teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


天草方言教室

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 1月 7日(月)18時00分46秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 実況放送
テーマ:なかなかづくし
なんかなかかな なかなかなかな(何か無いですか 中々無いですね)

愛想んなか 愛想がない 可愛げがない 愛想もこそもなか すっかり嫌になる
味気なか 古語【味気無し】 物足りない 張り合いがない
味もせせらもなか 味もそっ気もなか 味気ない 不味い
足踏み先もなか 踏み入る隙がない
宛行(あてぎや)ンなか 責任感がない 無責任 頼みにならない
危なか 危ない 危険
有られむなか 古語【有られぬ】 不都合 不味い とんでもない あってはならない
言うともなか 古語【言いとうも無し】 言いたくもない
痛とうも痒うもなか 全く痛くない 平気だ
胡散(うさん)なか 古語【胡散】 怪しい 疑わしい
遠慮会釈もなか 厚かましい
惜しげむなか 惜しみなく
思い掛けむなか 思い掛けない 意外にも
陰も形もなか 跡形がない
気散なか 古語【気散じ】 構いがない ②呑気
汚(きたな)か【汚い】 不潔 不衛生
きんのなか 限りがない 際限がない
術(じゆつ)なか【術なし】 方法がない ②切ない 心苦しい
しょうことなか 古語【せうことなし】 仕方ない やむを得ず
性懲(しようこり)りもなか 少しも懲りないで
仕様模様なか どうしようもない 仕様んなか 仕方ない
忙(せわ)しなか 忙しい 余裕がない
ずつなか【術なし】 方法がない ②切ない 心苦しい
素っ気なか【素気無い】 冷淡だ 薄情 つれない にべもない
徒然なか 古語【徒然なし】 退屈 ②寂しい ③心細い
とつけむなか【途轍もない】 滅相もない とんでもない
突拍子もなか とんでもない
途轍(とてつ)もなか 途方もなか 法外な 意外な 手段がない 方法がない
頓着(とんじやく)んなか 無頓着 無責任 等閑(なおざり)
とんでもなか 途方もない 考えられない 思い掛けない
情けなか 薄情 残念だ
情け容赦もなか 同情したり許したりしない 厳しい仕打ち
何もかんもなか 全く何もない 無一文
能のなか 才能がない 千恵がない
のさんのなか 運が悪い 不運 良い目に遭わない 授かりがない
端(はした)なか 下品だ 卑しい 不作法 ②中途半端
ひち見たむなか 見たむなか 古語【見とうもない】 見たくもない みっともない
ひょんなか 古語【ひょんな】 妙な 以外な 不思議な
風はなか【風采がない】 格好悪い 無様だ
変なか【変だ】 不思議だ
法外もなか 法外もない 並外れて
方角もなか 途方もない とんでもない
味噌も糞もなか 区別がない
身も蓋もなか 露骨で情味も含蓄(がんちく)もない
妙なか【妙だ】不思議だ 変だ おかしい 不自然だ
無慙(むぞう)気んなか 可愛げがない
滅相もなか やるしゃなか あり得ない とんでもない 気が揉める 切ない
遣る瀬無か 心が晴れない 切ない
ゆうなか【善くない】
油断も隙(すき)もなか 僅かな隙もない
欲も得もなか 損得を
 
 

七日正月行事 七草粥

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 1月 7日(月)17時29分7秒
返信・引用
  七草粥(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)を食べて無病息災を祈ります。
※ホトケノザ(コオニタビラコ)は食用(写真中)
微毒性ホトケノザ(写真下)
 

七日正月恒例行事「鬼火焼き」

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 1月 7日(月)17時03分39秒
返信・引用
  竹の櫓に火が放たれパチパチ、パ~ンと大きな音を立てながら空高く燃え上がる炎。「鬼が恐れて退散する」という  

明けましておめでとうございます。

 投稿者:ツル爺  投稿日:2019年 1月 1日(火)11時10分13秒
返信・引用
  新年明けましておめでとうございます。
輝かしい新年をお迎えのことと存じます。
皆々様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
 

天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2018年12月30日(日)12時47分18秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 実況放送
テーマ:色も色々・痛さにも程がある

  色も色々
あおあおなる【青々】 青味が増す
あおがり【青刈り】青田刈り 未熟な稲を刈り取る
あおくさか 古語【青臭し】 青草の匂い 生しい ②未熟
あおざむる【青褪め】 顔色が無くなる 血色が無い
あおすったん 熟れていない果実 顔色の悪い人
あおた【青田】 実らない稲田  ※青田と我が子を誉めるはバカのうち
あおた買い・青田刈り ②企業が人材確保のため他社より早く学生の採用を確定する
あおたるる【青垂れ】 顔色が青白い
あおてんじょう【青天井】 青空 晴天 ②取引相場で上限がないこと
あおな【青菜】あおやしゃー 野菜   葉野菜  ※青菜湯掻きを男に見せるな
あおなった  青くなった ②肝を潰した
あおに【青丹】  岩緑青 緑色の顔料の土 青丹よし奈良の都は咲く花の匂うがごとく今盛りなり枕詞
あおにしゃ【青二才】 未熟者 若造 若輩
あおばな【青洟】 青みがかった洟 タンパク質欠乏症鼻炎 ※黄洟はウィールス
あおびゅうたん【青瓢箪】顔色の青白い人
あおもん【青物】 アジ、サバ、ハマチ、ブリなど背中が青い魚 ②野菜 葉野菜
あか 赤ちゃん 赤子
あかがみ【赤紙】 召集令状
あかしんにょ【赤信女】 未亡人  ※亡夫の墓石に生存中の妻の戒名を刻む風習
あかのたにん【赤の他人】 何の関わりもない人
あかっぱじ 古語【赤恥】 あかはじきゃーた 人前で恥をかいた
あかばちかやる 顔色が赤く火照る 赤面する
あかべー あかんべー【赤目】古語【あかすかべい】 拒否表現の所作  ※嫌なこった
あだじろか【阿娜白い】 なまめかしい白さ
きんなかこえ【黄色い声】 かん高い声
くろっすー【黒煤病】 果実の伝染病
しらーしらなる 夜が明ける
しらーっとして 白を切って 知らぬ振りして
しらかす 古語【白かす】 古語【白化け】
しらきる 知らぬ振りを通す 無関係を装う
しらじらしか【白々しい】 見え透いている 興ざめる
しらっちゃくる 色あせて白くなる
しらた 樹木の表皮近くで白い部分
しらふ 素面 酔っていない
せいてん【青天】 晴天 ※「青天の霹靂」:青空に突然起こる雷 思い掛けない事件が起る
せきはん せっくゎん【赤飯】 おこわ
せきらら【赤裸々】  丸裸  ②包み隠しがない あからさま
どすぐろか 毒々しく黒い 光沢が無く黒い
はらぐろか【腹黒い】 根性が悪い 悪巧みや魂胆がある ②サヨリ
まっかなうそ【真赤な嘘】 明らかな嘘 全くの嘘

  痛さにも程がある
あ痛し 古語【嗚呼痛し】 あ痛由し  痛い時に発する感嘆語
頭痛 うす頭ン痛か 打ち割るる如たる がんがんする ずっきずっきする
腹痛 腹ン塞く しくしくする じぐじぐする  ※腸閉塞
陣痛 子産ち腹ん塞く ※膨満感
腰痛 腰ン疼(うず)く
足痛 足ン棒の如たる 足ン突っ張る 烏曲がりする  こむらがりする 筋ん攣(つ)る
神経痛 神経痛の噛ん付ぃた リューマチの抉(えぐ)る
歯痛 歯ノすびく 歯ノきりきりする
肩痛 肩ン抉(えぐ)る 据錐(いぎ)る 肩ンつっくわんぐるごたる(引抜く)
皹(あかぎれ) 皹ノつつく ずきずきする
火傷・日焼け ひでる ひりひりする ぴりぴりする
霜焼け 痛痒か かっかする 火が付く
 

下田鬼海ケ浦の夕陽

 投稿者:ツル爺  投稿日:2018年12月30日(日)07時54分54秒
返信・引用
  下田鬼海ケ浦の夕陽  

天草FM みつばちラジオ

 投稿者:ツル爺  投稿日:2018年12月25日(火)18時34分32秒
返信・引用
  天草FM みつばちラジオ
正月(2・3・4日放送)番組 収録

※キーワード
除夜の鐘(108の煩悩)
四苦八苦:(4×9)+(8×9)=108
四苦(生病老死)
八苦
愛 別離 苦 - 愛するものと分かれなければならない苦しみ
怨憎 会 苦 - 憎んでいる対象に出会う苦しみ
求 不得 苦 - 欲しいものが得られない苦しみ
五蘊 盛 苦 - 心身の機能が活発なため起こる苦しみ

お正月(松の内)行事の由来   天草の風俗習慣
お正月は何故おめでたいのか
 正月には年神(歳徳神)が来るのを祝う
 大掃除 門松 〆縄 餅搗き:鏡餅 お神酒 おせち
 年越蕎麦 除夜の鐘(108の煩悩を払う) 幸木 花餅
 若水汲み 初日の出 おとそ 雑煮
初詣(はつもうで)について
 神々への報恩感謝
(八百万の神:屋敷神 竈荒神 厠神  水神 山の神)
※賽銭(散銭)→貝貨(女性器:生命):穢れを清める
神社(感謝とお礼)と寺(お布施:喜捨:我欲を捨てる)
鳥居・七五三縄(聖域:結界)
七日正月 七草がゆ  鏡開き 鬼火焼き 小正月 春祈祷
 

みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2018年12月24日(月)07時20分59秒
返信・引用
  みつばちラジオ〔天草方言教室:JAT WAVE Sunday〕
 毎週日曜日11時から 実況放送
こりゃ面白か 天草方言 !!

  落ちる
あえる あゆる いっちゃえる いっちゃくる いっちゃける いっちゃゆる
うっちゃいくる うっちゃいける うっちゃえる
うっちゃくる うっちゃける うっちゃゆる おっこつる おっこてる
おっちゃくる おっちゃける おつる おてる きゃーこくる きゃーこける
こくる こける さでこくる さでこける ちゃーくる ちゃーける
ちゃいくる ちゃいける ちやえる ちやくる ちゃくる ちゃける ちやゆる
つこくる つこける つっこくる つっこける つわえる つわゆる
ひっちゃえる ひっちゃくる ひっちゃける ひっちゃゆる 43
「カミナリさまンおてらいた」(落雷した) 「熟柿んあえた」(落果)

  落ちる《牛深》
あゆい いっちゃゆい おっちゃくい おつい こくい
ちゃーくい ちゃくい つこくい つっぱる ひっちゃいくい ひっちゃくい

  食べる〔ぱぴぷぺぽ〕 《高浜》
ぱ 「ぱんかなぁ」(食べませんか)
ぴ 「ぴぃなっせ」(お召し上がりください)
ぷ 「ぷぅてみろ」(食べてみてください)
ぺ 「ぺぇな」(食べてよ)
ぽ 「ぽぅかい」(食べようか)
「飯ゃぱん パンなろぷぅ」(ご飯は食べない。パンなら食べる)
「あっとうしてぴぃえん」(熱くて食べられない)
「早ょぺぇ」(急いで食べてよ)・「後からぽぅ」(後で食べるよ)

  くゎ くぃ くぅ くぇ くぉ
くゎんね(食べないか)・くゎん(食べない)
くぃなっせ(食べてください)・くぃくぃさるくな(食べ歩きするな)
くぅてしまえ(食べ残すな)
柿食うけぇ(柿は食べますか)・くぉ(食べる)《五和》
さっさくぇ(早く食べろ)・くぉだ(食べよう)
せっくゎんくゎんかん(赤飯を食べませんか)《島子》
刺身なめなっせ(刺身食べてください)《牛深》
刺身かめなぁ(刺身食べてよ)《御所浦》
餅(もち)かまんかい(餅は食べませんか)
こいもんかまんかん(香の物食べませんか)《苓北》
 

みつばちラジオ〔天草方言教室〕

 投稿者:ツル爺  投稿日:2018年12月19日(水)19時18分56秒
返信・引用 編集済
  天草FM みつばちラジオ 毎週日曜日午前11時~11時半〔天草方言教室〕
  天草方言 語彙数が豊富

古事記 最古の歴史書 「両児(ふたご)島、亦名謂天両屋(あまのふたや)」 天草=海士(あま)の民草
744年(天平16) 続(しよく)日本記 「肥後国天草」
885年(仁和元) 和名類聚抄(るいじゆうしよう) 肥後国安万久佐郡 波太天草志岐恵家高屋
海の道 海上交通が主流 奈良・平安時代(7~8世紀)外国船の漂着
江戸j時代の往還 (富岡往還 宮地往還 西目往還 深海往還)
1898明治31年(120年前) 人力車43台 荷馬車2台 客馬車2台
1906明治39年(112年前) 本渡富岡線が開通 自転車7台
1910明治43年(108年前) 本渡~大浦線開通
1912大正元年(106年前) 本渡牛深線 開通
1915大正4年(103年前) 天草に初めて自動車 ※迫が違えばことばが違う
※ 牛深ハイヤは日本のハイヤ節の源流 民謡研究家:竹内勉

1566年(452年前) ルイスアルメイダによりキリスト教伝来 五人衆志岐麟仙
外国文化の流入(南蛮:ポルトガル・スペイン・イタリア・オランダ・イギリス)
  (南京:中国・東南アジア)
1582年~1590年  天正少年遣欧使節団 12才~14才
 伊藤マンショ・千々石ミゲル・中浦ジュリアン・原マルチノ
1587年~1614年 コレジオ(大神学校)・セミナリオ(初等教育)
1591年~1597年(427年前) 天草学林
 日本最初の活版印刷によるローマ字本 (47種12種現存)
 天草本イソップ物語・平家物語(大英博物館)
 安土桃山時代の都ことば(標準語):京都方言
 古語や文語調のことば 多数残存 日ポ辞書(外来語)
1613年 徳川秀忠:キリシタン禁止令 (伝来より47年)
1637年:寛永14(380年前) 天草島原の乱 人口半減:12,208人弱
 1639寛永16年~1864嘉永7年(225年間) 鎖国
1641年:寛永18 天領天草代官 鈴木重成
 曹洞宗:13 浄土宗:7 真言宗:1 神社2 寺社領300石
1642年 移民政策 西国以南 集団移民:都城(薩摩藩)→ 佐伊津
流人の島
1692年 高野山僧徒 140人天草へ配流
大浦九品寺・志岐国照寺・高浜隣峰寺
1804年:文化元年 140,446人 人口爆発(一揆後167年で10倍)
 1950年:昭和25 240,750人
寺子屋 私塾 高識字率  1690年 高浜隣峰寺の法印祐遍覚が私塾
1760年(258年前) 御領に私塾〔正論社〕・1818年:栖本私塾〔学半舎〕
1856年:本町東向寺〔聴松堂〕・1830年:町山口〔徳田屋熟〕
1833年:河浦信福寺〔臨川塾〕:定舜上人・1862年:本戸馬場〔集義館〕
1863年:町山口〔誠文堂〕・1867年:明徳寺〔文学塾〕
1872明治5年(146年前):学制・1866明治19年(132年前):小学校令

   天草方言 「じゃる」と「じゃか」(肯定と否定)
じゃい じゃいがや そうだ その通り 本当だ 確かだ《牛深》
じゃいけん そうだから それ故に
じゃいしぇな そうだから《佐伊津》
じゃいじゃい そうだ(協調)《牛深》
じゃいちゃがや そうなのだ《牛深》
じゃいて そうなのに《佐伊津》
じゃいで そうだから《牛深》
じゃいと そうだ その通り《牛深》
じゃいろ ではあるか そうだろうか そうなのか
じゃか そうではない 違う 嘘だ(否定)
じゃかいや そうではないのか 違うのか
じゃかがや 違うではないか 嘘ではないか《牛深》
じゃかごたる そうではないようだ
じゃかしぇな 違うから《佐伊津》
じゃかじゃ 違うよね
じゃかじゃか 嘘だ 違う(強調)
じゃかじゃっか …きゃ …け そうではないだろう 違うではないか
じゃかせんや 違うから《二江》
じゃかた じゃかて 違うではないか 違うのに
じゃかちさい 違うのだよ
じゃかちされば 違うといったら違うよ
じゃかちな じゃかちや 違うのですか
じゃかっかい じゃかっかな じゃかっきゃ …け 違いますか
じゃかっさい じゃかっさな じゃかっさね 違うのだよ
じゃかっじゃ じゃっじゃん 違うぞ 違うのだぞ
じゃかっじゃいろ 違うらしい
じゃかっじゃか …きゃ …け   違うでのではないか
じゃかっじゃって じゃかて じゃかとに 違うのに
じゃかっじゃもね じゃかっじゃもん 違うのだもの
じゃかっじゃろう そうではないでしょう
じゃかっじゃんば  違うでのだもの《牛深》
じゃかっぞ じゃかべ 違うぞ 違うのだぞ
じゃかった 違った 嘘だった
じゃかったっちゃ 違っていても 嘘でも
じゃかっちゃがや 違うでのだよ《牛深》
じゃかっちゅかい …きゃ …け そうではないだろうか
じゃかっちゅた 違うそうだ 嘘だそうだ
じゃかっど 違うでしょう
じゃかっばい じゃかっばえ 違うぞ 違うのだぞ
じゃかっぱい じゃかっぱな じゃかっぺー《佐伊津》
じゃかて  違うでのに
じゃかてさい 違うというのに
じゃかと そうではない 違うのだ 嘘だ
じゃかとて 違うでの《鬼池》
じゃかとに 違うのに
じゃかともとった 違うと思っていた
じゃかとん 違うが
じゃかばい じゃかべ 違うようだ
じゃかはず 違う筈だ
じゃかばって 違うようだけど
じゃかもね そうではないではないか 嘘だろう
じゃかもん じゃかろもん そうではないよ 違うよ
じゃかもんじゃっで そうでないから
じゃがや そうだ 本当だ 確かだ《牛深》
じゃからじゃま 当然そうですよ その筈ですよ
じゃからんば そうでなかったら
じゃかりぃろ そうではないではないだろうか
じゃかれば そうでなければ
じゃかろう そうではないでしょう 違うではないか
じゃかろばって そうではないでしょうけど 違うかもしれないが
じゃかろもん 違うでしょう
じゃかんな じゃかんね 違うのですか
じゃかんなろ じゃかんなろば 違うのであれば
じゃけん であるからして その通りだから
じゃっじゃっ そうだ 本当だ 確かだ 正しい そうだの強調
じゃっちゃか そうではないか
じゃっちゃが じゃっちゃっかい そうですよ 本当なんですよ
じゃっちゃって そうだけど 本当だけど 正しいのに
じゃっちゃもね じゃっちゃもん そうなのだ
じゃっちゃろう じゃっちゃろもん そうでしょう
じゃっちゃん そうですよ 本当なんですよ
じゃって であるのに そうなのに
じゃっで であるからして であるから だから
じゃっと 確かにそうです 相違ありません
じゃっと? 確かですか 本当ですか
じゃっど じゃっどが  そうでしょう
じゃっとかい …かな …きゃ …け …な …ね …や そうかい
じゃっとさい じゃっとさな そうなんだよ その通りだよ
じゃっとじゃっと そうだの強調
じゃっとた そうですよ その通りですよ
じゃっとちゅうた じゃっとちゅた(…と言う話だ) 本当だそうだ
じゃっとな じゃっとね  そうだね
じゃっとばい じゃっとばえ …べ …や …わい そうですよ そうだよ
じゃっど・じゃっどが であるか 違いないだろう
じゃっどもん 違いないと思うよ 本当だろう
じゃばって じゃるばって であるけど そうだけど だけど
じゃもね・じゃもん 本当だもの ではないか だろう でしょう
じゃらいた じゃらった そうであった
じゃらした そうであられた
じゃらじゃねー じゃらじゃま 本当ですよ 当然ですよ
じゃらす そうであられる
じゃらっそうばって そうであられるだろうが
じゃりぃろ 本当だろうか 確かだろうか
じゃりゃーじゃっと そうではある
じゃる じゃある である そうだ その通り 本当だ 確かだ(肯定)
じゃるかい じゃるきゃ じゃるけ  そうですか 本当か
じゃるけん じゃるせん だから
じゃるごたる 正しいごとくある 本当のようだ
じゃるしぇな 《佐伊津》
じゃるっぱな じゃるっぺ そうだよ《佐伊津》
じゃるじゃる  そうだの協調
じゃるせん  そうだから
じゃるせんや そうだから《二江》
じゃるばって  そうだけど
じゃれば そうであれば
じゃろう 本当だと思う
じゃろかい じゃろきゃ じゃろけ じゃろに であろうか 本当だろうか
じゃろばって そうだろうけど
じゃろもん 本当だろうよ そうだと思うよ
じゃわい  です である《天草町》
じゃん じゃんば  そうだ 本当だ 正しい 確かだ(断定)
じゃんなした そうであられた
じゃんなす そうであられる
じゃんのう そうだね
じゃんば  そうだ《牛深》
 

天草弁 ラジオ体操第二

 投稿者:ツル爺  投稿日:2018年12月16日(日)17時06分40秒
返信・引用 編集済
  FM天草みつばちラジオで〔天草弁 ラジオ体操第二〕を収録しました。
職場で、グループで、ラジオ体操をしている団体が増えています。

両足跳びで 軽ぅに五体(ごちや)ば 揺さぶる運動 ホイ
オイッチ 2 3 4 5 6
手足ン曲げ伸ばし 振り上げて 曲げ伸ばし  曲げ伸ばして下ぐる
5 6 7 8  にー2 3 4 5 6
腕バ前から横さん ほいっぴゃー 広げて 前回し 5 6 7 8
にー 2 3 4 5 6
足バ横さん出ゃて 胸ン運動 胸バ反らーす 前で緩(ゆる)めて5 6 7 8  にー 2 3 4 5 6
横曲げン運動  弾みバつけて ほーれ よいっしょ
5 6 7 8 にー 2 3 4 5 6
腕バ振ったくって 前後に曲ぐる オイチ 2 反り返るー
5 6 7 8 にー 2 3 4 5 6
腕バ振って 五体(ごちや)バ捻(ひね)くる  左さん 右さん
正面で小もうに 5 6 7 8  にー 2 3 4 5 6
足バ戻ぇて ひっけんぎょ オイチ 2 3 4 駆足(かけあし)足踏み にー2 3 4
足バ太うに 横さん出(じ)ゃて 左さん 捻(ひね)くって 右下で つん曲ぐる右さん 捻(ひね)くて  左下で つん曲ぐる にー 2 3 4 5 6
五体(ごちや)バ倒ゃーて 肢(えだ)ン運動 上振りー、、
前さん 5 6 起けーて 倒ゃーて、こりゃ どっこいしょ 3 4 5 6
足バ戻ぇて 両足跳び ホイ はたがって 窄(すぼ)めて 窄(すぼ)めて
オイチ 2 3   オイチ 2 3
手足ン運動 オイチ 2 3 4 5 6 息バ整えて にー2 3 4 5 6
深呼吸 吸い込うでー 吐き出ーす まいっちょ
にー2 3 4 5 6 ハイ ほんなこて しみゃー
 

レンタル掲示板
/6