
あれは今まで比々きさんが集めた「全国のハイポ二ストが繋がりやすいための名簿」を、
組長ブログの雪シリーズで、より穴埋めが出来た「比々きデータ」です。
雪シリーズに出てこない方もいっぱい載っていましたし。
引用しているわけでも、ましてコピペしているわけでも無い。
組長ブログに限らず、あらゆる媒体で知り得た県名、俳号をまとめたオリジナルデータです。
しかも投稿者の俳句を載せていませんので、投稿者の著作権を侵害しているわけでも無い。

ただし、この「比々きデータ」公表することが不快である、という方ももちろんいたわけで、
この段階で「すんません、データは必要とする方だけに知らせることにしていったん削除します。」
この一言で済んだ話。
むしろその後の比々きさんの対応に賛否が大きく分かれたのでした。

「多様性」などというと難しいが簡単に言うと、比々きさんが大好きな人もいれば、嫌いな人も同然います。
ハイポ歴2年くらいの新参者が、ハイポニストの代表みたいな顔するな、などと思う人もいるかもしれない。
私なぞ、賞をいただくとすぐはしゃいでFBに載せるものだから、かなりの事を言われてます。
嫌いな人は戻ってくるわけがないけど、好きな人はまた戻ってきたいと思っているに違いありません。

また掲示板を盛り上げたい方、管理人を成長させたい方、なんか書き込んでみてください。
比々きさんは、それを見て海のような包容力で一度呑み込んじゃってみてください。

29日の袋廻しの成功を祈るばかりです。
今日の組長ブログは、明らかにこの騒動をいさめていますね。
「俳句愛」。



http:

 

Re: 税悦さん、ありがとう!!!

 投稿者:税悦  投稿日:2017年 7月25日(火)09時39分34秒 p537028-ipngn200604kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.3573[元記事へ]

 ★めぐるさん

 引用部分の表記の仕方についてです。

 私は次のように記載しました。

> 引用部分はカッコ「」で括るのがルールです。

ただし、先の文化庁サイトには次のように記載されています。

『[2]「公正な慣行」に合致すること(例えば、引用を行う「必然性」があることや、言語の著作物についてはカギ括弧などにより「引用部分」が明確になってくること。)』

 なので、必ず「」か、というとそうではないと思うのですが、慣習としても「」で括るのが根付いており、この「」で括られているものを見ると「あ、引用なのね」と思うワケです。

> 今まで引用部分は文字の色を変えていました、あちゃー(><)
> 次から注意して記事を作ります

 だから、「」で括ったうえに、文字の色を変えてあげると、なおさら分かりやすくて良いと思いました。



 

Re: 今回のは

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 7月25日(火)09時27分37秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.3574[元記事へ]

ご指摘ありがとうございます。

そういう法律があることは全く知りませんでした。

「二次的著作物」という言葉自体知らず、「それ何?」という感じでした。

「二次的著作物の利用」も、だから「何のこと?別に営利に使うわけでもないし、個人的な目的に利用するわけでもない。組長の願いの実現には、どうしても誰がどこに住んでいるかが分かる必要がある。これから自分たちの地元でも関東のようにハイポ仲間と吟行や句会をしたい、そう志す人たちが出てきた時に、私がしたのと同じ苦労をさせたくない。私は全く無私の動機で資料を使うのに、なぜそれが問題になるの?」、という感じでした。
皆さんが何故ぎゃあぎゃあ騒ぐのか、全く理解できませんでした。

「そうか、俳号と県名を手掛かりにネット被害に遭う可能性があるから、削除してと騒いでいるんだ」と思い、そのご希望は聞くことにしました。

「二次的著作物の利用」でも、組長のブログの資料を組長の願いの実現のために使うのがなぜそんなに問題になるのか、ネット被害の観点からすれば、組長ブログの方が年齢も載せてあり、個人を特定するうえでは余程危ないのに、そちらの危険には目をつぶり、年齢表示のない、余程「安全」なこちらの資料開示になぜそれほど神経質になるのか、この時点では全く理解できませんでした。

ご存知の方からすればそれが「常識」なのだと思いますが、こういう公の掲示板の管理者は、私も今回が初めての経験で、ここでも盛んに「部分引用」をやって、今まで誰からも、何の指摘も、クレームもなくやってきたので、今回の反応に、「なぜ、それがいけないの???」という感じでした。

「部分引用」の範疇でしか、物事を見ていなかったからです。

それと、法律というものは、ネットの場合であれ、必ず作者に明らかな「不利益」「被害」を及ぼすゆえに、禁止事項を定めるものだと思い込んでいました。

だから資料が組長の「利益」につながりこそすれ、「不利益」につながるとは思えない状況でのみなさんの反応に驚いたのです。
「えっ、どんな不利益が組長に及ぶの?」、という感じでしか受け止められませんでした。

誰も「こういうことをすると、こういう不利益が組長にあるんだよ」、と言ってくださらなかったので、ますます私にとっては「納得のいかない」ことになったというわけです。

何かを辞めさせる場合、「法律」を盾に説得されても、法律そのものが人間の作ったものである以上、禁止される「理由が納得のいくもの」でない限りは、法律の方が「もしかしておかしいのでは?」と感じてしまいます。

「法律」を作ったそもそもの「理由」、そこまで踏み込んで説明してくださらなければ、表面では従っても、蔭でまた同じことを繰り返すでしょう。

私自身、何事も「納得」しなければ動かないタチの人間なので、その「納得」に辿り着くまで時間がかかったのです。

今回教えていただいたリンク先の文章を読んだら、「部分引用」の際にも「原文」を極力「そのまま」引用することとあり、なるほど「原文を改変」したから問題だったんだと、初めて知った次第です。

「改変」なら、明らかに作者への「誤解」が生まれる危険があり、「不利益」ですものね。

こういう公の場の管理人なら、それくらい知っておけよという感じだとは思いますが、ド素人が問題にぶち当たって、少しずつそういうルールを覚えながら、より良い管理者に自分を成長させていく、そういうことで今回はお許しいただければと思います。



> 今回は
>
> 二次的著作物の利用権(無断で二次的著作物を「利用」されない権利)
>
>  自分の著作物(原作)から創られた「二次的著作物」をさらに第三者が利用すること(「二次的著作物」を利用すること)に関する原作者の権利です(第28条)。
>
> にあたるので、グレーゾーンではなく真っ黒アウトですよ。
>
> 俳句投稿者の原作を組長が(投稿者さんの了解を得て)集めたので、この投稿物(二次的著作物)を、さらに第三者であるひびきさんがコピーしました。
> この場合、この投稿物の著作者は組長ですので、ひびきさんは組長の了解を得る必要があります。
> さらに、原作者である俳句投稿者が、この「(自分の著作物の)二次的著作物の利用に関する権利」を持つため、ひびきさんは、俳句投稿者の了解も得なければならないわけです。ひびきさんの言ってた一人一人に了解えるなんて無理ってことをしないといけなかった。
> なので、上記のことを怠ったのでリストは真っ黒アウト。
> 真っ黒アウトのじてんで多様性なんてことを言わずに、リストアップしたことを謝罪して取り下げたらよかったのにひびきさんは訳の分からないことを言って反発した。
> リスト下げても謝罪しなかったでしょ。その時点で多様性の問題じゃないと思う。
 

今回のは

 投稿者:匿名  投稿日:2017年 7月25日(火)07時48分52秒 nttksm033157.tksm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  今回は

二次的著作物の利用権(無断で二次的著作物を「利用」されない権利)

 自分の著作物(原作)から創られた「二次的著作物」をさらに第三者が利用すること(「二次的著作物」を利用すること)に関する原作者の権利です(第28条)。

にあたるので、グレーゾーンではなく真っ黒アウトですよ。

俳句投稿者の原作を組長が(投稿者さんの了解を得て)集めたので、この投稿物(二次的著作物)を、さらに第三者であるひびきさんがコピーしました。
この場合、この投稿物の著作者は組長ですので、ひびきさんは組長の了解を得る必要があります。
さらに、原作者である俳句投稿者が、この「(自分の著作物の)二次的著作物の利用に関する権利」を持つため、ひびきさんは、俳句投稿者の了解も得なければならないわけです。ひびきさんの言ってた一人一人に了解えるなんて無理ってことをしないといけなかった。
なので、上記のことを怠ったのでリストは真っ黒アウト。
真っ黒アウトのじてんで多様性なんてことを言わずに、リストアップしたことを謝罪して取り下げたらよかったのにひびきさんは訳の分からないことを言って反発した。
リスト下げても謝罪しなかったでしょ。その時点で多様性の問題じゃないと思う。
 

税悦さん、ありがとう!!!

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 7月25日(火)07時32分13秒 221x244x57x206.ap221.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  おおおーーーー有難うございます!!
>引用部分はカッコ「」で括るのがルールです。
今まで引用部分は文字の色を変えていました、あちゃー(><)
次から注意して記事を作ります、
おかしかったら指摘して下さいね!!!
 

Re: ブログ等における著作権に関して

 投稿者:ヨミビトシラズ  投稿日:2017年 7月25日(火)02時38分16秒 sp49-104-13-190.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  めぐるさんへのコメントのようですが、私からも一言。

説明の補足、ありがとうございます。
特に、著作権に関する文化庁の公式ページのURLは私も載せたかったのですが、
端末の不調からか、さっきは上手くページが表示されなくって……(沈)

すみません、助かりました(謝)
 

Re: ブログ等における著作権に関して

 投稿者:税悦  投稿日:2017年 7月25日(火)02時10分15秒 p537028-ipngn200604kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
返信・引用
   ★めぐるさん

 「引用」については、著作権法32条1項に次のように規定されています。

「第三十二条   公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 」

 この条文以外に4条件といわれるものがあります。これは次の文化庁のサイトで確認してください。
 ここで、ひとつだけ注意してもらいたいことを記載しておきますと、企業や個人のブログ等の私的サイトで記載されている法律に関することを鵜呑みにするのは危険です。
 間違った解釈や解説がヤマほどあります。私的なサイトの記載内容の正否を確認する作業の方が大変ですので、もしも参考にするなら、公的機関のサイトにしてもらいたいです。

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/naruhodo/ref.asp#10

 基本的な引用の方法は次のとおりです。
 これは「無断転載禁止」と記載されていなくても守らなくてはならないルールです。

<例文>下記文章が税悦が○○出版から2017年に発行した「税悦語録」の36頁に記載されていたとします。
私は税悦と申します。猫が大好きです。特に好きな猫はシャム猫です。でも茶トラも好きかな~。猫に猫パンチをあびたり、猫キックをお見舞いされたりすると、とても嬉しく感じるドSであります。

<引用例>
猫好きな人は「猫に猫パンチをあびたり、猫キックをお見舞いされたりすると、とても嬉しく感じる」(※1)ということである。

(※1)税悦著「税悦語録」36頁 2017年 ○○出版。

 上記の(※1)は脚注表記されることが多いですが、ブログ等で引用する場合は、こういった(※1)でもよいと考えます。
 とりあえず、どこの誰が、どこに記載したものかというのをハッキリ明示したうえで、引用部分はカッコ「」で括るのがルールです。


 で。これはあくまで「引用」のルールです。
 元に戻って、著作権法32条1項の冒頭を確認すると「公表された著作物」とあります。
 つまり「公表された著作物」なら引用することが出来るのです。
 なので、公表された著作物である藤田先生の「20週俳句入門」はルールさえ守れば引用することが認められます。

 ただ・・・そもそも「公表された著作物」でないものには、このルールは該当しませんので、ご注意ください。


> 私もすごく勉強になりました!!!
> よく引用しているので・・・今後はもっともっと気をつけないとです。
> (一応「画像はコチラから」などと引用元は明らかにしてきたつもりですが)
> 「20週俳句入門」も、「無断転載禁止」の一文がなかったので、
> 盛大に引用して記事を書いてきたんですけれども、一応「学術・研究目的」と思ってもらえるのかしら?
> カドカワさんにメールを出してお伺いを立てていますが、返事が来ないので続きを書いていません。
> このまま、いつまで待つのか返事が来るのかも分からないので・・・
> とりあえず、書いてあることを自分の言葉に直して、なんとか記事にしていきたいと思います。
>
> 有難うございましたーーー!
 

Re: これ、みんなのため?は、頂けません。

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 7月25日(火)02時09分43秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.3567[元記事へ]

澱凡さん、率直なご意見、ありがとう!

今回の件では、色々な方が色々な思いを持たれたと思います。

私はどちらかというと、失敗を恐れないというか、その時その時の本音だけで、あまり後先を考えずに発言するタイプ。

人からどう見られるかには、今までほとんど頓着しないで生きてきました。

それで何の問題もなく、結構みんなに愛され信頼されて生きてきたのと、前にハイポのお便り欄にも書きましたが、親が本音しか言わない人たちで、凄まじい喧嘩はするけれど、基本お互いを認め合って、尊敬し、子煩悩で、母は普段のおやつもクリスマスケーキも服もセーターもオーバーや布団に至るまで、何もかもほとんど手作り、父は休みの度に家族でお弁当を持って出かけ、家族写真を撮るのを楽しみにするような人だったので、私たち兄弟も、毎日の喧嘩は見てはいたけれど、両親に愛されていることを露ほども疑わずに育ちました。

叔父や叔母たちも、お互いの肚の内を見せ合うのはいいことだと、両親の一触即発の喧嘩をいつも笑ってみていました。

実際両親は喧嘩はするけれど、いつでもどこかへ出かけるときは、喧嘩しながらでもいつも一緒。

別々に行動したり、別々の部屋で寝たり、口を利かないなどは、全くありませんでした。

こういう生い立ち背景があっての私なので、喧嘩を、だからマイナスイメージで捉えることなく育ったんですね。

むしろ言いたいことを言わずに我慢する方が、よっぽど心にも体にも悪い、そんな風に暗黙の裡に感じて育ちました。

なので、今回の一連の出来事の捉え方は、平和第一で育った?澱凡さんや他の皆さんとは、もしかしたら真逆かもしれないです。

こういう事態になっても、私の中には楽観的なものがあり、挫折や失敗が人を成長させるとも確信しているので、今の状態を悲観的に見て、どうしよう、どうしようと、動揺したり、不安になることは全くと言っていいほど無いです。

心配しても、成るようにしかならない。

生きていれば、何度失敗したって、そのたびに賢くなって、いつだってやり直せます。

今回は私の生い立ちが皆さんのそれとあまりにも違っていたので、私がよかれと思って導いた方向が、みなさんの目指す方向性と違っていた、ということなのだと思います。

そのことを通して、多分皆さんも、へえ~色々な人がいるんだなあ、とそれこそ「多様性」の新たな発見、一つ固定観念が覆り、新たに作り直される経験、そう捉えてくだされば、今回の件はきっと「よかった」ということになるのではないでしょうか。

要は「捉え方」の問題。

私は今「それミー」の隊長や掲示板の管理人ではありますが、最近の私の書き込みや吟行句会のやり方を見てお分かりのように、皆さん一人ひとりが自立して吟行や句会を自ら主催し、私への依存度をどんどん減らす方向でやっています。

だから、みなさんは幹事になったら暫定「隊長」なのです。そうなって欲しいと思っています。

掲示板の管理人引き受けるよ、と言ってくださる方がいるなら、喜んでその方に管理人の立場をお譲りします。

私にはそういうものへの執着はなく、今は行きがかり上やってますが、本音を言うと、そういうものを何もかも手放して、身軽で、無責任で、自由でいたい。

澱凡さん、これが私の本音です。



> > 比々きさん、この件に関しては、
> 今回の、この今の、掲示板。
> かなり残念な有り様になってしまった。
>
> 私は、少し傷付いたような気持ちです。
> 誰かの言葉に、傷付いたのではない。
> 爆弾発言、失礼は、私の方でした…。
> 比々きさんは笑いで、大きく受け止めてくれた。
> では、今は?
> 比々きさんの言う、みんなに私も含まれるなら、私に代弁者は入りません。
> この件に関した比々きさんの発言、リーダーとしてはがっかり感を感じてしまった。
> ハイポ掲示板の冠を頂いたなら、ご自分の家庭環境からの徹底議論は、
> 相応しく無かった。
> 比々きさんは、相当な激トークでもへこたれないからこの際、言いたいことカモーン。
> だったのでしょう。
> けれど!
> 差しでがましいことで、すみません。
>
> 冠の「ハイポ掲示板」
> だから、
> 掲示板が「公」だという認識で集まる。
> 多くの人が訪れる。
> 純粋に、俳句ポスト365等、夏井先生への投句を楽しみたいから。
> そういう気持ちが、傷付いたようになった。
> 私は…。
> 比々きさんに、この件についての、
> 物事の捉え方を教わるつもりは無くて…。
> 私は、私の言葉でいたい。
>
> 管理人に、期待が大きかったのかも知れないですね。
> 比々きさんも、人間なんだ!
>
> 私は、掲示板の船に乗れない人が出ないように、
> とお願いしたつもりでした。
>
> 二年目の展開は、如何に?
> 比々きさんに、頼り過ぎないように、
>
> 投稿の人はオールを、一漕ぎでも、二漕ぎでも
> のつもりで…。とか?
>
> これからも、掲示板に大いに、
> 参加したい。
>
> 文句たらたらですが、ハイポの糸は、
> この掲示板だけです。
> 独りぼっちの俳句、投句者には、
> もう、戻れない(..)。
>
> こういうの、狡いかもしれませんが、
> これは、比々きさんの「みんな…。」に対する、意思表明です。
> なので、議論するつもりはありません。
>      face to  face  で、今日までのやり取りできる方は、
> 何名居られるか?
>
>    かま猫さん、Please! Come back !
>
>    会ったこと無いけれど、
>    元気のいい、かま猫さんsentence!
>    が、読めないのはチョー寂しいから、戻って下さい。
>    (ルー大柴風o(^o^)o)
>
> 水間澱凡(みずまおりぼん)(^_^)-c<^_^;)。。。。゛(ノ‥)ノ⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ
 

Re: ブログ等における著作権に関して

 投稿者:めぐる  投稿日:2017年 7月25日(火)01時02分24秒 182-167-99-66f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.3566[元記事へ]

私もすごく勉強になりました!!!
よく引用しているので・・・今後はもっともっと気をつけないとです。
(一応「画像はコチラから」などと引用元は明らかにしてきたつもりですが)
「20週俳句入門」も、「無断転載禁止」の一文がなかったので、
盛大に引用して記事を書いてきたんですけれども、一応「学術・研究目的」と思ってもらえるのかしら?
カドカワさんにメールを出してお伺いを立てていますが、返事が来ないので続きを書いていません。
このまま、いつまで待つのか返事が来るのかも分からないので・・・
とりあえず、書いてあることを自分の言葉に直して、なんとか記事にしていきたいと思います。

有難うございましたーーー!

http://meguru2016.cocolog-nifty.com/

 

追伸

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)  投稿日:2017年 7月25日(火)00時55分26秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ハイポ掲示板についての考え方。

「ハイポ掲示板」だから「公」。
けれど、都合の良いときだけ、
「比々きさん」。

私は、6月に掲示板を知った新参者。
けれど、夏井先生云々になると、
感情が入りますね。
自分の夏井先生への、
デリケートな思慕が有る。

「ハイポ掲示板」の使い方を、
よくよく考えます。
自己責任で。

都合の良いときだけ、
「比々きさん」と、していなかったか?
よく考えます。

澱凡



 

これ、みんなのため?は、頂けません。

 投稿者:水間澱凡(みずまおりぼん)  投稿日:2017年 7月25日(火)00時27分45秒 27-141-86-23.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > 比々きさん、この件に関しては、
今回の、この今の、掲示板。
かなり残念な有り様になってしまった。

私は、少し傷付いたような気持ちです。
誰かの言葉に、傷付いたのではない。
爆弾発言、失礼は、私の方でした…。
比々きさんは笑いで、大きく受け止めてくれた。
では、今は?
比々きさんの言う、みんなに私も含まれるなら、私に代弁者は入りません。
この件に関した比々きさんの発言、リーダーとしてはがっかり感を感じてしまった。
ハイポ掲示板の冠を頂いたなら、ご自分の家庭環境からの徹底議論は、
相応しく無かった。
比々きさんは、相当な激トークでもへこたれないからこの際、言いたいことカモーン。
だったのでしょう。
けれど!
差しでがましいことで、すみません。

冠の「ハイポ掲示板」
だから、
掲示板が「公」だという認識で集まる。
多くの人が訪れる。
純粋に、俳句ポスト365等、夏井先生への投句を楽しみたいから。
そういう気持ちが、傷付いたようになった。
私は…。
比々きさんに、この件についての、
物事の捉え方を教わるつもりは無くて…。
私は、私の言葉でいたい。

管理人に、期待が大きかったのかも知れないですね。
比々きさんも、人間なんだ!

私は、掲示板の船に乗れない人が出ないように、
とお願いしたつもりでした。

二年目の展開は、如何に?
比々きさんに、頼り過ぎないように、

投稿の人はオールを、一漕ぎでも、二漕ぎでも
のつもりで…。とか?

これからも、掲示板に大いに、
参加したい。

文句たらたらですが、ハイポの糸は、
この掲示板だけです。
独りぼっちの俳句、投句者には、
もう、戻れない(..)。

こういうの、狡いかもしれませんが、
これは、比々きさんの「みんな…。」に対する、意思表明です。
なので、議論するつもりはありません。
     face to  face  で、今日までのやり取りできる方は、
何名居られるか?

   かま猫さん、Please! Come back !

   会ったこと無いけれど、
   元気のいい、かま猫さんsentence!
   が、読めないのはチョー寂しいから、戻って下さい。
   (ルー大柴風o(^o^)o)

水間澱凡(みずまおりぼん)(^_^)-c<^_^;)。。。。゛(ノ‥)ノ⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ


私が今回の論争でしつこく食い下がったのは、みんなに「多様性」の問題をしっかり自分のものにしてほしかったからなんですね。
>
> 俳句は、「異種配合」の文学。
>
> 自然も宇宙も、煎じ詰めればプラスとマイナスの「異種配合」。
>
> 今西錦司の自然学では、ヒラタカゲロウでさえ異なる4種があり、それぞれ相入れないので棲み分けているとか。
>
> 自然界は、草木虫魚、実に数え切れないほどの「異種配合」で成り立っていますよね。
>
> だから俳句の理念・手法は、全くもって自然を真似た、自然の理法に適ったものなわけです。
>
> 俳句では、「同種」は「即き過ぎ」として嫌われますよね。
>
> 自然も同じ。
>
> もしこの地球に人間だけしかいなかったら、と想像してみてください。
>
> 生きるためには、お互いを食い合わなければならなかったでしょう。
>
> 女もしくは男だけしかいなかったら、人類はとうに絶滅していますよね?
>
> 動物、植物、色々「違う」種類があるからバランスが取れているわけです。
>
> 人間も同じ。
>
> 私とかま猫さんが、まさに「異種配合」だったから、今まで上手くやってこれたわけですが、隊員はどちらかというと、かま猫さんタイプが多いわけです。
>
> 薔薇と猫はお互いを理解し合えないのは、当然ですし、それが自然。
>
> だから、薔薇に向かって「どうして猫の気持ちが解らないの?」と言われても「猫じゃないから、解りません」というしかない。
>
> 話し合えば解り合える、というのは同種(俳句で言えば「類想」)の間柄にのみ通用する考えだと私は思っています。
>
> 異種には、いくら言っても解ってもらえない。異種なんだからと、諦めてもらうほかない。
>
> 異種ではあるけど、DNAの塩基の種類(A:アデニン・T:チミン・G:グアニン・C:シトシン)は共通。
>
> しかし、ゲノム(その存在を特徴づける遺伝子のオリジナルな組み合わせ)は、例え同じ種であっても全員違う。
>
> この辺も俳句の「即かず・離れず」に似ていて、俳句ってホント自然そのものだわ、と私などは感じ入っているわけです。
>
> 解り合えないのなら、同種同士でつるめばいいかというと、そうはいかないのが自然の妙。
>
> 何かを創造的に生み出すためには、人間の場合、どうしても男と女に相当する「異種配合」が絶対不可欠なんですね。
>
> ここまで書けば、賢い皆さんならもう既にピンときているかも。
>
> 「私は棘のある薔薇です。猫と同列に扱わないでください」
>
> 「異種配合」で、いっしょに新しい俳句を創造していきませんか!
>
>
>
> > もう書き込まないつもりでいたのですが、至急のコメントができました。すいません。
> >
> > 先程のコメントをじっくり読んで、ようやく分かりました。
> > 私は比々きさんに対して、大きな誤解をしていたのです。つまり……
> >
> > 1.比々きさんは、かま猫さんはもちろん、誰の事も否定したつもりもなかったし、するつもりも無かった
> > 2.しかし、元々言葉のさじ加減が分からなかったため、思った事をストレートに言葉にして書いた結果、読みようによってはかま猫さんに対する否定とも取れる内容のコメントをしてしまった
> > 3.それを見て、私は「比々きさんはかま猫さんを否定している」と思い込んだ
> > 4.私は、「「人間の多様さ」という理由を使い、自分だけを肯定してかま猫さんを否定しようとしている」と思い、「矛盾だ」と非難した
> > 5.しかし、当の比々きさん本人からしたら、そもそも誰も否定するつもりが無かったので、「矛盾だ」と言われても何の事だか分からなかった
> > 6.会話が平行線になった
> >
> > ……恐らくは、こういう事だと思います。
> >
> > 比々きさんは、恐らく……「言葉のさじ加減が苦手」という自らの性質を分かった上で、それでも「誰にどう思われようが、最早この性質を直す事はできない(もしくは、直すのが性に合わない)。この性質を抱えたまま、私は私らしくストレートに生きるし、そうする事しか出来ない」と……ある種の「達観」をしたのだと思います。
> >
> > 鈍い「読み」で、本当に申し訳ありませんでしたorz
> >
> > 会ったばかりの人間を、すぐに分かった気になったのが、そもそもの誤りだった……(沈)
> > もっとも……このコメントの「読み」も、「昨日の今日」なので、当たっているかどうかちょっと自信がありませんが……(汗)
 

Re: ブログ等における著作権に関して

 投稿者:比々き  投稿日:2017年 7月24日(月)23時28分16秒 softbank126019100193.bbtec.net
返信・引用
  > No.3564[元記事へ]

ヨミビトシラズさん、読ませていただきました。

「部分引用」は作者の許諾を得なくても転載は許されているみたいですね。

その場合でも、きちんと引用元をURLなどで明示するというのがルールみたいです。

また、自分の書いた文章と、引用文を「」などではっきり差別化することも必要なのだとか。

ただし「全文引用」は作者の許諾が必要とのこと。

また、映像(写真、動画)はフリー素材以外は、必ず許可が必要。

音楽の歌詞も、やはり許可なく引用は不可とのことでした。

ネットルールを知るいい機会になりました。

ありがとう!



> 正式な「引用」には、ちゃんとしたルールがあるようです。
> 詳しくは、以下のサイトにて。
>
> 【引用と転載について】
> https://homepage-reborn.com/2016/12/08/著作権侵害しない!ブログでの正しい引用と転載/
>
> 【ブログにおける著作権について】
> http://www.secomtrust.net/colum/blog/
 

Amebaブログ句会 悠々自適 第 31回

 投稿者:  投稿日:2017年 7月24日(月)18時41分13秒 fpoym3-vezB2pro09.ezweb.ne.jp
返信・引用
  近来ネット句会の作品でたいへん佳き句にめぐりあった


病葉のまだ日の光かへしけり


さるぼぼ



Ameba
~第31回ブログ句会 悠々自適より



病葉/三夏

わくらば


文字通り病める葉のことで、万緑の中にありながら枯葉となって散る
いわば森の緑の落ちこぼれであろうか

句はその病葉が地に落ちこぼれながら
まだ日の光を弱々しく返している様子を捉えている

物を客観的に写生しながら、その背後に人の臨終をも想わせる深いメッセージを伝えて、しみじみとした余韻を残す秀句であります
まだ/に臨場感を込めた技も巧みでさりげない。




面識のない作者なので、無断で紹介した


一句、ご挨拶


病葉や浮き沈みつつ泥の河/悠

興味ある方は下記へどうぞ

ネット句会
悠々自適
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=yu-jin0803&articleId=12295161866&frm_src=article_articleList
 

ブログ等における著作権に関して

 投稿者:ヨミビトシラズ  投稿日:2017年 7月24日(月)18時08分28秒 sp49-104-13-190.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  厳密に言うと、「ネットにおける安易な引用は法律違反だが、ある程度は事実上「黙認」されている」という側面もあると思う。裁判を起こすのだって、手間がかかるし。
ただし、何らかのトラブルが発生するなどして引用元に訴えられた場合、(引用のルール等を守っていない場合)法律的に分が無いのは、基本的に「引用した側」になります。

正式な「引用」には、ちゃんとしたルールがあるようです。
詳しくは、以下のサイトにて。

【引用と転載について】
https://homepage-reborn.com/2016/12/08/著作権侵害しない!ブログでの正しい引用と転載/

【ブログにおける著作権について】
http://www.secomtrust.net/colum/blog/

本当は、「直リンク」も(法律違反では無いとは言え)サーバーの負荷を考えるとやってはいけない事らしいけど……この掲示板の規模を考えたら、数千・数万単位のアクセスが一気に殺到する訳じゃないだろうし……非常に大切な事が多数書かれているので、是非にという事で(汗)

単純に、新聞・官報の類を転載したり(ただし、研究論文等を除く)、句の批評目的で俳ポ等の句を引用したり(学術・研究目的)、「お便り」として手元に送られてきた(=差出人の「ブログに載せても構わない」という暗黙のメッセージがある)写真をブログに載せたりするのは、全く問題ない事ではないかと思います。

ただ、今回の「名簿の作成」となると、明確に「学術目的」と言い切れる物じゃない(※1)し、「引用」として解釈するには「引用する必然性」が見当たらない(※2)し……
「現実的な理」としてはともかく、「著作権」という見地からすると、法律的にはかなりグレーゾーンに入っているのではないかと思います。

……まあ、あくまで「参考程度」に。

(※1)→「俳句の種蒔き活動の一環」という目的らしいが、ここで言う「種蒔き」はある種の「広報活動」であり、純粋な「学術・研究目的」とは違う気もする
(※2)→「引用のための引用」は不可。つまり、「引用に対する自分のコメントも何もなく、単に丸々引用しただけの文章」をブログ等で投稿すると、著作権違反になる恐れがある
 

物?詩?

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 7月24日(月)18時06分19秒 i58-95-150-46.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用
  ☆彡 夏兎アフィン代数多様体    ぐずみ

   ところ天アフィン代数多様体

   菊日和アフィン代数多様体

 *********************************************
季語が動くと云った問題とは真逆に、多様体であるが故に、少々の季語にはなじみます。

 う~~ん、「多様体」なあ~! 大概の俳人は、そこに、付だとか離れだとか、さらには体だとか、有心だとか、詩だとかを持ち出して・・・・いや、一目で何も言わずに、「没」でせうね。

  2017    7  24                         山崎ぐずみ

「俳句の種まき」・・・・夏井組長の著作物や各所での発言などを、みていきますと、「俳句の種」にも二つの意味があるようです。通常は、この4・4音は俳句の普及、あるいは裾野の拡張やセイビといった意味で使われているようですが、時には、17音から季語を省いた部分、というか、俳句の種にあった季語をはめ込むと俳句が一句出来上がる、といった、方法論を、・・俳句の缶詰、あたりから口にされておられていたような、・・・。

 詰まるところは、季語をふくめて、俳句の種、・・・もっともっと集めまくりなさい!無い事には蒔けないのですから、という、ボキャブラリーの収集が唱えられ、その次にその活用が図られている、そんなコトバだとも読み取れる、のですが、・・・・・。             ぐずみ拝
 

夏ウサギ

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 7月24日(月)17時13分39秒 i58-95-150-46.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用
  ☆彡  赤信号 みんなで渡れば こわくない   これはいろんな意味でダメ!
それに対して

    赤信号前後左右見てわたる    匿名子

    赤信号座って本を読むでゐる   ぐずみ

 ダメ、季語がない!

 ムムム

    赤信号ふいに駆けだす夏兎    ぐずみ

 俳句は読む人次第、とか  ・・・このへんでいかがでせうか? 
 

(無題)

 投稿者:ぐずみ  投稿日:2017年 7月24日(月)16時51分3秒 i58-95-150-46.s41.a028.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  「法律論」云々のはなし

 ここで出た話し、著作権とか、肖像権とか、個人の名誉棄損・・・・、いろんな法や律や令や、…それから各省の通達や指導といった行政の、・・・(たしかこんなふうに書いたはず)のどの部分を問題にされておられるのか、・・・・?!どこの部分が、何に抵触するというのか、

 あるいは、その立件は、刑事なのか、民事なのか、

 調停があるのか、ないのか、いきなり裁判所へ持ちこむ話しなのか、それとも知り合いとか、各地の法律事務所、あるいは行政施設の相談所などへまずは相談されようとしているのか、・・・・・

 違う、でしょう。今のところは、法律のド素人(私も含めて)が、ああだこうだとたんなる常識の範囲での見解を並べているにすぎないのでしょう?!

 だから、そんなのは今は止めておいて、外にすること、そう、言葉を交わす、あるいはぶつけ合うことがあるのでは、と言っているのです。
   ************************************************************************
 私が言いたいことは、個人の、あるいは社会の安全とか安寧とか平和だとか、さらには各種の権利・義務を担保するにあった、法体系や行政に接触するにあったの知識がどうたらこうたらを、持ち出すのも、構わないというか、その知識は持っておいても邪魔には成らないのだろう、

 だがしかし、

[法治国家」? 「法治国家だから、まずは法律の判断を仰ぐ!」?

 冗談じゃないよ、国家云々のまえに、わたしたちは「文人」であるはずです。「文人である以上は、文によって解決を測るのが専決のはず、です」 コトバを、自らが・・・・これが大事書いたり読んだり、人様に自らの名の下に発表してみせようか、というお方たちの集まりの場で、・・・なぜ、自らのコトバで、語り合ひ、みずからの努力によって、その解決を図り得ないのか、・・・・・それを非難したわけです。

 かつて知識人とかいった言葉があり、その時代は、言論をもちえない大衆は、(場合によれば)彼等を頼るしかなかったのですが、知識人階級というのは、あの70年で消滅してしまいました。いまは各人が自立することを求められている時代です。

 知り合いの弁護士に相談する、自立するにしても、専門家の意見をうかがうことは、・・・・?

 弁護士や警察官、あるいは検事・裁判官といった職人・職能は存在しますが、知識のレヴェルからすれば、社寺仏閣を預かる僧侶や神主と同じ程度の<知識>しか持ち合わせていません。・・そう、この分野(文藝の分野ですよ)では、わたしたちと同格なのです。

でもね、国家権力を背景にした場合は、別ですよ!!!!!!以上は、あくまでも個人レヴェルでの話しです。

 わたしなんぞは、法と弁護士なんて言葉を目にしますと、個人と社会、あるいは、国家という幻想、・・・・そういう位相へ移行してしまいますから、止めておきなさい、と云っているのです。

 いまの時代を支えているのは、貴族・武家・知識人といった階級が消滅して、後に残った、有名・無名の大衆の社会です。ゼロ歳児からネタきりまで、ぜえんぶひっくるめると・・・・まあ、1億2千万ほどいるのでしょうか。 (千代田一丁目一番地のこととか、霞が関のことはここでは止めときます。ここは、文藝の場で、政治思想の板ではないと思うので)

 違うでしょう。目下の参加者は、夏井組長を筆頭に、比々きさんであり、あるいは酒井さん、・・・、あるいは天地さん、北海道の靴を履いたお方、・・・・まあ、芦屋のおば様になんらかの席にお呼びしたとしても、最大10万ほどの俳句界のなかでの、ごくごく片隅でおきたお話し。
 いつき組というか、俳句ポストに限れば、最近になって参加者は五千句・千人を超えたばかし、ですよねえ、・・・・。なぜ、千人のうちの、それも、さきほどの数十人だかの、名簿の問題が、いきなり1億2千万の国政レヴェルの場の話しに持ち出される必要が、あるのでしょうか、・・・・ 。一般社会人からすれば、俳人てえのは、・・なんてえことにも。いや、そんな恥や外聞と云ったことは気にしない、それはそれで一向に構わないとされるのかもしれませんが、・・・・・。
   2017  7 24                                                                                                            山崎ぐずみ
 

Re: 「俳句は物にまつわる詩である」の復習

 投稿者:天地わたる  投稿日:2017年 7月24日(月)16時36分5秒 59-166-128-18.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.3330[元記事へ]

> あつちやん、葉音さん、また多くの方のいっそうの理解のために、句を上げて不肖天地わたるが解説いたします。
> まず、それミー吟行荒川におけるぼくの気に入った句から。
>
> 片陰の鴉の喉の朱きこと 山香ばし
> これは鴉がおそらく口を開いたときの赤さにぞっと驚いたのでしょうね。物がよく見えます。片影と暗さと鴉の羽の黒さの違いもよく、印象的。できれば、「片陰や」と切るともっと鴉の喉は見えたでしょう。
> 物を意識することで見える句になります。
>
> 二百円握り駆け出す子らの夏 人見直樹
> これも「二百円握り」としかと物を見せてしっかりした句になりました。書いてないけれど手の汗と銀貨の汚れの織り成す特有の匂いも感じられます。
>
> やはらかき薔薇の籬や都電ゆく 由野
> 「薔薇の籬」といったことで薔薇がさらにはっきりしました。向こうを行く電車もしっかりと見えるよい配合。あのへんの風土性が出ました。
>
> ひこばえ句会より。
>
> 向日葵や千にひとつの当たり籤 莎草
> 「千にひとつの当たり籤」は物なのか。情報ではないのか、という疑問があるでしょうね。けれどこの句は「向日葵」という季語を物にしたことで抜群に効いてはっとする内容になりました。
>
> 炎天や廊下に濡れた足の跡 莎草
> 「俳句が物にまつわる詩」であるなら季語以外のところを物でおさえたこちらのほうが叶っているでしょう。作者は中七下五を物でしっかり描き、季語は天文という茫洋としたものにするという技を見せました。
>
> 夕端居回想は目を閉ぢぬとも さとう菓子
> 原句は<回想は目を閉ぢぬとも夕端居>でしたがこれは季語を上五に持ってきて格調と句意がはっきりするでしょう。
> 「回想は目を閉ぢぬとも」は作者の感慨、気持ちであって、そういうものは俳句に書けないと天地さん言ったじゃないですか、と批難されそうです。
> そうなんですがこの句の季語が物。端居しているのは作者なんですが作者がしっかり見えるでしょう。どこかにしっかりした物が見えることで心象も句に引っ張り込めるのです。
>
> 最後に、NHK俳句、夏井いつき選、第2席。
> 密を舐めるやうに遠雷は生まれる 登るひと
> これは遠くに鳴る雷を「密を舐めるやうに」という奇抜な比喩で体感しようとした句です。「密を舐めるやうに」は物に即しているでしょう。ゆえに作者の感覚を他人に手渡せるところまで持って来られたのです。
> 感覚的な句ですが物語ではありません。物から発生する感覚句ないし幻想に富んた句と、物語を混同しないことが大事です。
>
 

(無題)

 投稿者:酒井おかわり  投稿日:2017年 7月24日(月)14時40分17秒 p1036254-ipngn6901sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  比々きさんへ。
そんなの、もちろんダメに決まってるでしょ?
ちなみに私は中立の立場で意見してます。
引用はダメは法律だからダメなもんはダメ。
だから組長のブログから引用は許可なきゃダメ。
今はブログに引用禁止と明記されましたが明記してなくてもダメ。
私用の範囲は本人以外が見たら私用の範疇は超えます、もちろん。
 

夏の夜

 投稿者:詠美  投稿日:2017年 7月24日(月)14時36分7秒 sp49-106-216-37.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  喧嘩して仲が深まる夏の夜
昔の教え子の作品です。

菩提もとより木なし、明鏡もまた台にあらず、
本来無一物、いずれのところにか塵埃惹かん~禅語

ごめんなさい、ゆるしてね、愛しています、ありがとう~~ハワイの祈り
 

(無題)

 投稿者:酒井おかわり  投稿日:2017年 7月24日(月)14時34分15秒 p1036254-ipngn6901sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  ぐずみさんへ。
文芸に関わる者は法律論をしてはダメなのですね。
初めて知りました。
ご迷惑かけ申し訳ございません。
句友であり遊び仲間の弁護士にケシカランと伝えておきます。
さすが散文へ旧仮名と新仮名と文語と口語を織り交ぜて話す高尚な方の言う事は説得力が違います。
不勉強でした。
 

空を見上げてみませんか?

 投稿者:小市  投稿日:2017年 7月24日(月)14時03分28秒 KD113148126127.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  いくたびのいくさがありやあまのがわ

 

名簿作成のこと2

 投稿者:ウロ  投稿日:2017年 7月24日(月)13時38分38秒 FL1-110-233-78-126.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  私論の骨子は昨日書いた通りですが、まとめてみました。。

? 名簿作成は誰でも自由にできる。名簿に記載される人(以下、乙とする。)の事前了解を取る必要はない。更に記載された人乙の抹消要求に応じる必要はない。

? 名簿をそのまま転載するには(著作物の二次利用)名簿作成者(以下、甲とする。)の許諾を必要とする。許諾を得ないと著作権の侵害になる。(もちろん、乙の許諾は必要ない)

? 名簿が原因でトラブルが生じた場合は、

ア. 名簿作成者甲と無関係の第三者と、乙とのトラブルに甲は責任を有しない。(甲は紛争当事者に当たらない。)

イ. 紛争の原因が名簿にある場合は、紛争当事者は、甲と乙になる。例えば、名簿が不正確であったために生じた損害は甲が乙に弁償しなければならない。

? 乙の基本的人権は自らの匿名性によって保護される。公開されている個人情報の範囲内までしか他人の介入は許されない。それを超える介入は人権の侵害になる。

? 名簿を作成することは甲の自由である。転載または引用の場合はその典拠・引用元を明示しなければならないが、今回の場合は自らが作成者であって引用ではないのでその必要はない。しかし作成の根拠となったデータは開示するほうが親切だろう。

? 甲は名簿を作成開示すると同時に、内容に関して責任が生じる。乙は、改名・住所変更などの際、甲に届け出る義務はないが、甲には常時追尾して記載内容の正確を期さねばならない義務がある。


行動することは自由だが、そこには義務と責任が同時に発生することについて名簿作成者は明確に意識していたかどうかを皆危ぶんでいる。

きちんと説明することなく、徒に感情的になって悲憤慷慨することに終始している。
これは掲示板管理者のすることではない。

わからないことをわかるように説明するのがリーダーだ。
リーダーのうつわでないものをリーダーに担ぐことはない。

ここまでこじれたら掲示板をやめるしかない。しこりが残らないはずがない。

解散!(したらどうですか?みなさん)

https://ameblo.jp/ouroboros-34

 

スルーって、時には大切かも

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2017年 7月24日(月)12時10分32秒 211.2.159.92
返信・引用
  真面目だとさ、苛立つ意見にスルーはできないよね。
でもさ、人ってそれぞれじゃん。
スルーしてさ、焼酎でもバーボンでもかっ喰らって寝ちまえばさ、いろいろ収まるってこともあるじゃん。
ちゃらんぽらん、大好き!
鈍感力って、大切かも?

告白のスルーをされた夏の果

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

レンタル掲示板
/69