teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/1991 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

U15日本選手権長良川大会

 投稿者:小関暖土  投稿日:2018年10月 8日(月)18時24分50秒
  通報 返信・引用
  いつも応援ありがとうございます。
本日は、中学生で日本最大のレースのU15選手権長良川大会に出場しました。
今回のレースは、スイム375mバイク10kmラン2.5kmでした。
結果は、17位という今まで練習や生活で行ってきたこと全てが出た大会になったと思います。

スイムでは、まず位置取りが良くなく、折り返すまでずっと後ろにつつかれている状態でした。練習してきたスタート後にピッチを上げてキックを白い泡が出るまでキックを打つようにしたのですが、全然通用しませんでした。しかし、折り返したあとに岸側で泳ぐようにというコーチのアドバイスは、実行することが出来ました。
トランジットは、焦ることなくヘルメットをかぶることが出来て、第2集団でバイクスタートすることが出来ました。

バイクでは、初めてのドラフティングレースで、いつもの練習のように、集団で回していくことは難しく、1回1回周りの人のアタックに反応してついて行くことがかなり足の消耗に繋がりました。最後にかけられたアタックでは、前の人がついて行くものだと思い込んでしまっていて、反応に遅れてしまい、かなり足を消耗してしまいました。
もう少し自分で予測しておけばこのようにはならなかったと思うのでレース中でもしっかり冷静に判断できるようにしていきたいです。
バイクからランのトランジットでは、バイクを降車したあとに、違う選手と接触してしまい、転んでしまいました。このことも、周りのことが見えておらず、冷静な判断ができないことから起きてしまったのだと思います。

得意のはずのランは、バイクでかなり足を使ってしまい、順位をあげることが出来ませんでした。転倒での心のダメージからの切り替えはできていました。

今回のレースでは、自分の足りないところを多く気づくことができました。集中して練習すること。レース前だけではなく、日々努力を重ねていかないといけないということ。レース中でもしっかり冷静に判断して、広い視野でレースに臨むということを学ぶことが出来ました。
次は、認定記録会、来年の長良川に向けて、しっかり練習していきたいです。
今回も応援ありがとうございました。
これからも応援よろしくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/1991 《前のページ | 次のページ》
/1991