teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(44)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


百年俳句賞

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月22日(土)17時30分16秒 softbank126019099102.bbtec.net
返信・引用
  今年から50句になった百年俳句賞。

ハイポニストもたくさん参加しています。

全応募作品はこちらから(10月19日まで公開)
http://marukobo.com/50ku/oubo8.html


 
 

「俳句チャンネル」の放送時間が10月から変わります

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月18日(火)16時39分41秒 softbank126114166063.bbtec.net
返信・引用
  毎週月曜日午後5時15~30分、ハイポニストのミニミニ句会という趣の「俳句チャンネル」。

10月2日放送分から、なんと!30分に放送時間が拡大!

放送日時も変更になり、比較的聞きやすい時間帯に。
新しい放送時間は、

毎週火曜日10:30~11:00(再放送は、水曜日の夜22:00~22:30)

番組への質問、投句、お便りも歓迎とのこと。

放送はこちらで聴けます。
FMラジオバリバリ
https://www.jcbasimul.com/radio/865/

今募集中の兼題は9月30日(日)〆切りで、「冷やか」と「色鳥」です。

メールアドレス:radio@baribari789.com
FAX:0898-33-0789

へ、兼題別にご投稿ください。本名と住所も書き添えて。

天の句には、毎週漏れなくキムさんの直筆絵葉書が贈られます。

大勢の皆さんのご参加、お待ちしています!

 

Re: 「一句一遊」天、トポルさんおめでとう!

 投稿者:トポル  投稿日:2018年 9月15日(土)20時53分4秒 42-147-96-133.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.4764[元記事へ]

> 俳ポの地選に続いて、「一句一遊」の天選、W金曜日、おめでとう!

比々きさん、ありがとう!
波が激しくて、今回はいい波に乗れたようです。
どうも最近、よくこのような句を採ってくれたなあ、というのが多いです。
 

「一句一遊」天、トポルさんおめでとう!

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月15日(土)13時43分9秒 softbank126007254197.bbtec.net
返信・引用
  俳ポの地選に続いて、「一句一遊」の天選、W金曜日、おめでとう!

 赤まんまびっしり耳の痒いほど トポル

http://575.aritani-mahoro.com/cgi-bin/rakugaki/petit.cgi
 

「通販生活」よ句もわる句も「残暑」

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月15日(土)13時22分28秒 softbank126007254197.bbtec.net
返信・引用
  2000を超える投句数の中から、天・地・人・佳作入選の皆さん、おめでとうございます!

天・地選
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201808/index.html

人選
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201808/jin.html

佳作
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201808/kasaku.html

次回のお題は「秋刀魚」です。
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/guideline.html#odai

 

俳ポ「稗」金曜日

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月14日(金)13時40分53秒 softbank126114151143.bbtec.net
返信・引用
  トポルさん、地選おめでとう!

 稗倉に乾ぶ鼠の臼歯かな トポル

http://haikutown.jp/post/results/20180726?type=results2

皆さん発想のジャンプ力が凄い!
 

俳句甲子園2018

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月10日(月)11時08分28秒 softbank126007231050.bbtec.net
返信・引用
  Eテレで今夕6:55~7:38全国放送されます。

俳句甲子園2018 僕だけの/私だけの17音
http://www.nhk.or.jp/matsuyama-blog/info/304727.html

 

「報告句」を抜け出す

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月 3日(月)14時35分13秒 softbank126114206174.bbtec.net
返信・引用 編集済
  角川の「俳句」7月号の特集は、【「報告句」を抜け出す】。

自分なりに要点をまとめると、

・俳句は詩。

・詩の特性は、言葉の宙吊り感、異質な物の衝撃、まやかしの楽しみ、イメージの増幅。

・言魂の弾み、想像の翼が心のなかを舞うような、心を針で刺されるような刺激があってこそ俳句。

・上質な報告、あるいはそれまで眼にしたことのない、驚愕するような報告俳句は、報告句の範疇外。報告俳句のすべてが不可ということでは決してない。

・報告俳句は推敲の宝庫。推敲を重ねるにつれ原句が消えてしまうかもしれないが、それまで言葉との格闘をとことん楽しむこと。新生句の産声が高らかに聞こえてくるまで。


「報告句」見直しのポイント

・語順を変える
 「主語+述語」をくずしてみる。
 どこに焦点を当てどこを省略するか、どう調べを整えるか。
 一句の中の印象深い語を上五に置く。
 一見散文的に見えても、上から読み下して余韻を生む句なのか、上五のインパクトが一句を引き立てる句なのか、立ち止まって吟味する。

・一語を変える
 一語・一字に拘って。

・季語を変える
 つきすぎや理に落ちる季語ではなく、そこはかとない詩情と独自性がうかがわれ、複雑な思いを髣髴とさせる、説得力のある季語を。

・視点を変える
 感動の本質に迫る。読者に想像の余地を与える。クローズアップで焦点を絞る。

・場面を変える
 「場所」や「時間」情報がその句にとって不可欠か、自問する。
 実際の「時間」と「場所」より、実際とは違う「場所」と「時間」の方が、より説得力があり、景が生き生きとして、効果的なことがある。

・人称を変える
 推敲により、句の表情を変える。
 「われ」を使うときは必然性がある場合のみ。
 「たち」という複数形を止めて、一人を描く。
 ざっくりした表現ではなく、具体的な人名、地名、固有名を入れる。

・情報量を変える(減らす・整理する)
 読者の想像の広がりを生む言葉を選び、それ以外の余計な言葉は切り捨てる。
 不要な言葉を捨てるのも【技】。
 十七音の内容は、限りなくシンプルで解りやすい方がいい。
 周辺情報や時間的経過は、読者に想像させる。

※e船団俳句クリニックの久留島元ドクターによると、「最初に除くのは『~~だから○○(した)』という理屈っぽい句、一つの季語で説明できてしまう句」で、これだけでだいたい三分の一になってしまうのだそう。
事実の報告が作者にとっては大事でも、読者にとってはどうでもいいこと、それが報告句のような気がする。
やはり「読者を面白がらせる」という視点を欠いた句、サービス精神に欠けた句は、俳句ではないのかも知れませんね。
 

俳諧とは

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月 3日(月)13時00分19秒 softbank126114206174.bbtec.net
返信・引用
  同じく高橋治さんの「蕪村春秋」より。

47p
「俳諧の俳は人に非ずである。といって人非人ではない。その人本来の姿とは別のものになって見せる。だから俳優の俳であって、異常な技芸で人を面白がらせるとの意味を持つ。辞書には芸人の他に、おどけ、戯れという説明がある。
 諧は諧調の諧だが諧謔の諧でもあって、ユーモア、冗談などに通ずる。(中略)人生を詠む詩だと深刻ぶって見せるのも結構ではあるが、歴史的にいえば笑いも俳句には重大要素なのだ。」

※「異常な技芸で人を面白がらせる」。
俳人は言葉の職人芸で人を楽しませる、そういう存在なんですね!

 

蕪村の句の詩と虚構

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月 2日(日)13時57分21秒 softbank126114206174.bbtec.net
返信・引用 編集済
  高橋治さんの「蕪村春秋」(朝日新聞社)を読んでいたら、「へえ~っ」という解説が。

41p~42p
「菜の花や鯨もよらず海くれぬ

菜の花はよくわかる。しかし、なぜ鯨なのかと思う人も多かろう。そこが蕪村なのだ。蕪村の句には一見とっぴな要素がとりこまれることが少なくない。奇をてらう意図や、鬼面人を驚かす目的でそうするわけではない。空想が自由にはばたいた結果だと受けとれば良い。明治以後の俳壇大ボス高浜虚子がいい出し、無数の結社に分裂した小ボスどもが空想の方は忘れ、自分に箔を付けるために客観写生などと、虚子のたわごとを真似ていいつのる。それが現代の俳句の世界をつまらなくしている最大の原因なのである。
 尾形仂(つとむ)氏の近著に、虚構を非難する説への反論として、次のような意味の文章がある。

・・・・蕪村の作品の中には自分自身を虚構の対象にしたようなものが存在する。詩的な想像力で俳諧の世界を豊かにしてくれているし、写生を尊ぶ余りマンネリ化している現代俳句にとっては、行き詰まり打開の有力な方法にもなる。・・・・

  なの花や月は東に日は西に

 こんな現象は年に一日か二日しかない。重々それを知った上での空想作である。(中略)客観描写も写生も結構だが、それを転化、飛躍させる空想なしでは詩になるまい。」

※眼前のリアリティを追求するのが写生俳句だとすれば、空想や連想、妄想などの脳内のリアリティを追求するのが詩性俳句なのかもしれませんね。 
 

Re: さらけだす

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 9月 1日(土)23時28分33秒 softbank126019108212.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.4756[元記事へ]

> 本当に「いい人」というのは、自分の恥部や暗部も曝け出せる人なのだろうなと思います。
> 多くの人は、いちばん素直な気持ちを書くのが難しいので、キレイにまとめようとしてしまう。
> そういう意味では、お二人とも「素直ないい人」ですよね!

「恥部や暗部」を曝け出せない人は、キリストが非難した「白く塗られた墓」「羊の覆いを被った狼」のような人なのかもしれませんね。
そういう人は得てして他を非難することに急で、自分の内側にある醜いものを見ようともしない、、、

「幼子のようにならなければ、誰も神の国には入れません」とキリストは言い、芭蕉も「俳諧は三尺の童にさせよ」と言いましたが、童話『裸の王様』の子供のように、お二人とも、周りの反応を斟酌することなく「王様は裸だ」と、率直に、正直にしか言えない、そういう童心に似た純な心の持ち主のような気がします。

純粋だから、自分の本音とは違うことを言うことに抵抗がある、波風を立てないための事なかれ主義や自己保身、そういうある意味計算高い「大人な」対応に、隠れたエゴや卑怯を感じる、それにはどうしても組できない、お二人ともそういう不器用なタイプの人なのではないでしょうか。

「俳句は奇襲の文芸」と永田耕衣さんは言っておられます。
露悪趣味と非難されることもあるかもしれない危険を冒して、敢えて綺麗ごとでは済まない、自分を含めた人間の真実の姿、本質に肉迫しようとする、そういうお二人に、これからも注目していこうと思います。
 

さらけだす

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 9月 1日(土)16時46分37秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、またまた素敵な記事を有難うございます!

>言われるまで思ってもみなかったけど、確かにそうだ! と感じてもらえるものをつくりたいです。
こういう句は本当にスポン!と自分の中に入ってきて、忘れられなくなりますね。
池田澄子さんと佐藤文香さんは、お二人とも「読んだら引きずられる!」と思って出来る限り避けてきた俳人さん。でも、自ら求めなくても、目に入ってしまう(笑)。
(「無花果」の例句の中にも澄子さんの句発見)

見たら最後、誰かと思いっきりお喋りしたくなる、似たような句を作りたくなって困る、それほど訴求力の強い俳人さんです。

本当に「いい人」というのは、自分の恥部や暗部も曝け出せる人なのだろうなと思います。
多くの人は、いちばん素直な気持ちを書くのが難しいので、キレイにまとめようとしてしまう。
そういう意味では、お二人とも「素直ないい人」ですよね!

私に俳句の手ほどきをしてくれた友人が、一番最初に夢中になったのは佐藤文香さんの本だったそうです。
この機会に、私も句集を読んでみようかな・・・!



 

『プレバト!!』夏井いつき先生が「俳句ブーム」を作るまで

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月31日(金)11時50分42秒 softbank060148095036.bbtec.net
返信・引用 編集済
  やはりツイッター配信されてきたヤフーニュース。

『プレバト!!』夏井いつき先生が「俳句ブーム」を作るまで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00010001-flash-ent

「本格的にのめり込んだのは、『勝手に弟子になる!』と入れ込んだ、俳人・黒田杏子さんの影響だ。黒田さんが俳句雑誌で選評コーナーの連載を開始すると、鬼気迫る勢いで投稿し続けた。

「投句用紙に七句書いて送るんだけど、その裏が通信欄というか、好きなように書いていい用紙だったの。だから、前回の自分の句で、落選したり、掲載時に一文字変わっていたりした句に関して勝手にレポートを書いて。

 このときの“独学”が基礎体力につながったと思うんです。」


※「鬼気迫る勢いで投稿し続け」「落選したり、掲載時に一文字変わっていたりした句に関して勝手にレポートを書く」、これが組長の俳句の「基礎体力」作りだったんですね!
 

必読!俳句をつくるならひねくれてなきゃ。池田澄子×佐藤文香対談

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月31日(金)11時28分0秒 softbank060148095036.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今朝ツイッター配信されてきたお二人の対談。
俳句を作る人は必読です!

たった17音の俳句に広がる、刹那と永遠。池田澄子×佐藤文香対談
https://sheishere.jp/interview/201808-ikedasato/

心に留まった幾つかを抜粋

・共感ではなく驚嘆の視点が大切

・書きたい思いがなくてもできるというのが、俳句の面白さなんです。「言葉で面白いことをしよう」とさえすれば、作品ができてしまう。

・読んだ人が自分でいろいろなことを感じられるようにしかけるんですね。

・とある一場面を切り取った断面だったはずが、永遠の主題になることがあるんですよね。その刹那が永遠とつながると、名作になるわけです。

・私の場合は、俳句を始めた中学生の頃から、目の前のものはどうしたら、これまでなかった見方ができるだろう? と考えていました。

・すごく素直でいい人は、ものごとをそのまま見ちゃうから、あまりにもいい人は俳句には向かないと思います。ひねくれていないと(笑)。

・「インスタ映え」という言葉があるけど、何か共感してもらえるように写真を撮れるのは、おそらくいい人なのだと思います。だけどそれは私の書きたい俳句とは逆の感性。やりたいのはみんなの共感を集めるのではなく、びっくりさせること。言われるまで思ってもみなかったけど、確かにそうだ! と感じてもらえるものをつくりたいです。

・作品を書こうとすると、いい人のまま、止まっていられない。私がつくったなかにも、すごく根性の悪い俳句がありますよ(笑)。

・はじめに書いたものが、推敲してどんどん変わっていって、違う句になったときにようやく本心が出てきます。「あ、私こういうこと書きたかったんだわ」って。そうなったときが完成です。

・澄子さんと、澄子さんの師匠の三橋敏雄さんは、自分が書いたものに驚きたいという気持ちが強い作者ですよね。私もそうです。

 

サイエンスZERO特別編「チバニアン」今晩です

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月26日(日)15時25分44秒 softbank126010239098.bbtec.net
返信・引用 編集済
  組長出演のサイエンスZERO「575でカガク!」・チバニアン編、いよいよ今晩11時30分より。

お見逃しなく!

http://www4.nhk.or.jp/P4888/

放送句、特選句も、放送終了後、上記HPに多分掲載される模様。

※再放送は9月1日(土)Eテレ午前11時~
 

Re: うっかりしてましたが

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月25日(土)12時57分46秒 softbank126051069191.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.4751[元記事へ]

あ~すけさん、ありがとうございます。

弘前での句会ライブのお知らせも、ありがとう!

10月は、3日が弘前、21日は青森、いよいよあ~すけさん念願の地元青森での俳句の種蒔きが大々的に始まりますね!

もしかしたら組長も青森の土を踏むのは初めてなのでは。

3日は平日なので、五所川原からだとちょっと厳しいかもしれませんが、あの「なっちゃん」がすぐ近くにまで来ている、それだけでも刺激になるような気がします。

これを機会に青森からの「俳ポ」投稿者も増えるかもしれませんね。

青森の俳句事情がこれからどうなっていくのか、成り行きが今からとても楽しみです!


> 比々きさん、愚陀仏庵特選おめでとうございます。
>
> 頭頂にかけて探すやサングラス 比々きさん
>
> もう一つ、うっかりしていたことが・・・
> 10月3日青森県弘前市で句会ライブがあるとのこと、ネットで知りました。
>
> 私自身は、青森県俳句大会と両方だと費用がかかりすぎるので参加しませんが、比々きさん、ご実家の方々にお勧めしてみてはいかがでしょうか。
>
> https://hirosakigeikan.wixsite.com/home/ii-1
 

うっかりしてましたが

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2018年 8月24日(金)20時12分39秒 ai126174066088.26.access-internet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、愚陀仏庵特選おめでとうございます。

頭頂にかけて探すやサングラス 比々きさん

もう一つ、うっかりしていたことが・・・
10月3日青森県弘前市で句会ライブがあるとのこと、ネットで知りました。

私自身は、青森県俳句大会と両方だと費用がかかりすぎるので参加しませんが、比々きさん、ご実家の方々にお勧めしてみてはいかがでしょうか。

https://hirosakigeikan.wixsite.com/home/ii-1

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: 愚陀仏庵インターネット俳句会が終了するみたい

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月24日(金)11時58分28秒 softbank126019085082.bbtec.net
返信・引用 編集済
  > No.4748[元記事へ]

「足あと帳」でもみなとさんから同じお知らせがあり、八木さんの絵が大好きだったので、さみしい気持ちでいっぱいです。

長年八木さんが与えてくださったこのような投句の場への感謝を込めて、今月末の〆切分は、今までに増して気を抜かずに、得心のいく句を投稿しようと思います。

7月投句分の結果発表
http://www.bansuisou.org/haiku/kekka.html

> 今月末(8/31)募集分で愚陀仏庵インターネット俳句会の募集が終了になると書かれていました。
> 残念です。
 

愚陀仏庵インターネット俳句会が終了するみたい

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2018年 8月24日(金)05時09分11秒 ai126158064166.38.access-internet.ne.jp
返信・引用
  今月末(8/31)募集分で愚陀仏庵インターネット俳句会の募集が終了になると書かれていました。
残念です。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: 意に反して

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月23日(木)23時17分58秒 softbank126015123224.bbtec.net
返信・引用
  > No.4745[元記事へ]

あ~すけさん、またまた組長の句の一句鑑賞3回目採用、おめでとうございます!

http://www.natsui-company.com/category/viewof/

青森の俳句大会、「童子」の辻桃子さんも弘前に住んでおられますし、寺山修司も参加していた成田千空さんの「暖鳥」もありますし、潜在する俳句愛好者たちがこぞって一堂に会する、そんな気がします!

組長も、あ~すけさんと息子さんの元気くんに会えるのを楽しみにしていると思いますよ。

俳ポのお便りコーナーを読むと、何人か青森在住の方がいらっしゃるようなので、その方々と首尾よく繋がって、その後も交流できればいいですね。

多分その日の組長ブログで写真ともども報告があると思うので、それを今から楽しみにしていますね!
 

意に反して

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2018年 8月23日(木)21時48分11秒 ai126160066166.39.access-internet.ne.jp
返信・引用
  カナ漢字変換の確定のエンターキーが、意に反して投稿になってしまいました。
お礼を書きたかったのです。

比々きさん、トポルさん、金曜のお知らせおよびお祝いありがとうございました。
金曜になるとも思わず確認しておりませんでした。

ところで、青森県俳句大会の募集要項が発表になりました。
北東北のハイポニストおよびいつき組の方のために拡散にご協力戴けたら幸いです。
なかなか組長に会えない土地柄なもんで。

懇親会に参加しても午後五時前には終わるんじゃないかと思います。

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/72962

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

遅ればせながら

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2018年 8月23日(木)21時39分19秒 ai126160066166.39.access-internet.ne.jp
返信・引用
  トポルさん、天おめでとうございます。
私も地方大会観覧の時、椅子のパイプを握りしめました。
その興奮を思い出しました。

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

うおおー!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 8月21日(火)23時11分13秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、お知らせ有難うございます!
今回は発表~講評早かったですね、嬉しいです!!!
比々きさんも伊藤範子選おめでとうございます、
来月もガンバリます!!!

そしてお祝いが遅くなりましたが、川柳の入選おめでとうございます!
「空」を入れた美しい箱はますます美しく、艶めかしくさえあるようです。
こんな発想、どこから来るのでしょう!ただただうっとり・・・。

皆さんの活躍が凄すぎてお祝いが間に合いません(汗
トポルさん、テツコさん、皆さん、本当におめでとうございます!!!
 

伊吹嶺HP句会8月分

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月20日(月)11時54分2秒 softbank126015031035.bbtec.net
返信・引用
  めぐるさん、またも3人の選者の方に選ばれてますよ。
おめでとう!

今回は早々と全句講評も!

http://ibukinet.jp/hp_senku-kekka.html
 

「俳句甲子園」準決勝・決勝

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月19日(日)11時10分55秒 softbank126015031035.bbtec.net
返信・引用 編集済
  こちらで大画面で視れます。

http://kokutai.e-catv.ne.jp/player/soutai01.html

尚、優勝校とプレバト名人たちのエキシビジョンマッチは9月20日放送予定とのことです。

 

サイエンスZERO特別編「575でカガク!」今晩です

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月19日(日)11時03分23秒 softbank126015031035.bbtec.net
返信・引用 編集済
  組長出演のサイエンスZERO「575でカガク!」・ニュートリノ編、いよいよ今晩11時30分より。

お見逃しなく!

http://www4.nhk.or.jp/P4888/

放送句、特選句も上記HPに掲載。

特選句のみなさん、おめでとうございます!

※再放送は、Eテレ8月25日午前11時~
 

Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:トポル  投稿日:2018年 8月18日(土)00時05分41秒 42-147-96-133.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.4738[元記事へ]

> トポルさん、「俳句甲子園」の天おめでとう!
> このところ金曜付いてるね!すご~い!

比々さん、ありがとう!
ラッキーパンチが続きました。これからしばらく長いトンネルに入っちゃうかも。

亜阿介さん、おめでとうございます。
私も言葉が苦手で、つい拳が出ちゃう、もとへ、拳を握り締めるタイプです。
 

「一句一遊」金曜日

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月17日(金)22時22分14秒 softbank060071119178.bbtec.net
返信・引用
  トポルさん、「俳句甲子園」の天おめでとう!
このところ金曜付いてるね!すご~い!

http://575.aritani-mahoro.com/cgi-bin/rakugaki/petit.cgi

 俳句甲子園椅子のパイプのほとぼり  トポル

あ~すけさんも、金曜おめでとう!

 言葉出ぬ拳や俳句甲子園  佐東亜阿介
 

通販生活・よ句もわる句も

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月16日(木)13時36分43秒 softbank126015079006.bbtec.net
返信・引用 編集済
  7月投句分「稲妻」発表になりました。

天のテツコさんはじめ、地選、人選、佳作の皆さん、おめでとうございます!

天・地
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201807/#ten


https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201807/jin.html

佳作:今回は類想ごとに分類して掲載されています
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201807/kasaku.html

今月のアドバイス:「稲妻」(季・秋:光だけ。音は無い)、「雷」(季・夏:音がある)の違い。混同した句の例。

https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/haiku/201807/advice.html#advice_title


 

Re: またもチャレンジ川柳むさし流に御句(川柳)が

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月15日(水)00時09分46秒 softbank126010206233.bbtec.net
返信・引用
  > No.4733[元記事へ]

わあ、あ~すけさん、お知らせありがとう!

二か月続けて選んでいただいて、川柳が病みつきになりそうです。

全国から投句がある番組なので、詩的に光る何か、自分でも納得のいく表現じゃないと、なかなかむさしさんは選んでくださらない。
その選句眼の決して甘くないことは、長い没句のトンネルをくぐってきたので、身に沁みて感じています。

元気を戴いたので、明日締切の「踊り」も、いい加減なところで手を打たず、納得いくまで推敲してみますね。


> アナウンサーの方のブログから引用します。
>
> 8/11放送分の入選句です。お題は「箱」
>
> 美しい箱には空(くう)を入れておく
>          東京都 のんしゃらんさん
>
> 以下、ブログの記述の引用です。
>
> 季節はちょうどお盆。「色即是空」の「空」について考えて
> みるのも悪くないかも。美しい箱には「空「くう」」を入れ
> ておく…。[くう]だけどカラッポのはずはなく、これまで
> 歩んできた、ある意味人生なのではないかという気がしてき
> ました。だとしたら、それはまさに美しい箱!
>
> https://blog.goo.ne.jp/midoreaf/e/776aa655c956cbae3b00111aa605d6f1
>
 

またもチャレンジ川柳むさし流に御句(川柳)が

 投稿者:あ~すけ  投稿日:2018年 8月14日(火)20時57分14秒 ai126160044169.39.access-internet.ne.jp
返信・引用
  アナウンサーの方のブログから引用します。

8/11放送分の入選句です。お題は「箱」

美しい箱には空(くう)を入れておく
         東京都 のんしゃらんさん

以下、ブログの記述の引用です。

季節はちょうどお盆。「色即是空」の「空」について考えて
みるのも悪くないかも。美しい箱には「空「くう」」を入れ
ておく…。[くう]だけどカラッポのはずはなく、これまで
歩んできた、ある意味人生なのではないかという気がしてき
ました。だとしたら、それはまさに美しい箱!

https://blog.goo.ne.jp/midoreaf/e/776aa655c956cbae3b00111aa605d6f1

http://ameblo.jp/a-suke-310/

 

Re: ありがとうございます!

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月12日(日)17時01分16秒 softbank060071146067.bbtec.net
返信・引用
  > No.4730[元記事へ]

めぐるさん、どうぞ遠慮なく「頂いて」ください。

「歌を作ることが歌を作ること。からっぽだから、なにも無いから詠う。あるから詠うのではないのです」ということばなど、「作れば作るほど作れるようになる」私の実感にも通じ、含蓄がありますね。


> 比々きさん、河野裕子さん語録を有難うございます!!
> 本当に指針となることばかりですね、
> ちょうど「るるる句会」用に記事を作っているところなんです、
> 言葉のエッセンスを頂いてもよろしいでしょうか?
 

ありがとうございます!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 8月12日(日)14時52分25秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、河野裕子さん語録を有難うございます!!
本当に指針となることばかりですね、
ちょうど「るるる句会」用に記事を作っているところなんです、
言葉のエッセンスを頂いてもよろしいでしょうか?
 

Re: (無題)

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月11日(土)14時08分10秒 softbank126019110066.bbtec.net
返信・引用
  > No.4727[元記事へ]

わたるさん、お久しぶりです!

私は昔4年ほど短歌をやっていて、河野裕子さん、永田和宏さん、淳さん、紅さんご家族には注目していました。
裕子さんが亡くなられ、再発から死までがその後「家族の歌」という本になり、テレビドラマ化もされ、その後出た関連本も殆ど読ませていただいています。
裕子さんは13歳から短歌を始められたので、歌歴ほぼ半世紀。
語録は、私もほとんど全部同感で、歌を俳句に置き換えてもそのまま通用するなあ、と思ってシェアさせていただきました。

勉強というより、読書自体が好きなので、毎朝目覚めたらそのまま布団の上で読書、閃いたら作句するのというのが日課。
心に留まったところは、備忘録を兼ねて、随時皆さんにシェアさせていただいています。

またちょこちょこ覗いて、お気持ちが動きましたら、遠慮なくコメント残していってくださいね。


> 比々き さん、ご無沙汰しています。熱いけれど元気そうですね。
> また、相変わらず勉強家ですね。
>
> 河野裕子さん語録の、
> 「完成作を作らんでもよろしいのです。ええ歌を作ろうとか思わんとたくさん作って読んでもらうことです。」
> は、ぼくがモットーとしているところでわが意を得た気持ちです。
> 残暑厳しいですがお元気で。
 

Re: 「一句一遊」金曜日

 投稿者:トポル  投稿日:2018年 8月11日(土)12時27分59秒 42-147-96-133.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.4726[元記事へ]

> トポルさん、おめでとう!

比々きさん、ありがとう!
下書きもせず直接PCに打ち込んだ、月曜日狙いのような句が金曜日とは。
申し訳ないような。
 

(無題)

 投稿者:天地わたる  投稿日:2018年 8月11日(土)09時27分39秒 59-166-128-18.rev.home.ne.jp
返信・引用
  比々き さん、ご無沙汰しています。熱いけれど元気そうですね。
また、相変わらず勉強家ですね。

河野裕子さん語録の、
「完成作を作らんでもよろしいのです。ええ歌を作ろうとか思わんとたくさん作って読んでもらうことです。」
は、ぼくがモットーとしているところでわが意を得た気持ちです。
残暑厳しいですがお元気で。

 

「一句一遊」金曜日

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月10日(金)22時13分53秒 softbank126012123039.bbtec.net
返信・引用
  トポルさん、おめでとう!

http://575.aritani-mahoro.com/cgi-bin/rakugaki/petit.cgi

露草のあっかんべえのような舌   トポル
 

河野裕子さんの言葉

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月10日(金)14時44分49秒 softbank126114155232.bbtec.net
返信・引用
  歌人・河野裕子さん語録には、俳句の作句にも通じる共通点がいっぱい。

「河野裕子読本」(角川学芸出版)124p~128p抜粋・要約

●ドーナッツ
・言いたいことを全部言うたらあきません。
・ドーナッツみたいに真ん中をあけて作るのがよろし。
・おちをつけない。言いさしで結構。あとは読者にまかせる。

●短歌らしく作らない
・不特定多数にすりよらない。サービスすると品が悪くなる。愛想悪く作るべし。
・表現するときは最大限に自己を解放すべし。とにかく全開する。
・頭ではなく、自分の身体を通した言葉で作る。

●多作・駄作のすすめ
・たくさん作ること。量が質に転化します。できばえは気にせんと、ぱーっと作る。作ってるうちに言葉が言葉を引っぱってくるようになる。
・一首必要なときは十首作る。
・締切りに追われながら凡作でも駄作でも、絞り出すように作るんです。
・完成作を作らんでもよろしいのです。ええ歌を作ろうとか思わんとたくさん作って読んでもらうことです。
・歌は二〇点か一二〇点を心がけること。八五点や九〇点の歌ばかり作っているのは、ただの優等生で面白うない。
・いい歌ばかり集めた歌集は退屈で面白くない。
・大歌人は駄作の山の中にときどきいい歌が混じっているから光っている。大歌人ほど駄作が多いというのはほんとうのことなのです。

●言葉から
・テーマを先行させてはあきません。歌は意味から作るのではなくて言葉から作るのです。
・事実につきすぎると事実からずれる。実際かどうかは別問題。
・言葉のひきだしをたくさん持つ。表現力を身に付けて、言葉の数を増やさなければ複雑な気持ちを表現することはできません。
・言葉を貯えることと、言葉をうまく使えることは別。
・ありようだけを言う・・・それも三分の一ぐらい。

●直感が勝負
・最初に感じたものを思いきって自分の感覚で。
・直したらたいていあきません。一番はじめに書いたのが、直感的に物事をとらえていて、はじめの方がよろし。

●読むこと
・自分の頭で考えられることは知れています。どんどん盗んでください。

●続けること・その他
・(新入会員に)三年は座っていてくださいませ。三年間は辛抱してください。
・欠詠はしないという、場の強制力を常に意識していないと歌はたちまちタガがゆるんでくる。
・歌を作ることが歌を作ること。からっぽだから、なにも無いから詠う。あるから詠うのではないのです。
・年を取ると感受性が鈍くなるか?否。言葉への瞬発力が弱くなるだけなのです。

※形式は違えども、創作の基本は共通しているんですね。
 

e船団 俳句クリニック・恋する俳句・め~る一行詩

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 8日(水)19時13分12秒 softbank126015063252.bbtec.net
返信・引用 編集済
  e船団「今週の10句」、みなとさん、おめでとうございます!
http://sendan.kaisya.co.jp/clinic.html

文学の森「恋する俳句」、ハイポニストもがんばってます!
http://www.bungak.com/service/koisuru.php

文学の森「め~る一行詩」、みなとさん、おめでとうございます!
http://www.bungak.com/service/mail_ichigyoushi.php
 

Re: おめでとうございます!

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 8日(水)13時54分51秒 softbank060071132114.bbtec.net
返信・引用
  > No.4722[元記事へ]

めぐるさん、ありがとう!

互選で点が入るのは嬉しいですが、「高点句に名句なし」という言葉もあるので、手放しで喜んでばかりもいられません。

その点、講評してくださる方の選にはある程度信頼が置けるので、私はどちらかというとこちらを重視しています。

今年の目標の③はG1に昇格して、来年からはめぐるさんたちと一緒のステージに立つこと。

そのためにも「はっとする」新鮮な表現を目指し、体の内側から生まれることばを聞き逃さないよう、これからも精進していきますね!


> 比々きさん、目標達成おめでとうございます!!!
> 3句ともに得点のみならず、講評に2句も載るなんて凄過ぎです!!
> 取り急ぎお祝いをーーー!!!
>
> 「金魚」の句、大好きです。
> ついつい相手の話の途中で自分の話を挟みがちな私(^^;
> ゆっくり聞けるようになりたいな(^^;;;
 

おめでとうございます!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 8月 8日(水)02時54分52秒 101-142-238-241f1.osk1.eonet.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、目標達成おめでとうございます!!!
3句ともに得点のみならず、講評に2句も載るなんて凄過ぎです!!
取り急ぎお祝いをーーー!!!

「金魚」の句、大好きです。
ついつい相手の話の途中で自分の話を挟みがちな私(^^;
ゆっくり聞けるようになりたいな(^^;;;
 

現俳協ネット句会G2講評

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 6日(月)23時15分40秒 softbank126015197125.bbtec.net
返信・引用 編集済
  めぐるさんのブログにもコメントしたのですが、現俳協ネット句会での私の目標3つのうち2つが、

①3句とも誰かの目に留まる句を作ること
②講評してくださる方の目に留まる句を作ること

だったのですが、今日G2の講評が発表されて、思いがけなく上記目標2つを7月は達成できました!

https://www.gendaihaiku.gr.jp/haikukai/result.php?d=208_kouhyo_g2

これを励みに、また今月も頑張ります!
 

ねんてんさんの言葉

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 6日(月)14時38分0秒 softbank126015115250.bbtec.net
返信・引用 編集済
  「俳句の向うに昭和が見える」坪内稔典著(教育評論社)より。

248p~「破格と反抗の伝統」

「眼前に美景があるのに、それをわざわざ俳句でなぞる必要はない。つまり、「きれいだなあ」と景色に感動した場合、それでもう十分。言葉にとどめたところで、すでにごちそうは食べた後、という感じなのだ。
 というわけで、私の俳句は日々の記録や日記ではない。言葉を五七五音に組み立てることによって出現する、ちょっとした言葉の世界だ。言葉を絵の具や音符のように扱うと言ったらいいだろうか。
「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」。これは平成九年の春に作った私の俳句。「えっ、こんなのが俳句?」と思う人があるかもしれないが、「えっ、こんなのが?」と驚くようなものが伝統的な俳句である。きれいな風景を写生したり、感情や出来ごとを記録した俳句が広まっているが、そんなものはここ百年の新種、しかも平凡な新種にすぎない。
(中略)
 「俳句は破格であり、又尋常に対する反抗」(「笑いの本願」昭和九年)。これは民俗学者の柳田国男の意見。柳田の言う俳諧は江戸時代の連句だが、俳諧の破格と反抗の伝統は、俳句にもまた継承された、というのが私の考え。私は俳句の伝統派である。」

※「尋常に対する反抗」、「えっ、こんなのが?」と驚くようなものが伝統的な俳句なんですね!
 

お久しぶりで~す

 投稿者:輝久  投稿日:2018年 8月 3日(金)15時39分49秒 dhcp43063.oct-net.ne.jp
返信・引用
  比々きさん、いつも有難うございます。

比々きさんには、愚陀佛「特選」おめでとうございます。

金魚からこんな発想凄いです。私はどうにか自分の殻を破りたいと思っているものの・・・
脳ミソが少し固くなりすぎてるみたいですね。どうしたものか

 

ヤフーニュースより

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 3日(金)12時09分35秒 softbank126012089192.bbtec.net
返信・引用
  堀本裕樹さんが『注目が高まる俳句、ピース又吉直樹が「怖い」と言った理由』という記事の中で、「優れた句」はどんな句か、上達のコツは何か、を語っておられます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180803-00000007-pseven-life&p=1

「5・7・5の中ですべて説明され、完結している “報告句”は悪い句の代表例です。それ以上イメージが膨らみません。逆に、映像が浮かんでくる句は、いい俳句が多いですね。想像の余地があり、そこから物語が広がります」

「多作多捨という言葉があります。たくさん作ってたくさん捨てる中で、よい句が生まれてくる。もう1つは、多くの作品を読むこと。特に先人たちの優れた句を鑑賞するのはお勧めです。それを継続していくと、少しずつ上達します」

※俳句は油断すると、すぐ振出しに戻るところが怖い。
私の場合、右肩上がりになだらかに上達していくというより、スイッチバックで、登っちゃ戻り、登っちゃ戻りして、ジグザグに少しずつ上達する感じかな。



 

おめでとうございます!

 投稿者:めぐる  投稿日:2018年 8月 3日(金)08時14分20秒 221x244x57x206.ap221.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  ひびきさん、特選おめでとうございます!!
先生のイラストがシュールでたまらない!
掲載のみなさんもおめでとうございます!!
わ、私は来月に期待します!!!
 

発表ラッシュ

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 2日(木)11時51分45秒 softbank126010232061.bbtec.net
返信・引用
  ・現代俳句協会インターネット句会 7月分
https://www.gendaihaiku.gr.jp/haikukai/result.php?d=208_koutokuten

輝久さんがG2ではダントツのトップ!おめでとう!

・愚陀仏庵 6月投句分
http://www.bansuisou.org/haiku/kekka.html

特選、秀逸、入選の皆さん、おめでとう!

・広島テレビ「俳句道場」(金魚)
http://www.htv.jp/tv-ha/haiku/index.html

大賞は8歳!特選、入選の皆さん、おめでとう!

・e船団俳句クリニック
http://sendan.kaisya.co.jp/clinic.html

みなとさん、「今週の10句」、おめでとう!

・伝統俳句協会 7月分(サングラス)
http://haiku.jp/?p=4053

隣安さん、特選おめでとう!


 

飯島晴子さんの言葉

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 8月 1日(水)16時07分36秒 softbank126126199050.bbtec.net
返信・引用
  「葛の花」飯島晴子著(富士見書房)228pより

「新たな時空

俳句では写実の重要が説かれるし、写実でなければわからないと片づけられる場合が多い。だが写実する言葉が散文の機能で使われて、対象を説明するだけに終わっていたのでは、意味はわかっても俳句になってはいない。写実を通してその向こうの一つの時空が出現していてこそ俳句である。この事情は非写実的な作法でも同じで、写実ではない言葉の向うに詩としてのリアリティーが現れていなければ俳句にはならない。写実的な作法の方が成功率は高いといえるかもしれないが、非写実で成功できないことはない。私も非写実で瓦礫の山を築いた時期があった。だが瓦礫の山がなければできなかった句もある。写実でつくって意味はわかってもそれだけでは瓦礫である。
 俳句はどんな作法を用いても、瓦礫の山のなかから少数の成功作が得られるという詩形ではなかろうか。くずを恐れていては成功作もおぼつかないというつらさが俳句にはつきまとうように思われる。」

※【月光の象番にならぬかといふ】など「空想」で作ることも多かった飯島晴子。この句も瓦礫の山を積み上げた果てに、作者でも説明できない過程を経て出てきたものとのこと。
「くず」句にも、佳句誕生の露払い的作用が、もしかしたらあるのかもしれませんね。
 

津田清子さんの言葉

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 7月30日(月)14時38分28秒 softbank126065149154.bbtec.net
返信・引用
  「津田清子」でツイッター検索したら出てきた言葉。
出典は不明ですが、含蓄がありますね。

https://twitter.com/search?q=%E6%B4%A5%E7%94%B0%E6%B8%85%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%8F%A5%E3%81%8C%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%84%EF%BC%81&src=typd

「句作はありのままの自分で、力んだり気張ったりせずに。自分という生き物は世界に一人。そんな自分が思ったり考えたり感じたりしたことをしょうもないと切り捨てずに、珍しいな、面白いなと思って句にして下さい」

※「自分という生き物は世界に一人。そんな自分が思ったり考えたり感じたりしたことを句にして下さい」。まさにコレですよね!

大事なのは、人がどう思うか、どう感じるかではなく、自分がどう思ったか、どう感じたか。
自分が咄嗟に、瞬間的に思ったこと感じたこと、それがどんなにヘンでも常識外れでも、辻褄が合わなくても、「だってそう感じてしまったんだも~ん」と開き直って、それをそのまま表現する、他者の反応を先取りして計算高く作らない、それでこそ純粋なオリジナル作品なんですよね!
 

テレビ大阪「俳句クラブ」

 投稿者:比々き  投稿日:2018年 7月30日(月)14時21分15秒 softbank126065149154.bbtec.net
返信・引用
  第24回の最優秀句、優秀句、佳作の発表がありました。

入選された皆さん、おめでとうございます!

http://www.tv-osaka.co.jp/haiku_club/
 

レンタル掲示板
/87