ひし形枠(ひし形自然枠)

このページは主に鉄、自然、農業についてたかみつが
書き込んでいます。


ひし形の枠の中は、自然の
生き物が活動しやすい。


このページに書いた途中の考えは間違いなく何の役にも
立たないと言っておきます。

考えの根拠
・小惑星探査機はやぶさに鉄
・縄文土器の形と縄の模様の意味


全て見るには「記事一覧表示」を押してください。
この掲示板はたかみつの書き込み専用となっております。


ひし形枠(ひし形自然枠)なんでも掲示板へ
「ひし形枠」という言葉を使う時にはこのページにリンクをはって下さい。


2016年8月30日公開
作者 たかみつ 群馬県桐生市出身 群馬大学工学部中退 英検2級

相互リンク集



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


28件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[118] 次に進むカギ

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月21日(日)20時31分19秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

物では自然にたちうちできない。はっきり言ってしまうと。

「考え」という形にしないとダメなんだ。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs




[117] (無題)

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月14日(日)13時30分32秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

何も経験した事がなくて、何も思いつかない人がひし形自然枠を先に進め
ようとするなら、こんな風に考えれば良い。
・ひし形枠の中は日の光で温度が温かくなると、いろんな事が起きてくる。
もとになった縄文土器は火で煮るための物だから。
・ひし形枠の中で生き物の事を考えると1年、10年先の事しか考えられな
いが、生き物が死んだ後の有機質については千年後まで想像できる。枠に
入れないとどうなるのか、枠に入れるとどうなっていくのかを想像してみる。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[113] 成し遂げたからこそ分かる事2

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月 6日(土)19時30分33秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

日本の仕事をやりぬいた人へ

最後まで仕事をやった人は、人に聞かないで考えぬく事ができるが、よく考えては
書いて、「考える力」を養わなければいけない。

日本社会の仕組みに従ってひとつの仕事を続けていれば、一人で考えた事を人に
聞かないで、「それは合っているとして」でずっと考える事ができる。でも、そ
の人が考えた事が最後にたどり着くのは、仕事から来るので役に立たない。でも
大丈夫。途中の考えた事が大事で、言葉で必ず途中途中の考えを書いておく事。
考えにはひっかかりがたくさん必要だ。

書いたのを見て自分の考え方のかん違いのしやすさを知る事。知識をおぎなうなど、
それに対しての対策をする事。それをひたすらやる事で養った「考える力」が、「確か
な根拠」に出会った時、答えを出す事ができるだろう。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[112] 成し遂げたからこそ分かる事1

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月 6日(土)19時21分48秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

勉強した人へ

確かな根拠に出会えるかどうかで考えは大きく変わる。
初めて考えた時の考え。これはぼう大な量に及ぶ。そして価値があり、いろんな
事に役立つ事を君は考えた。

しかし考えた事は人に見せなきゃいけない。たくさんの人に見てもらうためには考
えをひとつにしぼり、いったん捨てなきゃいけないんだ。その時に多くの時間費や
してきた事を失う事になる。

考えて行った最後の事。考えには確かな根拠がなきゃダメだ。説明できなきゃダメ
だ。「確かな根拠」に出会えるかどうかで考えは大きく変わる。小さな確かな事を大
きく伸ばしていくと分かるんだ。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[103] 太陽電池で石臼を動かす

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月 2日(火)14時27分47秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

石臼まで考えがめぐったのでひとつ。
太陽電池で石臼を動かす。世界中どこでも粉がひける、いつまでも。
電気が通っていない所でも。太陽電池を売って外貨を稼ごう。

石臼びきのそばを食べた事があるだろうか。体の調子がすごく良くなる。
きっと、大根を干すとカルシウムが増えるように石臼でそばをひくと含ま
れるミネラルがつぶれて吸収されやすい形に変化するのか、あるいは
石に含まれるミネラルがそばにくっつくのかだ。石臼でひくと、普通の食
べ物とは違うものになるのは確かだ。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[102] ひし形自然枠

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月 2日(火)13時35分35秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

(合わせ鈍角直角かべ。惑星探査機はやぶさに鉄、から考え出しました、
最新の考えです。)
つぶれた四角形、ひし形の枠ならば、木とひもで作れる。ひし形は自然
の形だ。中で微生物や植物など生き物が活動しやすいと考えられる。
たい肥枠をひし形の形にしてたい肥を作る。段ボール箱で形を作れる
ので見てみてください。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[101] 途中の考え方

投稿者: たかみつ 投稿日:2018年 1月 2日(火)13時30分3秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

途中の考え方、考えられる色々。
縄文ぎゅうぎゅう
→たい肥枠を必ず使って詰め込んでたい肥を作る。
→合板、金属のたい肥枠をくずして木をひもでしばっていかだにして、
集めた草をはさむ所から考える。
→U字形の直角かべ(縄文土器の形をヒントにして)(コの字型のコン
クリートかべに近い。)
→鈍角直角かべ(鈍角槽岩付から。惑星探査機はやぶさに鉄、から考
え出した。)
→合わせ鈍角直角かべはひし形、そして木とひもで作れる形だ。自然
の形と言える。

自然とはこういう時間の経過によって差がつくもので、なぜひし形がいい
のか、完全に説明することはできない。中で微生物や植物、生き物が活動
しやすいと考えられる。考えられるのは、

日差しが入りにくい形で中が日かげになる、風が入りにくく湿気が入り
にくい、中に詰めた草を足で踏みつけることに対して、両側からはさまれ
る様な鈍角のかべの作用を受ける。まん丸じゃなくてつぶれているから
生き物が住みやすい。両端との距離が短いので水もめぐる。ひもで束ねた
わらの束の中に入れてやるような「すき間に入れる」感じだ。

いろんなものにひし形を当てはめてみる。縄文土器をひし形にして、ひし形
のなべ、ひし形の漬物容器・・・とんがっているふちを丸く補強、ひし形の
ボイラー・・・中に入れたものをかき出しやすい、ひし形のうす・・・作り
やすい。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[100] 縄文ぎゅうぎゅう

投稿者: たかみつ 投稿日:2017年12月30日(土)19時29分6秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

縄文土器の縄の模様は、縄で締め付けたようにぎゅうぎゅうに土器に
詰め込むという意味。
縄文ぎゅうぎゅうをヒントにたい肥を作ると。より適度な水分をめぐらす
ためにぎゅうぎゅうに草を枠に詰め込むというわけだ。

ぞうきんをしぼった時に、ぞうきん全体に均一に水分がめぐる様な感じ。
これだと良い微生物による分解が始まるだろう。腐敗分解になりにく
くなる。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[93] 縄のもようの意味

投稿者: たかみつ 投稿日:2017年12月 4日(月)18時07分2秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

縄文土器の縄の模様の通りに、「縄文直角かべ」に入れた草やわらを縄でかべ
に締め付けてみる。草やわらがぎゅうぎゅうに詰め込まれたようになる。これは
嫌気性発酵に向かっている。かき混ぜる好気性発酵とは違う発酵だ。草の形を
とどめている間だけこの縄での締め付けが効く。しかし土のようになってくると縄
で締め付ける事はできなくなる。

これは一体何を意味しているのだろうか。「たい肥枠」に草やわらを、米ぬかや鳥
フン、水をかけながらよく踏んでぎゅうぎゅうに押し込めてたい肥を作る方法という
のがあったけど、その嫌気性発酵が良いということなのだろうか。縄のもようから
すると。しかし縄文土器は火で中を煮るものだから、「縄文直角かべ」の中で草や
わらをかき混ぜるという使い方の方向性は合っていると思う。ぎゅうぎゅうに容器
の中に押し込めるのがいいのか、よくかき混ぜたほうがいいのか、縄文土器は
二つのことなる分解方法を示している。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs



[91] 直角かべで草わらかき混ぜ縦割り縄文土器

投稿者: たかみつ 投稿日:2017年11月28日(火)17時46分7秒 softbank220003204152.bbtec.net  通報

畑に、鉄筋コンクリートの直角かべを建てて、草やわらをそこでかき混ぜ
て、たい肥を作るとかき混ぜやすい。

驚いたことに、直角のかべというのは、縄文土器を巨大にして、縦に割っ
た時の形とほぼ一致する。半円形の直角かべがそれだ。なのでこれで間
違いないと思う。

江戸時代、日本では草わらにフン尿をかけて腐らせてたい肥にしていた。
それは金属やコンクリートを作る技術がなかったからだと言えるだろう。こ
れからはこの半円形の直角かべ、「縄文直角かべ」がある。人間が一番
かき混ぜやすい道具がこのかべなのではないか。腐敗ではなく発酵した
草わらたい肥を安定して作り続ける事ができそうだ。

http://6805.teacup.com/takamitsu7/bbs


レンタル掲示板
28件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.