teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(38)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


「おひるのクローバー」ムービー俳句

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月24日(火)14時09分48秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  ひでやんさん、ムービー俳句王、おめでとうございます!

http://www.nhk.or.jp/matsuyama-blog/hirukuro/haiku/295996.html

 神様は印象派らし暮の春  ひでやん

みなとさんも「惜しい20句」おめでとうございます!

 北斗星ふるさと思ふから苦手  みなと

次回は5月21日締め切り。兼題ムービーは、こちら。

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/hirukuro/haiku/

 
 

Re: おはようございます。

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月23日(月)11時53分45秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  > No.4526[元記事へ]

> ちなみに、比々きさんの今回の句(121)(122)ではと感じました。
> 違ってたらすいません(^∧^)。


すご~い、輝久さん、大当たりです!(笑)

ちょっと表現がストレート過ぎたと反省。

寝かせることなく投句したのが失敗の元。

私ももっと練らなくっちゃ、です。

次回はこの反省を生かして、頑張りますね!
 

おはようございます。

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 4月23日(月)05時54分53秒 dhcp43209.oct-net.ne.jp
返信・引用
  比々きさん有難うございます。

私も少しずつではありますが・・・所々で取ってもらえてます  が「俳句道場」での選考基準が自分でも分っていました。
直接的な表現。この殻を破る努力をしないと・・・

ちなみに、比々きさんの今回の句(121)(122)ではと感じました。
違ってたらすいません(^∧^)。


 

伊吹嶺

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 4月22日(日)23時13分28秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、有難うございます!
そして輝久さん、みなとさん、おめでとうございますーーー!
いつか皆さんと並んで選に入ってみたいです。
頑張りますーーーっ!!!
 

伊吹嶺HP句会

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月22日(日)18時18分25秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  4月分の発表が今日ありました。

http://ibukinet.jp/hp_senku-kekka.html

みなとさん、めぐるさん、輝久さん、今回も入選おめでとうございます!

今回は全句講評してくださっているみたいで、私の2句も直しなしの好意的な評でホッとしました。
 

スポーツの俳句

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月22日(日)15時06分34秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  「一句一遊」、今日〆切のお題「サッカー」を調べていて、こんな記事を見つけました。

堀本裕樹さんとアスリートたちによる、スポーツを題材にした句会、スポーツ俳句を作る時の参考になりそうです。

スポルティーバ句会開催! スポーツの魅力を五・七・五で詠む
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/other/2015/08/20/post_532/
 

Re: おはようございます。

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月19日(木)12時22分30秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.4513[元記事へ]

輝久さん、ありがとうございます!

特選には「芸術性の高いもの」が選ばれると書いてありますが、選ばれはしたものの、「何を詠むかではなくて、どう詠むかが大事」と、きっちりアドヴァイスもいただいてしまいました。

大事なのは「テーマ(主題・what)」ではなく、それをどう表現するか、「方法(how)」なんですよね。

絵画にしろ他の芸術一般も、煎じ詰めれば「方法」の追求であったわけで、ゴッホやルドンの絵でもわかるように、同じ花を描いても「方法」が違えば、全く違う印象の花になってしまいます。

筆のタッチを見れば一目で「これはゴッホだ!」と判るほどオリジナリティがある!

自分にしか描けない、オリジナルな表現の追求は=「方法」の創意工夫と同義、俳句もそれと同じだなあ、と改めて考えさせられました。

今思い返すと、「こういうことを詠みたい」という「テーマ」重視の意識が先行してしまって、それを「どう」詠むか、という「方法」意識は、ご指摘のように薄かったと反省。

早速自分なりに季語を主格にして、推敲してみました。

選者の谷村さんのいいところは、いつも選びっ放しにしないで、「ここはいい。だけどここは一考の余地あり」と明示してくださるところ。

なので、次は「何に、どう気を付ければいいか」が解るうえ、自分の句だけでなく、他の人の句評からも学べるので、私のような初心者は、こういう噛んで含めるようなアドヴァイスは大いに助けになります。

次回は薔薇。

自分の内に沸き起こる感覚や浮かぶ言葉を大事に、今度は「方法」にも気を付けて作ってみよう!と思っています。

次もまた、一緒にがんばりましょうね!



> 比々きさん、「俳句道場」の蛙、特選おめでとう御座います。
> 私も二句投句で辛うじて入選Bでした。
> (入選B)・・・直接的な表現、思いが先行してる。・
> まだまだ練らねばと思いますね。
 

おはようございます。

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 4月19日(木)07時02分54秒 dhcp54002.us.oct-net.jp
返信・引用
  比々きさん、「俳句道場」の蛙、特選おめでとう御座います。

私も二句投句で辛うじて入選Bでした。
(入選B)・・・直接的な表現、思いが先行してる。・
まだまだ練らねばと思いますね。
 

「詩客」俳句時評

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月18日(水)12時45分43秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  「詩客」俳句時評、今回は「俳人戦士タサクタシャー」の風見奨真さんが、俳句に関する面白い自説を展開。

https://blog.goo.ne.jp/sikyakuhaiku/e/28dc5d5c2dd4185d4ed8b3f29a985916

よかったら読んでみてください。
 

Re: 初めての俳句本

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月18日(水)11時48分28秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  > No.4507[元記事へ]

おおっ、めぐるさんの「初めての俳句本」が千野帽子さんの「俳句いきなり入門」だったとは!

雛鳥が最初に見たものを親だと思い込むインプリンティング(刷り込み)ではないですが、どの俳人の入門書や俳句観に最初に出会うかで、その後の俳句の方向性が決められたり、影響を受けるというのは大いにありますよね。

何をもって俳句と見做すかは、俳人それぞれ皆さん違う俳句観をお持ちなので、数多ある入門書の1冊2冊で「俳句ってこういうもの」と決めつけたり、解ったつもりにならずに、真逆な説も含めて、「多様」な俳句観に触れるのは大事なこと。

その点では、「俳句は詩ではない」という立場の千野帽子さんのこの本は、目から鱗が何枚も剥がれること請け合いのマストアイテム。

「なぜ詩ではないのか」の説明は、「俳句は詩だ」と信じて疑わない人こそ、一度は読んでおいた方が絶対お得。視野が広がります。

詩人になった自分に自己陶酔したいだけのポエマー人間や、「わたしを見て!見て!」タイプの人間、「実体験主義」で日記や私信、私小説と同じレベルで自己開陳したいだけの人は、実は俳句に向かないことや、「よくぞ言ってくださいました」という感じの千野さんの自説が満載。

俳人の大半の反発を買うことを覚悟で、自分の思ったまま、感じたまま「異説」を説かれる、この勇気こそクリエイティブだし俳句的。拍手です。



> 比々きさん、こんばんは!
> 「俳句いきなり入門」のご紹介有難うございます!!
> 句歴10年の友人が、俳句を始めたばかりの私に回してくれた、
> 私にとっての「初めての俳句本」です。懐かしい!!
> 今読むと、また違った感慨で読めるような気がします。
> また貸してもらお~っと(^^)
 

初めての俳句本

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 4月17日(火)21時23分40秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、こんばんは!
「俳句いきなり入門」のご紹介有難うございます!!
句歴10年の友人が、俳句を始めたばかりの私に回してくれた、
私にとっての「初めての俳句本」です。懐かしい!!
今読むと、また違った感慨で読めるような気がします。
また貸してもらお~っと(^^)

 

「俳句いきなり入門」

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月16日(月)15時34分16秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  千野帽子さんの「俳句いきなり入門」(NHK出版新書)、今までの俳書にはない発想で俳句を捉えていて、ものすごく新鮮です。

例えば、106p「ずぶの素人がたどる(と思われる)四つの段階」では、

第一段階 自己表現期
「こういう内容を言いあらわそう」と考えて、それを表現するために言葉を捜す。意味がわかりすぎの句か、舌足らずで意味不明なボケボケフレーズ(俳句にすらなってない)ができる。結果より自分の意図(言いたい内容)が大事。

第二段階 自動筆記期
自分の着想のために言葉を捜すのをやめ、「×××という言葉を使おう」と考え、それに合わせるためにべつの言葉を捜すようになる。意味不明の自動筆記のような句ができる。自分の意図(言いたい内容)はどうでもよくなる。

第三段階 前衛俳句期
意味不明だが読者たちが想像でいろいろと補える句ができる。いい結果を出すことが自分の意図。それ以外の意図(言いたい内容)は二の次。

第四段階 伝統俳句期
読者たちが想像でいろいろと補って、単一のもしくは複数の意味に回帰する句ができる。いい結果を出すことが自分の意図。それ以外の意図(言いたい内容)は二の次。

「ダメな句は全部似ているが、いい句は一句一句違っている」

「川柳では『意味がわかる』ことがなにより大事なのにたいして、俳句では『よさがわかる』ことが大事」

「俳句は読むことから始まる」

など、など、読んでハッとする、刺激的な言葉に満ちています。

良かったら、是非お読みになってみてください。

 

日本テレビ「なんでこんな本出しちゃったんですか?」

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月16日(月)14時52分49秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  昨日の「俳句王国」では、まとむさんと、なんと我らがウエンズデー正人くんも出演して、最後の一騎打ちしてましたね。

来る4月18日(水)深夜23:59~0:54には、「日テレ」の「なんでこんな本出しちゃったんですか?」という「変な本を出した変な著者を招き、出しちゃったワケを深堀りするトーク番組」で、北大路翼さん編集の『新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」 アウトロー俳句』が取り上げられます。

出演は、吹越満&カズレーザー+北大路翼

http://www.ntv.co.jp/program/detail/21868145.html

深夜ですが、面子が面白いので、見られない方は予約して、是非ご覧になってみてください。

 

プレバト!!連載

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月13日(金)12時29分36秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  NewsWalkerというサイトに「プレバト!!連載」というコーナーがあります。

https://news.walkerplus.com/search/プレバト!!連載

※NewsWalkerのトップページが出ますので、スクロールして右下の方の検索ウインドウで「プレバト!!連載」で検索すると一連の記事が出てきます。

出演者の気持ちに加え、終りの方には組長のコメントも書かれていて、テレビを次に視るときに、また違った眼で視られそうです。

例:東国原英夫さんに関する組長のコメント
「俳句はスポーツの筋トレみたいなもので、俳句のメカニズムを知ってそれをこつこつと反復練習すると、ある程度のところまでは誰でも確実に上手になるんです。東国原さんは、今、嬉々として筋トレをして、着実にまっしぐらに上手くなってる感じです。私もこう見えて体育会系だったんですよ。筋トレや反復練習するのを厭わない体育会系の人は上手くなる。あと理系の人は言葉と言葉をパズルのように組み合わせることに違和感がないんです。だから体育会系の精神力を持っている理系の脳みその人がいいのかもしれない。」

 

愚陀仏庵

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月13日(金)11時47分2秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  2月投句分が今日発表になっています。

http://www.bansuisou.org/haiku/kekka.html

特選、秀逸、入選にハイポでお馴染みのお名前がいっぱい!

皆さんおめでとうございます!
 

奇人怪人俳人

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月11日(水)13時27分16秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  鈴木正治さんの句を探していて、「週刊俳句」の今井聖さんの面白い連載を見つけました。

一癖も二癖もある俳人が活写されています。

「俳人」という人種を理解する上で、おススメの読み物です。

「奇人怪人俳人」1~6
http://weekly-haiku.blogspot.jp/search/label/%E5%A5%87%E4%BA%BA%E6%80%AA%E4%BA%BA%E4%BF%B3%E4%BA%BA?updated-max=2012-01-01T00:09:00%2B09:00&max-results=20&start=8&by-date=false

「奇人怪人俳人」7~14
http://weekly-haiku.blogspot.jp/search/label/%E5%A5%87%E4%BA%BA%E6%80%AA%E4%BA%BA%E4%BF%B3%E4%BA%BA

 

俳句文法研究部(訂正とお詫び)

 投稿者:ひでやん「  投稿日:2018年 4月10日(火)23時42分19秒 p561194-ipngn200412matuyama.ehime.ocn.ne.jp
返信・引用
  俳句ポスト「三色菫」の週に掲載された口語の動詞の活用に続ける言葉の中で、間違いがありました。
口語では、「~ば」は「已然形」ではなく、「仮定形」でした。
失礼しました。
早速、訂正の文を投稿しました。
俳句文法研究部を読んでいただいている皆様にお迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。

未然形  ~ない
連用形  ~ます
終止形  。
連体形  ~とき(~こと)
仮定形  ~ば
命令形  。
(未然形) ~う
 

おもしろいサイト見つけました

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月10日(火)16時26分25秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  千野帽子さんの本「俳句いきなり入門」(NHK出版新書)の元になった「日経ビジネスオンライン」のコラム『千堀の「投句教室575・別館」 飛び込め! かわずくん』(千堀・ちぼり。千=千野帽子さん、堀=堀本裕樹さん)。

読むためには無料登録が必要ですが、全72回、読めば確実に何かが見え、何かが変わります。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110128/218196/

ちなみにその片鱗を知るために「俳句いきなり入門」の目次を。
作者曰く、「いままでのどんな俳句入門書にも書いてなかったこと」を書いたとのこと。

第一章 句会があるから俳句を作る
第二章 俳句は詩歌じゃない
第三章 言葉は自分の「外」にある
第四章 だいじなのは「季語以外」だった
第五章 きわめて大雑把な「切れ」の考察
第六章 文語で作るのは口語で作るより百倍ラク
第七章 ひとりごとじゃない。俳句は対話だ。

私も今読んでいる最中ですが、オススメです!

 

超結社の吟行句会、行ってきました

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 7日(土)22時21分28秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  某ハイポニストからのお誘いで、超結社の吟行句会に行ってきました。

皆さん各結社の同人や句歴数十年のベテランばかり。

男女がほぼ半々の15人の参加で、いつき組は私と誘ってくださった方の二人だけ。

50代が最年少で、あとはほとんどが同年代。
皆さん本当に気のいい方で、初参加でも気を遣うこともなく、すぐに打ち解け、すっかり旧知のように仲良くなってしまいました。

幹事回り持ちで、年間40回(月3回)ほど吟行句会を催しているとのこと。
お泊り句会もあるようです。

出句は、吟行句4句+席題4句で、①折り句(上五・中七・下五の最初の1音が指定の文字で始まる句)、②あまり馴染のない珍しい季語、③指定の漢字一字を必ず使った句、④指定の言葉を句の中に匂わせる句、という具合で、バラエティに富み、ものすごく新鮮で、面白かったです。

超結社なので、誰かが突出して親分風を吹かすということもなく、とにかく言いたい放題の和気あいあい。

打ち上げも15人中14人が参加で、誰もがよく喋り、話の弾むこと、弾むこと。

活動範囲が東京だけでなく、千葉や関東近県とかなり広いので、近場を狙って、今月はもう一回参加するつもりです。

吟行や句会が楽しいのは、参加者全員がフラットな関係だから。
そのことを、今回改めて感じさせられました。

参加されている皆さんが口々に、超結社だと、結社のピラミッドや序列を気にしなくていいので、とにかく楽しい、一回来て「ハマッた」、と仰っていたのが印象深かったです。

最後に句歴40年のベテランの方が、俳句は、どうしても「詠む」ことに力を傾注しがち。それだけだといつか頭打ちになる時が必ず来る。普段から文章を書いて、「書く」ことも同時に続けること。それが大事、と仰ってくださって、我が意を得たりで、すごく嬉しかったです。

 

おはようございます。

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 4月 7日(土)07時14分14秒 dhcp54002.us.oct-net.jp
返信・引用
  おはようございます。

割と朝の早い私でして、あらためて「俳句道場」読み返してみました。
確かに素晴らしい投句先だと感じました。

無鑑査の名人詠み・・・入選(A)・・・入選(B)・・・ユニー句等・・・
そそられます。無論クオカードも。
比々きさんに感謝です。



 

Re: おめでとうございます

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 6日(金)23時21分31秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  > No.4487[元記事へ]

輝久さん、ありがとうございます!

俳句道場は広島テレビの俳句番組なのですが、パソコンから投句できるので、全国から応募があり、投句者も増えているらしいです。

俳句道場
http://www.htv.jp/tv-ha/haiku/index.html

知ったお名前のハイポニストも、たくさん投句しておられます。

先月までは毎週放送だったのですが、今月から隔週に。

選評がどこのサイトよりも丁寧なので、投句し甲斐がありますし、おススメです。

今募集しているのは4月11日(水)〆切で、兼題は「蛙」。翌週の18日(水)が放送です。

大賞に選ばれると3000円のクオカードのプレゼントもあるんですよ。

良かったら輝久さんも応募してみてくださいね。

応募フォーム
https://f.msgs.jp/webapp/form/11822_smr_638/index.do



> 比々きさん、皆さん今晩は。
>
> 比々きさん、俳句道場大賞おめでとう御座います。
> さっき、飛んでみました。
>
> テレビ番組かと思ったら、PCからキッチリ投句出来るんですね。
> 恥ずかしながら・・・今気づきました。


 

おめでとうございます

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 4月 6日(金)20時10分34秒 dhcp54002.us.oct-net.jp
返信・引用
  比々きさん、皆さん今晩は。

比々きさん、俳句道場大賞おめでとう御座います。
さっき、飛んでみました。

テレビ番組かと思ったら、PCからキッチリ投句出来るんですね。
恥ずかしながら・・・今気づきました。

 

めぐるさんへ

 投稿者:みなと  投稿日:2018年 4月 6日(金)15時26分1秒 g245.61-205-214.ppp.wakwak.ne.jp
返信・引用
  >みなとさん初めまして!
「伊吹嶺」特選。「俳句チャンネル」【天】おめでとうございます!
  みなとさんも大活躍ですね!!

 お祝(人''▽`)ありがとう☆ございます(^_-)-☆
 お名前だけは、あっちこっちで見て存じております。
 どうぞ!宜しくね。。
 

Re: おめでとうございます!

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 6日(金)00時13分9秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.4483[元記事へ]

> 比々きさん、大賞おめでとうございます!!
> ふっくらと豊かな幸福感にうっとり・・・なんともふんわりと大きな句ですね!
> 選者の言葉も、とても大事なことが書いてありますね。心にパチンと嵌りました!
> これからも比々きさんの多方面での活躍を楽しみにしております!!


めぐるさん、ありがとう!

俳句道場に投稿し始めてまだ5回目ぐらいなのですが、選者の谷村秀格さんが毎週水曜〆切、中1日置いて金曜放送なのに、毎回大賞、特選句だけでなく、入選句に至るまで、何10人分も丁寧に選評を書いて下さって、その労を惜しまない姿勢に感動したのと、過去ログの選評を読んで、彼の俳句観に大いに共鳴し、「こんな方に見てもらいたい」と思って、投稿し始めました。

俳句道場のHPを見てくださればお分かりになりますが、20ヶ所近く投稿している私の知る限りでも、ここまで丁寧に選評を書いてくださる選者を他に知りません。
この一事をとっても、彼が投稿者に如何に真摯に向き合おうとしてくださる方か、理解できます。

今朝早速広島テレビの俳句道場担当の方からお電話があり、今日の内に商品(クオカード3000円分)を送ってくださるとのご連絡を戴きました。
その時「東京にお住まいなのに、なぜわざわざ広島テレビの方に投句してくださるんですか?」と訊いて下さったので、「選者の方の俳句観に共鳴したのと、選評を面倒臭がらずに、入選の方々の分まで書かれるその熱意に感動し、こういう方に見てもらいたいと思ったからです」とお答えしたら、「それを聴いたら彼も泣いて喜ぶと思います」とおっしゃってくださって、本当にいい出会いをしたなと、嬉しくなりました。

選評を読むだけでも学ぶことが沢山あり、私は読みながら要点を逐一ノートにメモするようにしています。

私以外にもハイポニストがたくさん投句していますので、もしお時間に余裕があるようでしたら、是非めぐるさんも参加してみてください。
下記の選評を読んでお分かりのように、大事なことを沢山学ばれると思います。

 

おめでとうございます!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 4月 5日(木)17時49分53秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、大賞おめでとうございます!!
ふっくらと豊かな幸福感にうっとり・・・なんともふんわりと大きな句ですね!
選者の言葉も、とても大事なことが書いてありますね。心にパチンと嵌りました!
これからも比々きさんの多方面での活躍を楽しみにしております!!

>みなとさん
初めまして!
「伊吹嶺」特選。「俳句チャンネル」【天】おめでとうございます!
みなとさんも大活躍ですね!!
皆さん素晴らしすぎる~~~!!!

 

「俳句ポスト365」作品集

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 5日(木)11時41分3秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  今年から冊子配布が廃止され、PDFデータによる公開のみとなったようです。

作品集はこちらから。

http://haikutown.jp/post/archive/

 

Re: 俳句道場

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 4日(水)23時31分3秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  > No.4477[元記事へ]

> ついに頂きましたね~
> 大賞おめでとうございます(*'▽')


みなとさん、いつも気にかけてくださって、ありがとうございます!

講評にも少し表れていますが、前から選者の方の俳句観に大いに共鳴していたので、きっと相性がいいんだと思います。

みなとさん初めハイポニストもたくさん投句しているので、毎回発表が楽しみです。

今月から隔週水曜日が放送とのこと。

これからも、毎回悔いのない仕方で句作りをしていこうと、改めて思わされました。

 

Re: 俳句道場

 投稿者:みなと  投稿日:2018年 4月 4日(水)20時57分40秒 g245.61-205-214.ppp.wakwak.ne.jp
返信・引用
  > 思いがけなく大賞をいただきました!
>
>  蛤やふくませおれば張る乳房


ついに頂きましたね~
大賞おめでとうございます(*'▽')
本日、発表も忘れて居ました。

大賞おめでとうございます?      みなと
 

俳句道場

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 4日(水)18時46分31秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  思いがけなく大賞をいただきました!

 蛤やふくませおれば張る乳房  比々き

うれし~!

http://www.htv.jp/tv-ha/haiku/index.html

以下は選者の谷村秀格さんの講評です。

全応募句を一読したときからの文句なしの大賞。
俳句ではよく写生だ映像だと言われるが、大事なのはカメラ的風景ではなく、そこからどう「モノの気配を捕まえる」かなのである。
そういうところに「ものの見えたる光(芭蕉)」がある。
句であるが、実景か心象風景か、「蛤」に思いを馳せていたところ、そのふくよかな殻の形態と乳房の形態がどこかでリンクした(取り合わさった)のであろう。
かつての授乳時の身体感覚が湧き上がってきたのを迷わず自分の言葉で句に掬い取ったところが成功した。
といっても、句中の「蛤」は海中で心臓のように脈動している呼吸している「蛤」ととりたい。
古代中国では大きな「蛤」が空中に吐いた息によって作られた楼閣を蜃気楼と呼んでいたというが、「蛤」のイメージは意外に幻想的で雄大でもある。
だからこそ、「ふくませおれば張る」という寄せては返す波のような詠み方、たたみかけるような動詞の強いうねりと呼応してくるのである。
この取りあわせによって、単なる身体感覚だけではなく、母としての実感、生きているという実感・母なる海・大いなる母性・生きている感動など、何層もの豊かなイメージを伝えているところが大変見事である。
このような句を見たときに、上五が向日葵でも春風でも成立するので「季語が動く」、すなわちよくないのではないかと言われる方もおられようが、問題ない。
この句の場合、この取りあわせによって、句からイメージされる世界の豊かさが上記のようにきちんと担保されているからである。
「ふくませおれば張る乳房」の上五に、そもそも何らかの正解があるわけではないし、俳句の取り合わせは正解探しでもないし、俳句は「動かぬ表現」をとらなければならないものでもない。
ネクタイの色違いのようなもので、紺色も似合えば赤色も似あう、それでいいのである。
句を鑑賞するときに「ただその一句の世界を感じる」のではなく、「俳句はこういうもの」と教条から理解してゆくような小賢しい態度のほうが芸術鑑賞としては問題である。
これからも俳句の常識にとらわれず、自分の感覚を自分の言葉で表現してほしい。
大賞おめでとうございます。次回もぜひご応募ください。
<作句のポイント>
モノの気配(なんとなくそう感じる)を迷わず詠む。

 

オススメ本その2

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 3日(火)12時41分46秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  先の佐藤文香さん編「俳句を遊べ!」の巻末でも紹介されていた、ひらのこぼさんの「100」シリーズの一つ、「俳句開眼100の名言」(草思社)。

100人の俳人の100冊の俳書から、要点のみ、俳句の勘所だけを、例句と共に見開きでまとめられています。

例えば、

球を置きにいくな  堀口星眠
ほんのちょっとズラす  辻 桃子
「間」で転じる  長谷川櫂
一点主義  沢木欣一
種あかしはするな  楠本憲吉
俳句は白黒テレビ  飯田龍太
アンバランスのバランス  中島斌雄
カメラを捨てよ  江國 滋
感動を素早く冷やす  池田澄子
季題を演じる  岸本尚毅
第六感で作る  棚山波朗
ひらきなおり  時実新子
記憶を風化させよ  橋 閒石
言葉の意味を消す  攝津幸彦

、といった具合。

一生のパートナーになる1冊です。

 

オススメ本

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 2日(月)17時41分30秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  岸本葉子さんの俳句関連の本は、その語り口の柔らかさもそうですが、他の「教える」タイプの俳句本と一線を画し、どの本も「初心者目線」で書かれているのが特徴。

ご自身は句歴9年だそうですが、「初心忘るべからず」で、初期のころのご自身の失敗談や、恥を掻いたエピソードなども堂々披露して、初心者でも肩の力を抜いて読めるように配慮されています。

今日のオススメは『575 朝のハンカチ 夜の窓』(洋泉社)。

今回は女性俳人の句の鑑賞がメイン(唯一、成瀬櫻桃子が黒一点で混じっているのがご愛敬)ですが、

「俳句は意味を入れなくていい、入れないほうがむしろ良いらしい」とか、
「俳句は理知を嫌う」「十七音の中に因果関係を作らない」とか、
「よく見ようとすればするほど、理科の観察のようになってしまった」とか、
「俳句では、意味ありげとか、思わせぶりとか、ほのめかしは敬遠される」とか、
「ぼーっと歩くのがいちばん」、
「『もの』は声を持たないけれど、雄弁」、
「読者の反応を先取りしすぎると、作為的になる」、
「選評をしっかり言える人は、上達が早い」、
「鑑賞に勝る入門書なし」

など、傾聴に値する言葉も満載。

是非とも手に取って読んでいただきたい一冊です。



 

兜太さんインタビュー

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 4月 2日(月)16時44分50秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  TBSラジオ 嶌信彦 人生百景「志の人たち」で、以前放送された兜太さんのインタビューが聴けます↓。

http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20180401213000

聴けるのは明日の13時56分まで。

虚子の目指したところと兜太さんが目指したところ、その違いについても明瞭に語られています。

「生きもの感覚」で生きてこられた兜太さんの面白エピソードも満載!


 

おはようございます。

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 4月 2日(月)06時38分44秒 dhcp54002.us.oct-net.jp
返信・引用
  比々きさん、めぐるさん、皆さんおはようございます。

めぐるさん、有難うございます。めぐるさんも2ポイントおめでとうございます。


・・・そうなんですね。今月投句から新規なんだ。
とにかく、投句は続ける様に頑張ろうと思っています。

互選においては・・・今回、五句選と選句を22日にやっているんですが、なぜか
選句欄に「輝久」が無い!!??
おかしい。あんなに気をつけていたのに


 

おめでとう~!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 4月 1日(日)11時30分33秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  トポルさん、『俳句ポスト』地選おめでとうございます!!
丸い備蓄タンクが、浮き玉のように思われました♪

輝久さん、『現俳協ネット句会』3句とも点入っていましたね!
おめでとうございます~!!
私もそこまで辿り着きたいですーーーっ!!
年度替わりで気分一新、またガンバリマス!!
 

Re: トポルさん、おめでとう!

 投稿者:トポル  投稿日:2018年 3月31日(土)22時42分28秒 42-147-96-133.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.4461[元記事へ]

> 俳ポ「春潮」地選、トポルさん、おめでとう!
> 「備蓄タンク」の具体が効いてますね。

比々きさん、ありがとう!
ほんっと久々の地選でした。こんなんでいいの?って感じです。
 

トポルさん、おめでとう!

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月30日(金)11時19分12秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  俳ポ「春潮」地選、トポルさん、おめでとう!

 春潮や備蓄タンクの浮きさうな トポル


「備蓄タンク」の具体が効いてますね。

http://haikutown.jp/post/results/20180208?type=results2



 

有難うございます。

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 3月29日(木)21時23分35秒 dhcp54002.us.oct-net.jp
返信・引用
  今晩は。

比々きさんには、アップして頂き有難うございます。
比々きさんも、佳句にお名前拝見致しました。

自分では、もう少し発想を飛ばしての取り合わせで詠めればと、努力はしてるんですが・・・
なかなか・・・です。
 

オススメ俳句入門書

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月29日(木)15時30分37秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  「俳句入門書」、他とは一線を画する「唯一無二」の表現を目指す俳人が執筆しているにしては、どれも類想、類型、亜流、似たり、寄ったりのものが多く、読んでワクワクする画期的な入門書はないかと探していたら、ありました!

「俳句を遊べ!」佐藤文香・編(小学館)

「取り合わせ」などのコツが、実にスッキリ解り易く絵入りで説明されています。

例句も見飽きた句ではなく、福田若之さんや関悦史さんなど、最近の若い人たちの句もバンバン取り上げているので、新鮮な気持ちで読み進めることができます。

袋廻しだけでなく、「俳句かるた」を使っての俳句の「読み」を、俳句甲子園のようなやり方で競う遊びも紹介されています。

良かったら、一度手に取ってご覧になってみてください。

おもしろいですよ!


 

e船団 俳句クリニック

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月29日(木)15時09分41秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  星野早苗ドクター の「今週の十句」と「その他の佳作」の両方に輝久さんのお名前を発見!

輝久さん、おめでとうございます!

http://sendan.kaisya.co.jp/clinic.html

三歳と告げる墓前のお中日 輝久

Gパンを七分に折りて春の川 輝久
 

Re: 御無沙汰してます

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月24日(土)17時33分40秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  > No.4455[元記事へ]

> 福田若之は、話題になった佐藤文香さんのアンソロジー「天の川銀河発電所」の巻頭にもなっている作家ですが、そこでも取り上げられている「ヒヤシンスしあわせがどうしても要る」「春はすぐそこだけどパスワードが違う」「てざわりがあじさいをばらばらに知る」等々、素晴らしいなと思います。

「天の川銀河発電所」は、私も読みました。

面白いですよね!

若い人たちは既成の俳句「表現」の枠に捉われず、現実との整合性も求めず、言葉を「素材」に、自分という読者を喜ばせるために、自分の描きたいように描いている、そんな感じがしました。

私は佐藤文香さんの「伝えたいことがないから俳句を選んだ」という言葉が好きです。

http://magazine.moonbark.net/interview/satoayaka2/2/

以前短歌をやっていた時もそうですが、今俳句をやっていても、私の場合、基本「伝えたいことが何もない」んですよね。

絵を描く人も音楽をやる人も、多分それ自体が面白いからやっているんであって、何か伝えたいことがあるからやっているわけじゃない、そんな気がします。

表現すること、それ自体が面白いからやっている、それがたまたま絵の具や音ではなく「言葉」だった、ということなんじゃないかな。

平畑静塔が「常識円満」は「俳句道の大敵」、「俳人は痴呆でいいのである」と言っていますが、理屈では割り切れない部分も多分に持っている私たち。

それをそのまま描けば、今の若い人たちの作るような句になる、そんな風に感じたりもしています。
 

Re: 御無沙汰してます

 投稿者:大西主計  投稿日:2018年 3月24日(土)10時09分19秒 pdf867838.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  > No.4447[元記事へ]

> 大西さん、おひさしぶり~!
> またちょこちょこ覗いて、よかったら俳句関連のとっておきの情報など、書き込みもしてくださったらうれしいです!

ありがとうございます。ここんところ、福田若之の句集「自生地」にはまっています。
句が佳いのはもちろんですが、句集が、句集を作る作業の自身への問いかけ、苦悩、解放、の体裁を取っており、一種サスペンスドラマとしても読める(言い過ぎかな?)ようになっています。
こんなにドキドキして句集を読んだのは初めてでした。
前に、半分冗談で「のの字はねぬの字になるの春だから」という句を作ったのですが、自生地の中に、ののちゃんシリーズの句群があり、「ばあができなくてののはいないいない」等16句、きゃっと思いました。(週間俳句で検索できます)
福田若之は、話題になった佐藤文香さんのアンソロジー「天の川銀河発電所」の巻頭にもなっている作家ですが、そこでも取り上げられている「ヒヤシンスしあわせがどうしても要る」「春はすぐそこだけどパスワードが違う」「てざわりがあじさいをばらばらに知る」等々、素晴らしいなと思います。
 

大西さん、おめでとうです!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 3月24日(土)01時24分36秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  きゃー大西さんお久しぶりです!!
『NHK俳句』おめでとうございます、
蝶々を切符にするなんて素敵・・・その発想、分けて下さいーーー!
皆さん、素晴らしいですね!
 

Re: 御無沙汰してます

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月23日(金)00時58分17秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  > No.4445[元記事へ]

大西さん、おひさしぶり~!

 てふてふをペルシャへ帰る切符とす 大西主計

> イランは駐在もしてましたし、馴染みの土地ですが、あの句は、古代ペルシャを想定した句です。
> 奈良時代の正倉院宝物殿から、シルクロードの先のペルシャ(当時の日本人にとって夢のような国)を仰ぎみる、という幻想のつもりでした。

イランにもいらしたんですね!
正倉院の宝物の意匠や文様には、ペルシャなど西アジア起源のものが多くあるということは聞いたことがあります。
私はてっきり安西冬衛の詩「てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った」がベースにあるのかなと思ってました。

またちょこちょこ覗いて、よかったら俳句関連のとっておきの情報など、書き込みもしてくださったらうれしいです!
 

御無沙汰してます

 投稿者:大西主計  投稿日:2018年 3月22日(木)23時26分48秒 sp1-75-213-121.msb.spmode.ne.jp
返信・引用
  すっかり御無沙汰しています。
皆さん、おかわりありませんか。
比々きさん、亜阿介さん、拙句のNHK入選に触れて戴き、ありがとうございました。
ひょっとして、と思い、久しぶりにこちらを覗いて良かったです。お礼を言い損ねるところでした。
イランは駐在もしてましたし、馴染みの土地ですが、あの句は、古代ペルシャを想定した句です。
奈良時代の正倉院宝物殿から、シルクロードの先のペルシャ(当時の日本人にとって夢のような国)を仰ぎみる、という幻想のつもりでした。
また時々寄らせて戴きます。
 

太宰と「古池や」の句

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月22日(木)16時37分25秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  『俳句』1月号に恩田侑布子さんが太宰の『津軽』を引用して、とても面白い指摘をしておられます。

参考:『津軽』(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2282_15074.html

60p(『津軽』より抜粋)
「ひるすぎ、私は傘さして、雨の庭をひとりで眺めて歩いた。(中略)チャポリと小さい音がした。見ると、蛙が飛び込んだのである。つまらない、あさはかな音である。とたんに私は、あの、芭蕉翁の古池の句を理解できた。私にはあの句がわからなかつた。どこがいいのか、さつぱり見当もつかなかつた。名物にうまいものなし、と断じてゐたが、それは私が受けた教育が悪かつたせゐであった。(中略)余韻も何も無い、ただの、チャボリだ。謂はば世の中のほんの片隅の、実にまづしい音なのだ。貧弱な音なのだ。芭蕉はそれを聞き、わが身につまされるものがあつたのだ。(中略)謂はば破格の着想である。月も雪も花も無い。風流もない。ただ、まづしいものの、まづしい命だけだ。(中略)在来の風流の概念の破壊である。革新である。いい芸術家は、かう来なくつちや嘘だ、とひとりで興奮して(後略)。
 芭蕉と太宰は、社会の片隅に生きる者同士「つまらない、あさはかな」蛙とこころを通わしています。芭蕉の呼吸に素肌で感応した真の文学の交響がここにあります。」

以前にも長谷川櫂さんの説、「蛙には菊を取り合わせるのが当時の常套。しかし、芭蕉は古池を敢えて取り合わせ、革新を図った」とご紹介しましたが、「雪月花に拠る在来の風流の概念を破壊し、革新し、破格の着想を目指すのがいい芸術家」、という太宰の慧眼に、改めてこの句の偉大さを再認識させられました。
 

ありがとうございます!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 3月21日(水)20時51分31秒 182-167-97-192f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、お知らせ有難うございます!
確かに先月より発表が早かったですね。(きっちり20日!)
皆さん、おめでとうございます~~~!!
 

(無題)

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 3月21日(水)17時12分20秒 dhcp53004.us.oct-net.jp
返信・引用
  有難うございます。
比々きさんのページで知りました。今月は早い様な感じです。

比々きさんも、e船団の十選句おめでとう御座います。
私も投句はしてるんですが・・・歯抜けになってしまってます。
本当は、一日一句コンスタントに投句出来ればいいんですが

 

Re: お返事遅れてすみません

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2018年 3月21日(水)00時05分31秒 ai126166149006.48.access-internet.ne.jp
返信・引用
  > No.4436[元記事へ]

立志さん、わざわざ返信戴いて恐縮です。

> これを機会にこれから親しくしていただけると光栄です。

こちらこそよろしくお願いします。

> 良かったら僕のブログへもいつでもお気軽に遊びに来てくださいね(*^^*)

時々伺います。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

お返事遅れてすみません

 投稿者:立志  投稿日:2018年 3月20日(火)17時26分22秒 dh239170.icknet.ne.jp
返信・引用
  最近何かと忙しくて、あ~すけさんからせっかくお声をかけていただいていたのに返信が遅れてすみませんm(_ _;)m

駆け出しの僕を知っていただけていたのが嬉しいです。
僕の方こそ、あちこちで活躍されているあ~すけさんのお名前は存じ上げています。
これを機会にこれから親しくしていただけると光栄です。

あ~すけさんのブログ、早速拝見させていただいたんですが、句作も選評も膨大で、こうやって努力を惜しまないからこその各所でのご活躍なのだなと舌を巻きました。
未熟な僕にとって、俳句に真摯に向き合うあ~すけさんからは学ぶところ大なので、どうかこれからもご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。
それと、あ~すけさんにとって有益な情報があるか自信はありませんが、良かったら僕のブログへもいつでもお気軽に遊びに来てくださいね(*^^*)

http://blog.livedoor.jp/kogeuma-syoshinsya/

 

伊吹嶺

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 3月20日(火)15時28分3秒 softbank126114190191.bbtec.net
返信・引用
  みなとさん、こうこさん、特選おめでとうございます!

輝久さん、めぐるさん、入選おめでとうございます!

http://ibukinet.jp/hp_senku-kekka.html
 

レンタル掲示板
/83